この記事を読んでまず思ったのは、いずれカジノが解禁されれば、この産経新聞の記事タイトルを゛カジノ狂”と置き換えてもそのまま使える記事だなということでした。

私は、カジノ誘致が日本経済を活性化する切り札になるなどと言って、国会議員ともあろう人たちが、叫んでいるのを見て情けなくなると同時に不安な思いです。

〈関連投稿〉
『カジノ解禁法案』天下の大悪法、こんな大悪法を推進する政党・議員の真の目的は?
「カジノ解禁法案」衆議院委員会で与党が可決。国民を「ギャンブル漬け(依存症)」にしておいて、何が経済振興だ!
「カジノ法案」~早期成立を目指す政府自民党。「カジノ法」の条文は?こんな博打場を認めていいの
老人ホームにパチンコ屋組合がパチンコ台贈呈、連日入居者が列をなす!これって美談なの?
こんな議員を選ばないで下さい!カジノ審議中、「般若心経」唱えて時間を浪費した自民党議員!
ギャンブル・パチンコ依存症~依存症の判定、自分は依存症か?夫や妻は大丈夫か?

 

 

〈スポンサーリンク〉

 

最初は、カジノに入店できるのは、金持ちや外国人だけにするなどと、いい加減な思いつきを言っていましたが、そんな制約を法的に作ることができるのでしょうか。
また、できたとしても、外国人や金持ちだけで、日本経済が潤うほどカジノで負けてくれるのでしょうか。それは無理です。いくら金持ちでも人数が少ないですから。

いずれは、外国人たちの、客足は少なくなり、顧客ターゲットを日本国民全員に定めてくるでしょう。

 いや、カジノ業者の本心は言わないだけで、顧客ターゲットは日本国民に定めているはずです。

 そして、入場制限を設けることができたとしても、早晩、すべての庶民が入場できるようにすることは、火を見るよりも明らかです。
 なぜなら、パチンコ業界を見ればわかります。すべての庶民すなわち年金生活者も家計を預かる主婦も安月給のお父さんも生活保護者もみんながいつでも入店できるように、敷居を低くしてあらゆる街角にパチンコ屋がたっているのです。

 その結果、パチンコはギャンブル(博打)ですから、みんながやめることができずに、庶民の財布から20兆円ものお金がパチンコ業界に吸い上げられているのです。

20兆円といえば、世界中のカジノで動くお金の総額の4倍もあります。日本はすでに、ギャンブル大国なんです。

そして、そのお金は経済波及効果を生みません。博打ですから、そこに参加する庶民から胴元にお金の移転がおこるだけです。そりゃあ、パチンコ店以外に、パチンコ機製造会社も儲かるでしょうが、パチンコ業界全体を見れば波及効果の少ない閉じた世界です。

さて、以上述べた話の結果が、実はこの「パチンコ狂」の子供虐待につながっているのです。

カジノが解禁されたら、必ず、『“カジノ狂”親のひどすぎる虐待 全裸浴室監禁、排泄バケツ…』という記事が踊ることを予言しておきましょう。

それから、街頭インタビューで、庶民の中には「いいんじゃない、私も一度くらいは遊んでみたわー」という人もいました。

これって、必ず1回で止めるので「覚せい剤を1回くらい、経験してみたいわー」と言っているのと同じなんですね。依存症の怖さがわかっていないです。

下の記事は、虐待親を鬼のように書いています。その通り、「鬼親」です。しかし、生まれながらにして「鬼」ではなかったのです。虐待に至る過程では、パチンコ依存症が大きく影響しています。

記事中に、『2人(保護者)は「パチンコに行くため、これまでに何回か子供を閉じ込めた」と供述。』とあります。
では、なんで、この保護者は子供を3人も閉じ込めて、パチンコ屋にいかなくてはならなかったのでしょうか。

それは、『負けた分を取り返しに行かざるを得なかった』からです。依存症の蟻地獄です。

保護者2人は生活保護費を負けるに決まっているパチンコにつぎ込み、全部パチンコ屋に持っていかれます。負けた分、生活費がなくなるので、その負けた分を取り返すためにまたパチンコ屋に行き、そこでまた負けます。
 これが、ギャンブルの実態で、金に追い詰められた親は、子供を虐待もしますし、子殺しもします。

今からでも、カジノ法案を阻止してほしいですね。

“パチンコ狂”親のひどすぎる虐待 全裸浴室監禁、排泄バケツ…
産経新聞 2016.2.24 14:28

【衝撃事件の核心】
 「パチンコに行って負けた分を取り返したかった」。大阪府枚方市の自宅浴室に裸の男児(6)を閉じ込めたとして、大阪府警に監禁容疑で逮捕された母親(32)と内縁の夫(28)が口にした動機は、あまりに身勝手な内容だった。自宅2階の和室に9歳と1歳の娘2人も閉じ込め、浴室と和室はいずれも外側から金具で施錠。和室からは排泄(はいせつ)用とみられるバケツも見つかるなど、“パチンコ狂”のなせる業としか言いようのない状況だった。大阪では虐待問題が深刻化しているが、今回の事件は近隣住民の“気付き”が子供の命を守る鍵となった。

 30分…響きわたる叫び声
 「パパー!」
 「冷たい、寒いよ!」
 2月13日午前9時ごろ、大阪府枚方市内の住宅街。民家から男児が泣き叫ぶ声が響いてきた。
 近所の女性(39)は自宅で叫び声を聞き、民家の前でしばらく様子を見守った。泣き声は30分ほどたっても止む気配がなく、明らかに異常な様子だった。
 民家の玄関には、学習用ノートをひきちぎったような紙が張られ、「留守にします」と書かれていた。「これは大変なことが起きているのではないか」。女性は知人を通じて、大阪府警に通報した。

