少年犯罪一覧

NO IMAGE

原発避難の児童が「ばい菌呼ばわり」「恐喝」されていた!「いじめ問題」で思うこと。

刑法14条には、「14歳に満たない者の行為はこれを罰しない」とあり、 14歳未満の子供は心身ともに未成熟であるという考えから,責任無能力者 (刑事未成年者) として扱っています。しかし、刑法上、責任無能力者として扱うということであって、犯罪行為がなかったということではありません。・・・・

NO IMAGE

三重・中学2年(14歳)集団暴行事件で被害者死亡。加害少年「やりすぎた」

泣き叫ぶ被害者を長時間、一方的に殴ったり、地面に叩きつけたりしていることからも、執念深い残虐性を感じます。今の少年世代はなぜ、これほど残虐な行為を長時間、続けることが出来るんですかね。よく言われるように、ゲームの「バトル物」の影響でしょうか。・・・・

NO IMAGE

横浜娯楽施設へ原付バイクで突入!高2生を逮捕。少年法を盾に責任逃れをさせるな!

しかし、現実には、様々な犯罪少年が少年法の手厚い保護を受けた後、どうなっているのかというと、被害者の心が癒されるような生き方をしている例は少ないのではないかと思うことが多いです。最近、話題になった「少年Aのブログ」を見てもそのように感じました。・・・・

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク