私は最近までシンガーソングライターの「ピコ太郎」を知りませんでした。

ピコ太郎 PPAP動画の世界的なブームに「世の中おかしい」
スポニチAnnex
謎のシンガー・ソングライター・ピコ太郎が8日、都内で開かれたファッションイベント「Girls Award2016 AUTUMN/WINTER byマイナビ」にシークレットゲストで出演した。自作のデビュー曲「ペンパイナッポーアッポーペン(通称PPAP)」の動画が世界的なブームとなっているが、「世の中おかしいです」と驚いた様子だった。

ブレーク後の初ライブとなったピコ太郎は、コミカルなダンスを踊りながらノリノリでPPAPを披露した。10~20代女性が中心の観客は大盛り上がりで「アッポーペン!」と大合唱。トークでPPAPを「“パンツパンツアンタのパンツ”ではございません」と言ってスベる場面もあったが、「お客さんが一緒に踊ってくれてうれしすぎて上半身の肌が荒れました。下半身はツルツルです。とても楽しかったピコ!」と大満足していた。
千葉県出身の53歳を自称し、素顔はタレント古坂大魔王(43)にうり二つ。7日にPPAPの楽曲とビデオの配信がスタートし、レコチョクなど国内主要配信サイトの計10部門の同日付デイリーチャートで1位を獲得。ブームはさらに拡大しそうだ。

 

“千葉県出身の53歳を自称し、素顔はタレント古坂大魔王(43)にうり二つ” の文言は紛らわしいね。

要は、「ピコ太郎(53歳)」と古坂大魔王(43)は別人ですよね。

 

ところが、下の記事は、同一人物として紹介しています。

 

くりぃむ上田が「日本一面白い男」と絶賛も…ピコ太郎のブレイクに一抹の不安
週刊アサヒ芸能

8月末に「ペンパイナッポーアッポーペン」と題した楽曲をユーチューブに投稿し、世界的な人気を集めている謎のシンガーソングライター・ピコ太郎。

特徴的なリズムと不可解な歌詞が大ウケしている同曲。ジャスティン・ビーバーら世界的著名人の絶賛も後押しして、ネットでの総再生回数は数千万回に及んでいる。

いまや時の人となったピコ太郎だが、その正体は古坂大魔王。元底ぬけAIR-LINEのメンバーで、かつては「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)などで活躍していたお笑い芸人である。

「ペンパイナッポーアッポーペン」の爆発的ヒットにより、見事、世界的大ブレイクを果たした古坂だが、お笑い関係者からは意外な意見も聞こえてくる。

・・・・・・

 

別人物?それとも同一人物?

Wikipediaは、「古坂大魔王(43歳)」と「ピコ太郎」を別人として紹介しています。

年齢や出身地などどうやって調べたのでしょうか。

Wikipedia

「古坂大魔王(43歳)」
本名 古坂 和仁(こさか かずひと)
ニックネーム こっつぁん
生年月日 1973年7月17日(43歳)
出身地 日本・青森県青森市
血液型 A型
身長 186cm
事務所 M2カンパニー→フリー→エイベックス

「ピコ太郎」
ピコ太郎(PIKOTARO)は古坂に酷似したキャラクターである。パンチパーマのかつらにヒョウ柄の服、サングラスをかけた千葉県出身のシンガーソングライターである。1963年7月17日生まれで、2016年10月現在は53歳。

 

それで、最大の関心事は、何で「ペンパイナッポーアッポーペン(通称PPAP)」が流行るのかということ。

曲を聞いてすぐに直感しました。「阿波踊りと一緒だな」と。

意味のない3つくらいの言葉を繰り返し、リズムもずっと同じ調子で続きます。
つまり、この歌は、祭りの「お囃子」です。

祭りの「お囃子」ですから、聞いたら「ワクワク、うきうき」するに決まっています。

ですので、「フリ」を付けて一緒に踊るのがベストです。

その証拠に、「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を聞いた人たちが、みんなで一緒に踊り、それを動画にアップしています。

「阿波踊り」と一緒ですね。
「踊る阿呆に、見る阿呆、同じ阿呆なら、踊らにゃ、損損」

ピコ太郎と一緒に「ペンパイナッポーアッポーペン」を「踊らにゃ、損損」

〈スポンサーリンク〉