府警枚方署員が駆けつけ、無施錠の玄関から民家の中に入った。男児の泣き叫ぶ声がする浴室に飛び込むと、異様な光景が飛び込んできた。

 男児は30度ほどのぬるま湯が張られた浴槽の中で、裸のまま「寒い、寒い」と震えていた。浴室の扉には、外側から鍵の役割となる金具が取り付けられ、さらにその上からプラスチック製の結束バンドが何重にも巻かれていた。

 浴室だけでなく和室でも…

 閉じ込められていたのは男児だけではなかった。

 男児が「お姉ちゃんは上の部屋で赤ちゃんの面倒を見ている」と話したため、署員が2階を調べたところ、浴室と同様にふすまの木枠に金具が取り付けられ、結束バンドで固定されている和室を見つけた。その中からは、小学3年の長女(9)と次女(1)が見つかった。

 事態を重くみた同署は同日午後、男児を浴室に閉じ込めたとする監禁容疑で、3人の子供の母親(32)と内縁の夫(28)を逮捕した。

 生活保護費をパチンコに

 なぜ幼い子供3人を家の中で監禁していたのか。2人は同署の調べに対し、「パチンコが好きで、パチンコに行くために子供たちを監禁した。負けた分を取り返しに行かざるを得なかった」と身勝手な動機を口にした。

同署などによると、5人は昨年12月ごろから現場の民家に住み始めた。母親と内縁の夫はいずれも無職。母親は知的障害があるため、生活保護を受給しており、保護費をパチンコにつぎ込んでいたとみられる。

 2人は「パチンコに行くため、これまでに何回か子供を閉じ込めた」と供述。男児だけを浴室に閉じ込めた動機については「以前、ライターを使って火遊びをしたことがあるから風呂に閉じ込めていた」と説明しているという。

 実は近隣住民は以前から一家の様子に疑念を抱いていた。

 男児の泣き声に気付いた女性は、自身の息子が監禁されていた長女と一緒の小学校だが、長女が登校する姿を一度も見たことがなかったという。「子供3人が外で遊んでいるのを見たことはあるが、母親らが子供に接しているところは見たことがない。かかわってはいけない家族だと思っていた」と眉をひそめる。

 2度通報も「疑いなし」

 大阪府中央子ども家庭センター(児童相談所)によると、母親と子供たちは以前、枚方市内の別の家に住んでいたが、平成25年5月と同年26年6月の2回、近隣住民から「子供の泣き声が聞こえる」などと通報があった。いずれもセンターの職員が家に出向き、母親と子供に話を聞いたり、子供の体を調べたりした結果、虐待の疑いはないと判断。一時保護などはしていなかった。

しかし、今回の3度目の通報によって、異様な虐待の実態が徐々に明らかになってきた。

 捜査関係者によると、長女と次女が監禁されていた部屋からは、2人の排泄用とみられるバケツが置かれていたほか、男児の両肩に打撲痕が見つかっている。

 長女は「(2人は)これまでも朝から晩まで出て行ったことがある」と話しており、府警は日常的に暴行や監禁を繰り返していた可能性が高いとの見方を強めている。

 児童虐待通告、大阪府は全国最多

 大阪府内で児童虐待は深刻な問題だ。

 府警によると、平成27年上半期(1~6月)に虐待を受けた疑いがあるとして、府警が児童相談所に通告した18歳未満の子供は3033人で、過去最多を記録。前年同期比で740人も増加し、全国でも最多だった。府警は現在、27年下半期(7~12月)の通告件数を集計中だが、年間の通告件数でも全国最多になる見通しだ。

 事件となった児童虐待も多い。同年上半期で府警が摘発した虐待事件は31件で、前年同期比で16件増加。事件別では傷害が12件、殺人未遂が3件で、死亡事案も3件あった。

今年になっても虐待事件が次々と表面化している。同府東大阪市の自宅で同居する男児(5)の顔を殴ったとして、府警は1月末に傷害容疑で母親(28)と交際相手の男(34)を逮捕。2月16日には大阪市此花区のマンションで生後2カ月の長男に暴行して死亡させたとして、傷害致死容疑で父親(22)を逮捕した。

 東大阪の事件では被害男児は軽傷で済んだが、捜査関係者によると、男児は事件当日は昼食におにぎりを数個食べただけで、朝食と夕食を与えられていなかった。腹を空かした末、交際相手の男の目を盗んで、上半身裸のまま近くの店に行ったことで事件が発覚したという。府警は日常的な暴行やネグレクト(育児怠慢・拒否)が行われていた可能性があるとみている。

 高まる府民の危機意識

 枚方市の監禁事件をめぐっては、近隣住民が泣き声にすぐ気付いたため、子供3人が監禁された時間は2時間ほどだった。ただ、ある捜査幹部は「近隣住民が気付かなければ監禁が続き、低体温症などになっていたかもしれない。結果的にけがが軽くても、幼い命が危機にさらされた事件だ」と悪質性を強調する。

多発する虐待を少しでも防いで子供の命を守るためには、近隣住民の“気付き”が重要になっている。27年上半期に住民らから府警に寄せられた児童虐待の通報件数は、前年同期比で1割以上多い2238件にのぼっており、虐待に対する府民の意識は高まりつつあるといえる。

 児童虐待の全国共通ダイヤルは27年7月から「189」に統一された。府中央子ども家庭センターの担当者は「通報を受けて虐待の有無を調査する場合でも、通報者が誰なのか決して分からないようにしている。少しでも異変を感じたら『189番』などに通報してほしい」と呼びかけている。

〈スポンサーリンク〉