時事通信社のカジノ設置に関するアンケート結果のニュースがありました。

身近にカジノ、反対66.8%=理由の最多は「治安悪化」―時事世論調査8/7(月) 15:20配信 時事通信〉

これによると、

『自分の住まいの近くにIRを整備することには反対と考える人が66.8%で多数を占め、

賛成の人は22.8%にとどまる』ということでした。

反対派が多数であったことにはひとまず安心でしたが、それでも賛成派が22.8%もいたこ

とには驚くと共に心配になりました。

賛成派の、賛成の理由(複数回答)は、「地域の観光客が増加する」55.2%、「税収が

増える」52.5%、「地域の活性化につながる」50.2%、

「雇用が創出される」41.8%、「インフラ整備が進む」19.5%、

「娯楽の機会が増える」15.8%というものでした。

 

〈スポンサーリンク〉

 

しかし、物事には必ず、光の部分と影の部分があります。

物事の良し悪しを判断するには、明暗の両面を考えて判断すべきだと思います。

 

地域の観光客が増加しても、いいことばかりではないはず。

カジノで負けた人々がうろつくことにもなり、それは心配されているように

治安の悪化につながります。

 

政府が今秋の臨時国会にカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の提出を目指して

いますが、国民の命と安全と幸福を実現すべき立場の政治家が、カジノ(博打)を

推進して、国民が豊かになるなどと主張するのは大阿呆ぞろいだと思いますね。

 

さらに、一般市民が「経済が上向きになるならいいんじゃない」とか

「自分は依存症にならないので、ちょっとは遊んでみたい。だからカジノ、いいんじゃない、

楽しくて。」なんて、インタビューに応じているのをみると、ちょっと心配になります。

 

さらに、統合型リゾート(IR)実施法案が成立した折には、ぜひ立候補したいと言っている

自治体があることにも驚きです。

本当に、都道府県民の将来のことを考えているのでしょうか。

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に-ギャンブル依存症対策・警察庁』と

いうニュースもありましたが、本当にギャンブル依存症対策をしたいなら、パチンコ

(ギャンブル)を認めないことです。

何故なら、パチンコであれ、競馬・競輪・競艇であれ、依存症の庶民で成り立っているギャ

ンブルですから。

そりゃ、中には1日で、何百万、何千万負けても平気なアラブの王様もいるでしょうが、

そんなのはごく一部の人々であって、ギャンブル業界の売り上げのほとんど全部が、

依存症になった庶民から搾り取ったお金です。

 

次はクイズです。

【クイズ】
郊外型パチンコ屋の広い駐車場で、時々、駐車場のポール型街灯がへし折れていることがあ

ります。

なんで、見通しの良い広い駐車場で車がぶつかるのでしょうか。

【答え】
パチンコに負けた人が、負けたことで「頭がカー」となり、注意力が散漫になったため、

と私は分析しています。

 

ギャンブル産業の売り上げがいくら伸びても、地元の経済には何の役にも立ちません。

それどころか、売り上げが伸びるということは、その町の庶民の懐がどんどん寂しくなり、

購買力が落ちるということです。

ずっと前ですが、パチンコ屋の団体がパチンコに1人当たり、いくら使っているかという

データを新聞に公表したことがあります。

それによると年間1人約180万円でした。

パチンコ通いをしている人たちが、この180万円を町の商店街で消費したらどうでしょう。

どれだけ、商店街が活性化するかしれません。

しかし、カジノやパチンコ屋で吸い上げられた売り上げは、市民には還元されません。

カジノなんかができたら、その町の周辺には、ギャンブルに負けた精神的不安定な人々が、

あふれることになります。韓国の例をみれば明らかです。

では何で、大阪府あたりが、そんなことに手をあげているのでしょうか。

それは、大阪府・市の事業失敗のお荷物、金食い虫の「夢洲」(ゆめしま・大阪湾の人工

島)があるからです。

背に腹は代えられないということでしょう。

しかし、博打の胴元になっても、売り上げのほとんどは、カジノの海外資本に持っていか

れ、都道府県に入る税金はスズメの涙でしょう。

 

こないだ、『カジノ業界、政府案に失望=「投資額は半減」』という記事がありました。

カジノ外国資本は、『日本政府はIRをビジネスにする気がないのか』と嘆いて

いるそうです。

政府案には、今のところ「日本人は現金のみ」と盛り込んであるそうですが、

これが、カード(クレジット)でもOKとなれば、カジノで負ける金は何十倍にも

増えるでしょう。

ギャンブルはもともと、必ず負けて、負けると損を取り返すために、さらにお金をもつぎ

込むというものですからね。

これから見ても明らかなように、カジノ資本は、日本人のお金を吸い上げようとしている

ハゲタカです。

設置した公共団体には、ほんの少しの税金は落ちるでしょうが、日本市民のお金のほ

とんどが、カジノ資本に吸い上げられるのです。
こんな連中に群がる政治家を絶対に許してはいけないと思うんですね。

〈スポンサーリンク〉