2018年センター試験「化学基礎」の詳細解説~考え方と正解

今日は2018年センター試験「化学基礎」の詳細解説をします。

問題文は省略しますので、予備校等のサイトをみてくださいね。<m(__)m>

詳細解説~考え方と解答

【解答番号1】…正解③

1価の陽イオンになりやすい原子を選べということですから、元素の周期表の1族(アルカリ金属元素)から、選べばいいだけです。

選択肢の中で、これに該当する原子はLiリチウムだけです。

スポンサーリンク

【解答番号2】…正解➀

共有結合の結晶であるものとは、イオン結合以外のもの、分子性結晶以外のものということになります。

ここで原子価4の炭素を連想してください。

炭素は4本の価標のすべてを別の炭素原子との共有結合に使っていますので、共有結合だけ

でつながったC原子だけの結晶が出来上がります。

正四面体構造というやつです。

つまり硬~いダイヤモンドができます。

また、周期表のC原子の真下に同族元素のSi(ケイ素)があります。

したがって、Siも炭素と同様に共有結合だけでSiの単結晶を作ります。

したがって、正解は①のダイヤモンドとケイ素になります。

【解答番号3】…正解③

ホウ素原子の電子配置を選べという問題。

まず、必要な知識は、ホウ素Bの原子番号です。ホウ素は5番です。

どんなに少なくても、原子番号20番のCa原子までは、原子番号を暗記しておいてくださ

い。

語呂合わせの「水兵、リーベ、僕の船・・・・」で覚えれば簡単なことですよ。

原子番号5番ですから、電子数も5個。その電子が一番内側のK殻に2個まで入って、次に

その外側のL殻に3個の電子が入ることになります。よって正解は③

K殻に入る電子の最大数は2個でしたね。

【解答番号4】…正解➁

電子の総数がN2と同じものということですから、やっぱりN原子の原子番号が必要とな

ります。「水兵、リーベ♬・・・」で楽勝。

Nの原子番号は7番。すなわち電子数は7個(ついでに、陽子も7個でしたね)

窒素分子は、N2ですから、総電子数は、7個×2=14個

よって選択肢の物質から、総電子数14個の物質を選びましょう。

正解は➁のCO一酸化炭素です。

Cの原子番号は6番=電子数6個

Oの原子番号は8番=電子数8個

よって合計は6+8=14個となります。

【解答番号5】…正解③

この解答番号5の問題は、これまでの解答番号1~4の問題に比べると、苦手な人が多い

と思いますが、難易度で言えばさほど変わらないですよ。

一番ダメなのは、文字式を見ただけで、ビビッてしまうことです。

問題を難しそうと恐れてしまったら、もう、その段階で皆さんの優秀な頭の働きが弱くな

ります。

さあ、解いていきましょう。

X及びZのモル質量が、Mx(g/mol)、Mz(g/mol)ということです。

ところで、原子1molの質量は、原子量にgグラムを付けたもの、すなわち(原子量)gで

表せますから、要は、原子Xの原子量がMx、原子Zの原子量がMzということになります。

物質X2Z3、5gに含まれている原子Xの質量を求めよということです。

物質X2Z3の分子量(または組成式)は、(2×Mx+3×Mz)となりますので、

その分子中の原子Xの質量の割合は、2×Mx÷(2×Mx+3×Mz)となります。

よって、今、物質X2Z3は5g存在するのですから、

その5g中の原子Xの質量は、

5× [2Mx/(2×Mx+3×Mz)]

=10Mx/(2Mx+3Mz)

となりますよ(*^^)v よって正解は、③です。

丁寧にと思って長々と書きましたが、この考えを頭の中でやってしまえば、すぐに正解が

でます。

大事なことは苦手意識を持たないことですよ。

【解答番号6】…正解⑥ 【解答番号7】…正解③

実験結果から、(ア・解答番号6)と(イ・解答番号7)の物質を選ぶ問題で、知識だけ

を問う非常に易しい問題です。

実験Ⅰより、アは水に全て溶けたということだから、硝酸カリウム又は塩化ナトリウムあ

たりに見当をつけましょう。

実験Ⅱより、炎色反応(黄色…Na)と硝酸銀との反応が書いてあるので、(ア)は塩化ナ

トリウムに決定。

(イ)は水に溶けないが、塩酸に溶けて気体が発生したというのですから、選択肢の中で

該当するのは、③の炭酸カルシウムしかありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。