お笑いタレントの前田健さんが亡くなられました。

死因は虚血性心不全とのこと。

まだ、44歳という若さでした。

まずは、前田健氏のご冥福をお祈りしたいと思います。

彼は芸人さんの中ではVIPのポジションではなかったですが、

その独特の風貌と歌手あやや(松浦亜弥、29才)の物まねで、

私の頭には記憶されていました。
では、このように突然、死に至らしめる虚血性心不全とはどのような病気でしょうか。
「スポーツ報知 」のニュースから。

前田健さんの死因は虚血性心不全…26日午前1時36分に帰らぬ人に
スポーツ報知 4月26日(火)15時43分配信
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
虚血性心不全(虚血性心疾患) 急性心臓死あるいは心臓発作の大半がこの虚血性心疾患。虚血とは臓器に栄養となる血液が供給されなくなる状態をいう。心臓の栄養血管である冠状動脈の動脈硬化性変化による狭窄や閉塞で起こり、代表例が狭心症や心筋梗塞。虚血性心疾患の3大危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症で、これに喫煙、肥満、食事、運動不足、ストレスなどが加わるとされている。

では、前田健さんは亡くなる前はどのような状況だったのでしょうか。

同じくスポーツ報知 4月26日(火)から。

前田さんは4月24日夜、東京・新宿三丁目の路上で突然倒れ、心肺停止の状態で病院に搬送された。集中治療室(ICU)で治療を受け、心臓は動き出したが意識は戻らない状態が続いていたが、26日午前1時36分に帰らぬ人となった。

前田さんは4月24日午後7時10分ごろ、東京・新宿三丁目の路上で突然嘔吐(おうと)し、倒れた。たまたま通りかかった医大生らが心臓マッサージを施し、「AED(自動体外式除細動器)」で蘇生を試みた。その後、救急隊が到着し、心肺停止の状態で病院に搬送された。心臓は動き出したが、意識は戻らず、集中治療室(ICU)で治療を受けていた。

警視庁四谷署などによると、外傷はなく、事件に巻き込まれた可能性は低いとしていた。
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように事件性はなく、路上で嘔吐し倒れたとのことです。

通りがかった医大生が救急処置をしてくれましたが、残念ながら

帰らぬ人になりました。

前健さんには、健康状態について、きっと前兆があったのではないでしょうか。

私たちがこうした心臓疾患に対してどのように注意すべきか、

東京都福祉保健局、東京都監察医務院のホームページから

学びたいと思います。

東京都福祉保健局 東京都監察医務院
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
心臓死の予防は可能だろうか
虚血性心疾患の三大危険因子は高血圧、糖尿病、高脂血症(総コレステロールや中性脂肪の高値)であり、これに喫煙、肥満、食事、運動不足、情動ストレスなどが加わるとされています。生前に自覚症状があった場合は、診断後の治療によって病変の進行はある程度食い止められたかもしれません。しかし、健診や人間ドックで潜在性心疾患を事前に発見できなかった場合は、その予防は不可能であったといわざるを得ません。当院が扱う事例ではこのような例が圧倒的に多く、今後の課題になっています。

日常生活での予防
会社などの定期健康診断は必ず受診すること。
年に数回は血圧測定をすること(特に30歳以上の人)。
塩分はできるだけ少なくする。肥満を防ぐ。
何か症状が出たら医療機関に受診する。
禁煙、又は本数を減らし根もとまで吸わない。
ストレスをさける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な人)。
スポーツなどの趣味を生活の中にとり入れ、睡眠を十分に取る。

最後に記述のある「日常生活での予防」をしっかりと心がけたいと思います。

〈スポンサーリンク〉