「やっぱりね!」と思うニュース『期待外れのウエアラブル市場、要因は普及進まぬスマートウオッチ』がありました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

そういえば、アップルのスマートウォッチ新発売の際は、大々的なキャンペーンを張っていまし

たが、店舗のコーナーにあまり人が集まっていませんし、スマートウォッチを腕にはめている人

を私は見たことがありません。

 

スマートウォッチの出荷台数が急落

スマートウォッチが自分にとって必要だと感じている人は少ないのだろうか?今朝(米国時間24日の朝)発表されたばかりのスマートウォッチ業界に関するIDC社のレポートによれば、2016年第3四半期のスマートウォッチの出荷台数が「急激に」減少したようだ。昨年の第3四半期に比べ、業界全体の出荷台数は51.6%減少している。

 

なぜ、人気がないのか、考察してみます。

1 スマートウォッチを腕につけているのは、一言、「ダサい!」です。腕にはめるなら、やっぱりカッコいい腕時計!

スマートウォッチは普通の腕時計に比べれば、形状は大きくて重いので、こんなものをずっと腕

にはめておく理由がわかりません。

健康チェックにも使えるようですが、宿泊付き人間ドッグでもあるまいし、血圧を四六時中、測

定するなどやってられません。

腕にはめるなら、やっぱりカッコいい腕時計をはめたいのが大方の人の気持ちではないでしょう

か。

2 中年以上の世代は基本的に老眼のため、小さな液晶画面は読みづらいし、読めないです。

したがって、スマートウォッチには興味があっても、購入意欲にはつながりません。

 

中高年が、精神的に新技術に興味が持てないというのではなく、老眼の進行など、老化現象が小

さな機器の操作性を妨げているのです。

腕時計型のウエアラブル端末は、小型化すればするほど身に着けやすいですが、操作性や視認性

はその逆でますます、操作性等、悪くなります。

 

現在の50代・60代は、若い時、パソコンやインターネットはなかったですが、すでにコンピュ

ータはちゃんとあり、Fortranの使用やLSIの開発など、それなりにITには関わってきているの

です。

3 コンピュータを使う仕事は、普通のデスクトップパソコンやノートパソコンの方がよほど実用性があります。

オフィスの机の上に、タブレットだけを置いて仕事をしている人はいません。

ましてや、ウエアラブルコンピュータを腕に装着して仕事している人はいません。

 

4 ノートパソコンやデスクトップパソコンがあり、タブレットがあり、スマホがあり、その上、腕時計型のコンピュータまで必要としないのです。

経済的にも無駄と言えます。

 

1~4で見てきたように、スマートウォッチは使いにくいコンピュータですが、健康チェックな

ど、特化された分野・使い道においては存在意義がありますので、大ヒットはないでしょうが、

特定の層からのニーズはあるはずです。

 

 

期待外れのウエアラブル市場、要因は普及進まぬスマートウオッチ
小久保重信 | 株式会社ニューズフロント代表取締役/海外ITニュース報道
1/4(水) 5:30
米国の市場調査会社、eマーケターがこのほど公表したウエアラブル機器の利用実態調査によると、米国における2016年の推計利用者数は3950万人にとどまり、同社が当初予測していた6370万人を大きく下回ったもようだ。

予測を大幅に下方修正
これに先立つ一昨年10月、同社は2016年のウエアラブル利用者数の伸び率が60%になると予測していた。しかし最新のデータを分析したところ、そうはならず、わずか24.7%にとどまる見通しとなった。

また2016年の米国成人人口に占めるウエアラブル機器の利用者数比率は15.8%にとどまる見通し。この数値は2020年になっても20%程度で、大きな伸びはないと同社は見ている。

その理由はスマートウオッチが当初予測していたような成長を遂げていないからだという。

同社のアナリスト、キャシー・ボイル氏によると、米アップルが「Apple Watch」を発売する前からリストバンド型フィットネストラッカーがこの市場で最優位に立つ製品カテゴリーだった。

消費者を対象に行ったアンケート調査では、ウエアラブル機器に対する消費者の興味は一貫して健康管理やフィットネス機能が中心で、そうした人々は価格に敏感であることも分かった。

そして、その後Apple Watchをはじめとするスマートウオッチが登場し、健康/フィットネスにとどまらない機能を提供した。

しかしスマートウオッチには、スマートフォンの機能と重複する点が多く、これぞと言う明確な利用目的がないという。スマートウオッチはその価格の高さも手伝い、期待されていたように急速な成長を見せていないと、ボイル氏は述べている。

・・・・・・(略)

 

〈スポンサーリンク〉