こないだ日曜日に、エジプト人のタレント「フィフィ」が読売テレビの「そこまで言って委員

会」に出演していました。

そこで彼女は「私は何時間もかけて、あれこれ一生懸命に考えてブログを作ってやっとアクセス

があるのに、晩御飯の写真を撮っただけのブログが何百万ものアクセスを集めているのが許せな

い」というようなことを言ってました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

とまあ、このブログ記事はこれだけの話なんです。m(_ _)mスマン

 

でも、僕もその気持ち、わかるなあ。(-_-;)

で、彼女の話でまず頭に浮かんだのは、アメーバブログの『海老蔵』さんの公式ブログ。

文章はほとんど書いてありません。

ある日の『幼稚園へ』という記事なんか、本文は全部で「ひらがな9文字」だけ。

あとは海老蔵さんの写真が2枚だけ。

フィフィの気持ち、わかります(゚∇゚;)ナットク

 

僕も理系記事を書くときなんか、間違いがないようにとかなり時間がかかります。

水に溶ける水素の量を計算した時もそう!

話題の水素水にはどれくらいの水素が溶けているか、計算してみたよ。~気体の溶解度~

大体、ブログの文字ソフトは、計算式や化学式はメチャクチャ書きにくい。いや、書くことがで

きない。

(おっと誤解なきよう。僕も海老蔵さんを応援しています。)

 

この話をコタツにあたりながら妻にしたら、妻は海老蔵さんのブログの愛読者でして、「海老蔵

さんのブログは、ほんのりとあったかくて、とってもいいよ」って言うんです。

「誤字・脱字もときにはあって、きちんと推敲されてはいないけど、本音がちょこっと書いてあ

って、人間らしくていい。それに毎日、必ず更新されていて期待を裏切らず、気楽に読めてホッ

とする」らしいんです。

 

なるほど、そうなんだ。

確かに自己主張が強いブログは読むのがしんどいかも。

以上、どうでもよい話ですみませんでした <(_ _)>

 

皆さん、興味はないかもしれませんが、下記はタレント「フィフィ」の略歴です。

〈出典:Wikipedia〉
エジプト人の両親の間にエジプトの首都カイロで三姉妹の次女として生まれる。母親は日本で政治学博士号を取得、父親も日本で工学博士号を取得している。2歳の時に日本に移住する。1994年に高校を卒業後、中京大学情報科学部に入学する。1998年3月同学卒業後に再訪日。日本の音楽制作関係企業に就職する。2001年5月30日、米国滞在時に知己となった日本人男性と結婚する。2004年、勤務先の音楽制作関連企業を退社する。
2005年、男児を出産。その後、IT関連企業への再就職が内定したのと同時期にTBS系の深夜バラエティー番組『アイチテル!』に出演する。その際、ファラオの申し子を主張し、稲川素子事務所とタレント契約の元、幼少時からのあだ名である「フィフィ」でタレント活動を開始。2007年10月、所属事務所をプラチカに移籍。2011年7月にプラチカとの契約を満了、同年10月よりサンミュージックに移籍。

〈スポンサーリンク〉