手術後わいせつ行為で逮捕された医師、初公判で「無罪主張」。真実は?

スポンサーリンク

この事件も、果たしてどちらの言っていることが本当なんでしょうか。

もし、女性の言っていることが妄想なら、まぎれもない冤罪事件です。

美濃加茂市長の贈収賄事件、真実は?冤罪なら恐ろしい!

術後わいせつ行為 医師「プライドにかけ無罪主張」(2016/11/30 15:45)

手術後の女性患者に病室でわいせつな行為をした罪に問われている医師が30日の初公判で、「私はやっておりません」と無罪を主張しました。

医師の関根進被告(41)は5月、東京都内の病院で、乳がんの手術をした30代の女性患者が全身麻酔の影響で意識がもうろうとしているなか、胸をなめるなどのわいせつな行為をした罪に問われています。関根被告は30日の初公判で、「私はやっておりません。乳腺外科医のプライドにかけて無罪を主張します」と述べ、弁護側は「病室は4人部屋で、看護師も出入りしていた。犯行は不可能」「麻酔からさめる途上で、妄想や幻覚が発生することは医学的に報告されている」と主張しました。一方、検察側は「患者の胸からつばの成分や大量のDNA型が検出された」と指摘しました。これに対し、関根被告は「手術前にDNA型などが付着する機会は十分ある」と反論しています。

常識的には、先ほどまで手術していた女性患者の胸をなめたりすることはないだろう、と思いま

すよね。

それに、この医師が性欲をどこかで満たしたかったのであれば、手術直後の女性を相手にしな

ても、風俗等で健康で若い子を相手にすればいいわけだし(倫理観は別として)。

しかし、一方で「何とかフェチ」の変態男が現実に存在することを考えると、性悪説で考える

きなんでしょうか。

「男はみんな痴漢だ。この医師がやったはずだ!」と。

京都でも最近、女性の「足なめ男」が逮捕されました。この男はきっと「足フェチ」だった

んでしょう。

こんなバカなことをする奴がいるのかと驚きましたし、その変態男の行為から女性が逃げられ

かったことにも驚きました。

足を舐められた瞬間に「変だ」と思ったはずですので、大声をあげて全力で車から逃げ出す

しかないと思うんですが、金縛り状態になってしまうのでしょうか。

〝足なめ男〟再逮捕 他の女性にも…解放時に「ありがとう」 京都府警

車の修理を手伝うよう依頼し、運転席に座らせた女性の足をなめ続けたとして男が逮捕された事件で、京都府警は30日、別の女性に対しても同様の行為を行ったとして、暴行容疑で京都市伏見区の配送業アルバイトの男(56)を再逮捕した。男は「ブレーキペダルを踏んでもらったことは間違いないが、なめるなどの行為はしていない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は9月16日午前9時ごろ、同区内の駐車場で、乗用車の運転席に座った30代女性の足元にもぐり込み、約20分間にわたり、足の裏をなめるなどしたとしている。

府警によると、男は現場を通りかかった女性に「車のブレーキランプが壊れたので修理を手伝ってほしい」と声をかけ、駐車場に誘導。運転席に座らせて「ブレーキを踏んで」と要求した後、運転席に体を潜り込ませ、わいせつな行為をする目的で足をなめたとされる。

女性が「用事があるから帰りたい」などと伝えると、男は「ありがとう」と言って解放したという。

男は今月7日、別の20代女性に対し、右足首をつかんで無理やり約35分間にわたり、足の裏をなめたり、足に歯を立てたりするわいせつな行為をしたとして強制わいせつ容疑で逮捕され、29日、同罪で起訴されていた。

さて、話を戻して、この「胸なめ医師」は本当に女性の胸を舐めたりしたのでしょうか。

このニュースを見る限り、弁護側の「病室は4人部屋で、看護師も出入りしていた。犯行は不

能。麻酔からさめる途上で、妄想や幻覚が発生することは医学的に報告されている。」との

主張はもっともなことだと思えます。

医師が無実だという前提で話せば、女性側の「された」という証言だけで、逮捕され裁判にかけ

られるなど、本当に怖いことです。

満員電車で、いきなり女性から「痴漢だ」と決めつけられた冤罪事件と同じです。

こうした冤罪事件を検証すると、女性側の「さわられた」という主張だけを一方的に認めて善良な市民を逮捕するのは大問題です。

実際は痴漢が大勢いて、女性に多大な被害を及ぼしていることはわかります。女性を守らなけれ

ばなりません。

しかし、だからと言って女性側の言い分を100%採用して、その場で名指しされた人を逮捕し

てしまうのはあんまりだと思います。過去には、いい加減な女性が隣にいた男性を痴漢だと騒い

で、憂さ晴らしをしていた事例もありました。

家族を守らねばならない一家の善良な主が、通勤途上の電車でいきなり痴漢に仕立て上げられ、

無罪を立証するのに何年もかかることを考えると、慎重で正確な捜査と裁判を願うばかりです。

警察の「罰金を30万円払うだけで、ここを出られるよ。楽になるよ。」的な捜査は決して許さ

れません。

検察側は「患者の胸からつばの成分や大量のDNA型が検出された」と主張していますが、真実はどちらにあるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。