「NON STYLE」井上は、なぜ、逃げたりしたんでしょうか。

本人は、警察に「事故が世間に知られたら大変になると思った」と供述していますが、

これはまあ、正直なところでしょう。

 

〈スポンサーリンク〉

 

でも、事故内容は「井上さんの車の左後部と後方を走っていたタクシーの右前部がぶつかった」

ということですので、普通にありそうな事故ですよね。

 

事故原因については、「井上さんは事故後、現場から走り去り、・・・」とありますので、彼は

自分の方にミスがあったと認識したから逃げたんでしょう。

だって、井上さんが被害者なら事故現場に留まって、現場検証で自分が被害者であることを

相手や警察にも認めてもらえば、被害者として何の不都合もありません。

 

何で、車を停めて相手と話をしなかったのでしょうか。

考えられることとしては

1「自分の方が加害者だ。なので、ちょっとした事故でもマスコミにたたかれる。正直に名乗り

出て、バッシングを受けるよりは、一か八か逃げてしまえ。」

あるいは、

2「彼はもともと、何事にもいい加減な無責任な男で、こんなケースでは絶対に逃げるような

奴だ。」

3 「普通なら、こんな時はちゃんと車を停めて対応する人だが、車を停めて警察を呼べない

理由があったはずだ。たとえば、知られては困る女性を載せていた?」

・・・・無責任な推測はここでやめておきましょう。

 

正々堂々、自分のやった行動に責任を持つことが、最終的にはファンや視聴者の支持が得られる

と思うんですが。

どうして、逃げてしまうような最悪の方法を選んでしまったのでしょうか。

いくらお笑い芸人でも、こうしたリアルの卑怯な行動はシャレにならないよね。

人身事故のバレー中垣内氏、代表監督就任は既定通り。良かったですね。一方、ノンスタイル井上は。

事故内容につり合わない大きな代償を払うことになるのではないでしょうか。

「NON STYLE」井上さん当て逃げか 「事故が世間に知られたら大変になると思った」
産経新聞 12/12(月) 22:04配信

NON STYLEの井上裕介さん(写真:産経新聞)
お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介さん(36)が運転する乗用車が11日夜、東京都世田谷区の路上でタクシーと接触し、運転手が首や腰に2週間のけがを負っていたことが12日、警視庁への取材でわかった。井上さんは事故後、現場から逃走。警視庁世田谷署が当て逃げをしたとして、過失運転致傷や道路交通法違反(救護義務違反)などの疑いで井上さんから任意で事情を聴いている。

井上さんは同署の調べに「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と話したという。

同署によると、事故は11日午後11時45分ごろ発生。世田谷区若林の交差点で、井上さんの車の左後部と後方を走っていたタクシーの右前部がぶつかったという。

井上さんは事故後、現場から走り去り、同区内の自宅に戻った。同署がナンバーなどから車両を特定し、捜査員が自宅にいた井上さんに12日午前2時に任意同行を求めた。

〈スポンサーリンク〉