堀江貴文氏が、2013年3月に仮出所してから、早いもので4年経ちました。

堀江貴文氏はその間、精力的に働いたのでしょう、計画通りにロケット打ち上げまで、

こぎつけました。

 

服役して痩せた堀江貴文氏

次のYouTubeは、4年前に仮出所した時の記者会見の様子です。

随分、ほっそりした堀江氏の姿が印象的でした。

1年9カ月の刑務所生活で30kg痩せたそうです。

 

〈スポンサーリンク〉

 

 

〈出典:YouTube〉

「深く反省し刑務所で頑張った」堀江元社長テレ朝ニュース(2013/03/28 05:35)

27日、1年9カ月ぶりに仮出所した旧ライブドアの堀江貴文元社長が記者会見を開き、「深く反省して刑務所で頑張った」などと述べ、今後の社会復帰への意気込みを語りました。

旧ライブドア・堀江貴文元社長:「ライブドア事件で、社会、株主の皆様にいろいろと迷惑をかけたことには深く反省していて、それを償うべく、刑務所の中で頑張って受刑生活を送ってきました。この日を迎えられたことに万感の思いでおります」
堀江元社長は、旧ライブドアの粉飾決算事件で懲役2年6カ月の実刑が確定し、一昨年6月から服役していました。会見で堀江元社長は、服役中に体重が約30キロ減ったことも明らかにしました。
旧ライブドア・堀江貴文元社長:「規則正しい生活を久しぶりに、特にお酒を抜いたのは大きい。それで痩せてしまいました。今後はあまりプレッシャーを自分にかけ過ぎないようにコントロールして、太りすぎないようにしていけるのでは」
今後について堀江元社長は、ロケット打ち上げなどの宇宙開発や新しいITビジネスへの意欲を示しました。

 

堀江氏は、逮捕された当時、国策逮捕だと言って強気の姿勢だったですが、仮出所の時の

発言は、彼にしてはずいぶん殊勝な発言だと感じたものです。

当時、マスコミも堀江氏をマネーゲームで大金を手にした生意気な若者というふうに報道して

いたと思います。

 

その彼が、仮出所後の記者会見で「ライブドア事件で、社会、株主の皆様にいろいろと迷惑を

かけたことには深く反省していて、それを償うべく、刑務所の中で頑張って受刑生活を送って

きました。・・」と語るあたり、普通の市民にとって刑務所というところは、ずいぶんきつい

場所で二度と入りたくない所だということを物語っていると思います。

 

ただ、知り合いの元警察官によると、実際は再犯を繰り返して何度も同じ人が刑務所に入って

くるそうです。

こういう人たちは、娑婆に出てきても、前科が災いしてちゃんとした職にはつけないでしょ

うし、もともと学力や学歴、キャリアがないので、刑務所に舞い戻るしかないのかもしれま

せん。

堀江氏の逮捕については、今では、逮捕された彼の部下たちが罪を免れようとして、全部堀江

氏に罪をなすりつけたと言われています。

たとえそうであっても、堀江氏は塀の中でいろいろと考えたのでしょう。

彼はライブドアの元トップとして、仮出所に際して「社会、株主の皆様にいろいろと迷惑を

かけた」と発言しました。

もっとも、仮出所の場で反社会的な発言をすれば、仮出所が取り消される可能性もあります

から、文句は言えないですよね。

彼としては1日でも早く、「ロケット打ち上げなどの宇宙開発や新しいITビジネス」に取り掛

かりたかったのだと思います。

当時、その話を聞いたときには、粉飾決算で実刑判決を受け、民事でもかなりの賠償を要求さ

れたはずですので、「宇宙開発」と聞いてそんな資金はどこにあるのだろうなんて思ったもの

です。

 

それがですね。数日前の次のニュースです。

ロケット打ち上げの堀江貴文氏。でも体重のリバウンドが印象的

ホリエモンの“最低性能ロケット” 月末打ち上げへ
テレビ朝日系(ANN) 7/6(木) 18:41配信
「世界最低性能」のロケットで宇宙を目指します。

インターステラテクノロジズ・堀江貴文取締役:「地球から地上から、人間や物資をなるべく安く、皆がバンバン使えるような価格帯で送れるシステムを作ることがミッション」
堀江氏が率いるロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズは、今月29日に北海道で小型ロケットの打ち上げを行うと発表しました。高度100キロ以上の宇宙空間への到達を目指していて、成功すれば民間企業単独では国内初です。堀江氏は、量産や使い捨てが可能な低価格ロケットを目指しているということです。

 

〈出典:YouTube ANN NEWS 2017.7.6〉

なんと、堀江氏が率いるロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズが、

今月29日にロケットを打ち上げるというのです。

この4年間、堀江氏は娑婆の空気を吸って、のんびりしていたわけではないんですね。

他人の懐事情までは分かりませんが、経済事犯で服役しても、ロケットを打ち上げるくらいの

軍資金はちゃんと残していたんですね。

さすが、社会をあれだけ騒がせた男だけのことはあります。

ロケット打ち上げが無事、成功すればいいですね。

(でも、逮捕前の彼の態度・発言が印象に残っていて、まだ、堀江氏をなんとなく好きになれないんですね。)

〈関連投稿〉ライブドア事件のホリエモンは有罪、粉飾決算の東芝経営陣はなぜ逮捕されないの?

〈スポンサーリンク〉