短い記事で、事情や動機はわかりませんが、まだ14歳と15歳の中学生が、無免許運転で

原付バイクに乗り、2人の警官が乗車しているパトカーを襲撃したという。

こんな無法者の中学生を福岡県の中学校はどのように指導していたのでしょうか。

まあ、考えられることは、授業妨害当たり前。

警官を襲うぐらいですから、対教師暴力も当たり前、親に協力を依頼しようにも、親自身が

無茶苦茶で全く家庭教育を期待できない。

担任教師や生徒指導教員はもう、よれよれになって、うつ病発症寸前なんてことが想像で

きますが、違っているでしょうか。

このような事件はもっと詳しく報道してもらって、この2人の中学生に関する内容、家庭状

況とか成育歴とか、学校生活とか報道してほしいと思うんですが、そこは例の少年法の壁。

せめて、このならず者の中学生に関わっている学校関係者だけが苦しんでいるなんてこと

にだけはならないようにしてほしいですね。

中学生2人がパトカー襲撃 原付きで接近 容疑で逮捕 福岡県警筑後署
9/25(月) 14:34配信 西日本新聞
 福岡県警筑後署は25日、福岡県内に住む2人の中学生(15歳と14歳)を公務執行妨害および器物損壊容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀し、8月29日午前4時53分ごろ、福岡県大木町の路上で、同署のパトカー(巡査部長2人乗車)を、原動機付き自転車で追い越しざまに襲い、パトカーのボンネット付近に棒を振り下ろして損壊(損害額7万円相当)し、警察官の職務執行を妨害した疑い。

〈スポンサーリンク〉