破綻国家にたかる「ハイエナ」ファンドとは?国家相手に民間企業が勝利!

スポンサーリンク

「米共和党のキングメーカー」の異名をとるヘッジファンドのCEOが、今年、アルゼンチン政府との世紀の金融バトルに勝利したというのです。一体、どういうことでしょうか。

この人物は、米大手ヘッジファンド、エリオット・マネジメントの創業者兼CEOのポール・シンガー氏(72歳)。

破綻国家にたかる訴訟型「ハイエナ」ファンドのエグすぎる手口
現代ビジネス 黒木 亮 米共和党のキングメーカー米大統領選が刻一刻と近づいているが、「米共和党のキングメーカー」の異名をとるヘッジファンドのCEOが、今年、アルゼンチン政府との世紀の金融バトルを制したことは日本ではほとんど報じられていない。この人物は、米大手ヘッジファンド、エリオット・マネジメントの創業者兼CEOのポール・シンガー氏(72)である。ニューヨーク生まれのユダヤ人で、ハーバード・ロースクールを卒業後、準大手投資銀行DLJ(Donaldson, Lufkin & Jenrette )の不動産部門の社内弁護士として働いたあと、30代前半で自分のヘッジファンドを旗揚げした。Forbes誌の推定で個人資産は22億ドル(約2300億円)。息子がゲイで、同性婚法成立運動にも力を注いできた。

また共和党に対する大口献金者で、ジョージ・W・ブッシュ、ルドルフ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)、ミット・ロムニーなどを支援し、ヘッジファンド業界、イスラエル、LGBT(性的少数者)などの擁護のため、強力なロビー活動も行っている。

やっぱり、金融界はユダヤ人なんですね。

では、どうやって、国を食い物していくのでしょうか。

ターゲットは破綻国家エリオット・マネジメントは不良債権投資に強いヘッジファンドで、法廷闘争を得意としている。

ソブリン(国家)債務への投資では、破綻した国家の債務を額面の5%とか10%といった二束三文で買い、額面だけでなく金利やペナルティを含めた全額の支払いを求めて世界中の裁判所で訴訟を起こす。

そして勝訴判決をとると、債務国のタンカー、外貨資産、航空機、果ては人口衛星打ち上げ契約まで差し押さえ、投資額の10倍から数十倍のリターンを上げるのだ。

なるほど、破綻国家をターゲットにして、破綻国家の焦げ付いた債務(国債等)を二束三文(額面の5%とか10%)で買い取り、それに額面の金利やペナルティを上乗せして、その全額を支払うよう世界中で訴訟を起こすというわけか。

訴訟に勝って、債務国に支払いを求めていくのです。

これって、日本の「闇金」が市中の不良債権を二束三文で買い取り、その債務者に嫌がらせ・脅し等の非合法的手段を用いて、無理やりお金を引きはがすのと似ていますよね。

ただ、国家相手に非合法的手段で債権回収はできませんので、ヘッジファンドは債務国のタンカー、外貨資産、航空機、果ては人口衛星打ち上げ契約まで差し押さえて売却し、投資額の10倍から数十倍のリターンを上げようとするのです。

次はアルゼンチン政府とのバトルの様子です。

アルゼンチン政府との世紀のバトル

アルゼンチンがデフォルトしたのは2001年である。

エリオット・マネジメントは傘下のNML Capital Limited(以下NMLと略)を通じて、額面6億1700万ドルのアルゼンチン国債を額面の3割以下の価格(推定)で買い集めた。

同国政府は2005年と2010年に債権者に対して一方的な債務再編を通告し、それを受け入れた約92%の投資家の債権を7割以上カットした。

しかし、NMLはホールドアウト(交渉拒否)し、金利やペナルティを含む全額の支払いを求めて、ニューヨーク州南部連邦地裁に提訴した。

一方、故・ネストル・キルチネル大統領(在任2003~2007年)と、キルチネルの妻、クリスチーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領(在任2007~2015年)はNMLを始めとするホールドアウト債権者との交渉を断固拒否し、法廷内外で激しい争いが繰り広げられた。

訴訟は米最高裁までもつれ込んだが、一審、二審で敗訴したアルゼンチン政府の上訴を2014年に米最高裁が棄却したことで、NMLの勝利が確定した。

この間、NMLは下級審(一、二審)の勝訴判決にもとづいて2014年にアルゼンチン海軍の練習船をガーナ沖で差し押さえたり、キルチネル・フェルナンデス夫妻が地元の建設会社社長と結託して行った汚職により6500万ドルの国家資産が米ネバダ州の123のペーパーカンパニーに隠匿されているとして、ラスベガスの連邦地裁に情報開示と差し押さえを求めて提訴したりした(相手は「パナマ文書」のモサック・フォンセカ法律事務所の現地会社だった)。

また、アルゼンチン政府が結んだ2基の人工衛星打ち上げ契約を差し押さえようとして、ロサンゼルスの連邦地裁に提訴したり、ロビイストを雇って米国とアルゼンチンで激しいロビイング活動を行ったりもした。同社が提起した訴訟や申し立ては数十に上ると見られる。

おもしろい話ですね。
「アルゼンチン海軍の練習船をガーナ沖で差し押さえた」ということですが、具体的にはどんな方法で差し押さえするんでしょうか。日本であれば、動産の場合、執行官が家具等の金目の物に張り紙(公示書)貼っていきますよね。

海上の船は動きますし、そんなものをどうやって差し押さえるのかな。

敗訴したアルゼンチンは、結局、どうなったのでしょうか。

約2ヵ月間にわたる交渉の末、背に腹は代えられないアルゼンチン側が大幅に譲歩し、今年2月末に「15年戦争」に決着がついた。

金融情報メディアのブルームバーグによると、裁判関係書類などから、NMLが保有しているアルゼンチン債券の元本は6億1700万ドルで、これに対してアルゼンチン政府は22億8000万ドルを支払い、争いを解決した。NMLは元本の額面の3割程度で債券を取得していると推定され(これよりさらに安く買っているとする説もある)、投資額の12倍強のリターンを得ることになった。他のヘッジファンドもほぼ同様である。

「借りた金は返す」のが当たり前であって、これが尊重されなければ経済活動など成り立ちません。

ただ、合法的とは言え、こんな商売があっていいのかとも思います。アルゼンチンが払ったお金はそのまま、アルゼンチン国民の疲弊につながるからです。

でも、もとはと言えば、返すあてもない多額のお金を借りた政府に責任があり、その政府の国会議員を選んだのは国民ですから、国民にも責任があるということになります。

最近のギリシャもそうでしたね。

ユーロに加入した際、その信用で莫大な借金をして、しかもそれを政府が隠し続け、ギリシャ危機につながりました。

借りたお金の多くは、政界・経済界の金持ち連中に流れて、庶民はそれほどいい目をしていません。国民の多くは負担だけを負うことになります。

しかし、それでも、国家だからと言って、借金の踏み倒しを認めていいわけありません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。