歌手・高橋真梨子さん(67歳)が6日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへSP」

(TBS系)に出演していました。

>好きな歌手の一人ですが、ずいぶん痩せていて驚きました。

あんなに痩せた体でも、声量は豊かなんですね。

〈スポンサーリンク〉

現在の体重が33キロを切っていると話していましたが、拒食症なんでしょう。

私は拒食症のもっと進んだ女の子を見てきましたが、本当に難しい病気です。

親も子供のことを大事にして病院にも通っていましたが、夫婦の関係も含め、家庭内が精神的に

不安定な状況でした。

高橋真梨子さんの生い立ちを聞くと、やはり幼いころの家庭の不安定、そのことから受けた心の

傷が今も尾を引いているということでしょう。

以前、テレビで高橋真梨子さんのドキュメンタリーを見ましたが、彼女のご主人はとても優しく今も彼女のよき理解者です。

そんなご主人が傍にいても、心の傷は癒えないものなんですね。

彼女はいわゆる「うつ病」になっているのでしょう。

その原因は、子供時代のトラウマで、更年期障害の発症を機にトラウマがよみがえったと彼女は分析しています。

人間の心は不可解で、解きほぐすことは本当に難しいです。

心療内科の医師の説明を聞いても、何か頼りなく当てにならないです。整形外科とか内科の医師

の説明と違って説得力がありません。

きっと患者の心がどうなっていくのかは、医師自身にもわからないのでしょう。(当然のことで

はあります)

以前、知り合いの教授から聞いた「心療内科のコースを選ぶ医学生は医学部の落ちこぼれ」とい

う話をなるほどなと思いました。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ですから。

うつ病で、気分が落ち込んでいる人は、とにかく気力が湧かず、

いつの間にか、自分の体が無くなってしまうことを望んでいるような気持になっているのではな

いでしょうか。

これは、サポートする周囲の人にとっても難儀でつらいことです。

うつ病で苦しんでいる人を援助してあげたくても、助ける術がないのです。

できることは、ただ、傍らに寄り添い見守るだけなんです。

高橋真梨子さんは67歳の現在まで苦しんでおられます。長いです。でも、いつか治ります。

 

心が晴れやかになり、生きていてよかったと心底、思える時がくるはずです。

これからも、素敵な歌声を届けてほしいです。

「適応障害とうつ病の30歳女性が親依存」の記事~家族・本人の苦悩と幸せな明日は?

高橋真梨子 体重33キロ以下だった…大みそかの紅白で激やせ心配の声も

デイリースポーツ 1/6(金) 22:24配信