豊洲市場地下の水質検査の検査が果たしてどんなものになるか
興味をもって待ってましたが、今日、発表されました。
下記の記事は共産党議員団の調査結果です。

ベンゼン検出されず=豊洲市場下の水で調査―共産党都議団
時事通信 9月16日(金)20時28分配信共産党都議団は16日、豊洲市場(江東区)の主要施設の地下にたまる水からベンゼンは検出されず、環境基準を下回るヒ素が検出されたなどとする独自の調査結果を発表した。同都議団は結果を受け、たまっている水が地下水であるとの見方を改めて示した。

 

豊洲市場の敷地には当初、環境基準の4万倍のベンゼンが浸み込んでいたようですが、
今回の検査では検出されなかったとのこと。今後、豊洲市場を使用することを考えれば
何はともあれよかったですね。
一方、環境基準以下であったが、猛毒のヒ素が検出されたとのこと。
この際、毒物元素については、検査したものについては、一括、公表すれば
よいと思うのですが。
それにヒ素も環境基準以下だったとはいえ、検査データをなぜ公表しないのでしょうか。
公表するとまずいことになるのかな?

たとえば、毒物の鉛でも水銀でもカドミウムでも、原子吸光分析をすれば簡単に正確な
データが出ます。
有機物でもしかり。液クロ、ガスクロ等の機器分析を行えば簡単に
正確なデータが出ます。
東京都は検査をやっていなかったのかな?
もしかして、豊洲市場の地下で「臭いものにふたをしていた」ということでは
困るんだけど。

とりあえず、今日の情報ではここまでにして、
記事に出てきた「ベンゼン」と「ヒ素」について書きますね。

 

〈スポンサーリンク〉

 

今日のなるほど

まず、ベンゼンについて。
【ベンゼン C6H6】
一息吸ったら即死などという猛毒ではありません。
高校の薬品庫には普通においてある有機物で、分子式は例の「亀の甲」ですよね。
ベンゼン環を持った芳香族化合物の最も基本的な化合物です。
ベンゼン特有の臭いを持っており、揮発性、可燃性の液体です。燃やすと黒い煤(すす)がたくさん発生して、部屋中にふわふわと漂います。これは、ベンゼンを空気中で燃やすと不完全燃焼するためで、燃え切らない炭素が煤となって発生するのです。なぜかというと、ベンゼンの分子式がC6H6ですから、分子中の炭素(C)の含有量が多く、普通に空気中で燃やしたのでは、酸素が足りないのですね。

揮発性ですから、地面に浸み込んでいても徐々に大気中に拡散していきます。
それにベンゼンは油の仲間で水にはあまり解けないので、
今回の水質検査でベンゼンが検出されなかったこともうなずけます。

次に、ヒ素について。
【ヒ素 As】
ヒ素はずばり猛毒です。
これまでも大きな事件の報道でたびたび登場しました。
僕の頭にまず浮かんでくるのは、「森永ヒ素ミルク中毒事件」と「和歌山毒物カレー事件」です。

「森永ヒ素ミルク中毒事件」
深刻な社会問題となり、今も被害者の方々を苦しめています。

森永ヒ素ミルク中毒事件。(ウィキペディア)
森永ヒ素ミルク中毒事件(もりながヒそミルクちゅうどくじけん)とは、1955年(昭和30年)6月頃から主に西日本を中心としてヒ素の混入した森永乳業製の粉ミルクを飲用した乳幼児に多数の死者、中毒患者を出した毒物混入事件である。森永ヒ素ミルク事件(森永砒素ミルク事件、もりながヒそミルクじけん)とも。
食品添加物の安全性や粉ミルクの是非などの問題で、2016年現在でも消費者の権利として引き合いに出される事例となっている。また、食の安全性が問われた事件の第1号としてもしばしば言及されている。

 

「和歌山毒物カレー事件」
この事件は随分、マスコミや世間を騒がせましたね。
早いもので、もう18年も経ちました。
犯人の林眞須美被告は2009(平成21)年に上告が棄却され、
死刑が確定しましたが。現在、無実を訴え再審を請求中です。

〈ヒ素の性質〉
地殻中の存在量は、1.8PPMです。(化学辞典、東京化学同人)
一方、環境基準以下であったが、猛毒のヒ素が検出されたとのこと。
一体どの程度の測定値だったのでしょうか

環境省の土壌環境基準によると、

「環境上の条件」は
『検液1Lにつき0.01mg以下であり、かつ、農用地(田に限る。)においては、土壌1kgにつき15mg未満であること。』「測定方法」は
環境上の条件のうち、検液中濃度に係るものにあっては、規格61に定める方法、農用地に係るものにあっては、昭和50年4月総理府令第31号に定める方法 』

となっています。

田んぼの場合、土壌1kgにつき15mg(0.015g)未満ということですので、0.015g÷1000g=0.000015となります。
ということは15ppmですね。
地殻中の存在量は、1.8ppm(化学辞典)ということですので、田んぼではその約10倍まで、OKにしているということになりますね。農薬散布を考慮しているのかな。

でもヒ素入りの農薬なんてあったのかな?

〈スポンサーリンク〉