〈質問です〉
「驚き桃の木山椒の木!」は、どういう意味でしょうか。

 

新入社員を自殺に追い込んだ「電通」が、「子育てサポート企業」に認定されていたとは、「驚き桃の木山椒の木!」です。

自殺に追い込まれた新入女子社員のSNSやそれに関連するネット情報で、電通社員の労働実態は、子育てをしながら勤務できるような状況ではなかったことが、わかっています。

電通が「子育てサポート企業」の認定を辞退したこともうなづけますね。

 

厚労省はどんな基準で認定し、電通は申請書にどんな作文をして提出したのでしょうか。

電通「子育てサポート企業」認定辞退 厚労省、承認
産経新聞 11/1(火) 18:30配信
 昨年12月に新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した電通について、厚生労働省は1日、同社の「子育てサポート企業」の認定辞退を承認したと発表した。 厚労省によると、同社は1日、東京労働局に「現在の会社の社会的な状況に鑑みて、認定を辞退すべきという結論に達した」と辞退を申し出たという。

 「子育てサポート企業」は子育てと仕事の両立のため、労働時間短縮など働きやすい環境を整えている企業を厚労相が認定するもので、電通は平成19、25、27年の3回、認定されていた。

 

「子育てサポート企業」は子育てと仕事の両立のため、労働時間短縮など働きやすい環境を整えている企業を厚労相が認定するもので、電通は平成19、25、27年の3回、認定されていた、ということです。

これまでも自殺者を出していた電通が、「労働時間短縮など働きやすい環境を整えている企業」とは、笑えてくるね。

〈質問〉の答え
「驚き桃の木山椒の木!」は、どういう意味でしょうか。

「おどろき」のごろ合わせで、これは驚いた、びっくりしたという意味です。それ以外の意味はなし。「驚き桃の木山椒の木ブリキに狸に蓄音機」と続けることもあるようです。

昭和に入ってできた言葉ですが、最近の若い人は使いませんよね。(^^♪

映画『男はつらいよ』の主人公、寅さんのセリフで広まりました。

〈スポンサーリンク〉