専門家会議の平田座長は「現実的に今から盛り土し直すのは難しい」と話しました。そんなこと、専門家でなくとも常識でわかりますよね。

地下空間の上に建屋が立っているのに今さらその地下に土を埋め戻すことなどできませんよ。

 

豊洲のたまり水は「地下水」 専門家会議座長
TBS系(JNN) 9月24日(土)18時16分配信
豊洲新市場の一部で盛り土が行われていなかった問題で、これまで東京都は地下の空間のたまり水は「雨水の可能性が高い」としていましたが、分析の結果、地下水であることが明らかになりました。

24日、豊洲市場の地下空間に専門家会議の平田健正座長らが初めて入りました。

「(異臭は)コンクリート、セメントの臭いだと思います」(専門家会議 平田健正座長)

報道陣も8日ぶりに地下空間に入りましたが、前回とある違いがありました。16日に報道陣が入った際の映像と比較すると、明らかにたまり水が増えているのがわかります。このたまり水に関して、東京都はこれまで「雨水の可能性が高い」としていましたが、平田座長は・・・

「東京都は雨水ではないかと言ったんですが、明確に間違いです。今日の結果を見れば地下水。地下水しかありえない」(専門家会議 平田健正座長)

水のイオン成分を調べた結果、地下水と一致したということです。これまで都議会各派の独自調査でシアン化合物なども検出されていますが、こうした有害物質については・・・

「値に関しては環境基準値満たしていますので、全然問題はないと思っています」(専門家会議 平田健正座長)

また、平田座長は、都が行った地下空間の空気の測定結果を発表。ベンゼンなどの有害物質はいずれも環境基準値未満だったということです。

平田座長は「現実的に今から盛り土し直すのは難しい」としていて、今後、専門家会議で、地下水が表面に出てこないよう完全にコンクリートで覆う案や換気口をつけて空気を入れ替えたりする案など、具体的な対策について検討する方針です。

 

さて、これまでの地下空間の水質検査では、環境基準を超える有害物質は出ませんでした。
問題点は、今のところ、シアン化合物が検出されたことだけでした。これも何棟かある建物のすべての地下空間の水質検査をしてみないとはっきりしたことはわかりませんが、シアン化合物が環境基準のボーダーラインだったとのこと。
《参考》『豊洲市場の地下から採取した水に猛毒のシアン化合物が含まれていた~シアン化合物とは?

食品に地下水や地下の泥を付けて販売するわけではありません。地下空間をきれいにして、地表に地下水や粉塵等が漏れないようにしてしておけば、地上で食品を扱っても何ら問題はないのではないでしょうか。

地下空間の存在経過が不明朗で、かつ東京都がうそをついていたため、豊洲移転問題が非科学的にセンシティブになっているように思います。東京のような大都会の地下を掘れば、どこからでも重金属イオンぐらい出てくるのではないでしょうか。

だから、毒が入っていてもいいということではなくて、地下をちゃんとボーリングして地下水を調べ、それで環境基準を満たしておれば、ゴーサインを出してもいいかなと思います。

で、ゴーサインの前に、地下空間の存在についてはその経過をしっかりと調査して、「盛り土」がいつ地下空間になったのか、誰の責任で何故、そうなったのかを早急に国民に公表してほしいと思います。

それから、お金の流れのチェック。

「盛り土」関係の予算がどうなっていったのか、予算や執行されたお金の流れを詳細に調べてほしいと思います。

専門家会議の「盛り土」案は確かに安心ですが、現状ではそれをせずに地下空間にしてしまっているので、地下空間の安全性をきちんと検証すべきでしょう。現在公表された地下水のデータでは、一応、食の安全は確保できる程度だと思うのですが。

〈スポンサーリンク〉