松本伊代(51歳)と早見優(50歳)が、今年1月、京都市内のJRの線路に無断で侵入したことについて、京都府警が10日、鉄道営業法違反の疑いで2人を書類送検しました。

「当然でしょ!」

京都府警はしっかりした判断をしてくれました。不起訴処分になるような事案でしょうが、書類送検することに意義があると思います。

〈関連投稿〉
タレントの松本伊代さん、早見優さん!線路上の写真はNGです。

〈スポンサーリンク〉

 

「書類送検までしなくても」と擁護する論調もありますが、それは間違いですね。

なぜなら、社会的に影響のある元人気アイドルの二人が、違反行為を堂々と行い、その様子を写真に撮り、SNSにアップして全国に広めたのです。

人気者だけに大勢のフォロワーが見ました。子供や小・中学生も高校生も見たでしょう。

もしこれを、「悪気はなかったんだから」と、不問に付したら、もう、線路内への立ち入りは自由だということを天下に知らしめることになります。

そのことは、今後、線路内への立ち入りを増やすことになり、気の毒な事故の被害者を増やすことにつながるでしょう。

市民の安全や幸福が普段、保たれているのは、「線路内へは立ち入らない」というような小さな社会のルールをみんなでバカみたいに守っている結果だと思うんですよね。
なぜなら、地域で「ゴミ出し」のルールを守らない人が1人いるだけで、その地域の住民は大きなストレスを抱えることになります。

二人の人気者の「オバちゃま」には、もう少し大人であってほしかったですね。

”伊代はまだ16だから”では、困ります”(-“”-)”。

松本伊代の所属事務所社長(夫のヒロミ)が、12日のフジテレビ「ワイドナショー」で正式にコメントすることになりました。ぜひ、見てみたいと思います。

ヒロミ 妻・伊代の書類送検受け12日のワイドナでコメントへ
デイリースポーツ 2/10(金) 14:29配信

歌手でタレントの松本伊代(51)と早見優(50)が今年1月13日に、テレビ番組のロケで訪れた京都市内でJRの線路に無断で侵入して写真撮影を行い、京都府警が10日、鉄道営業法違反の疑いで2人を書類送検したことを受け、伊代の所属事務所社長で夫のヒロミ(51)が12日のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜、前10・00)で正式にコメントすることが分かった。

フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」の取材に対し、伊代の所属事務所側が「現在処分を待っている状態なので、処分が決定するまでコメントは控えさせていただきます」「仕事も変わらず続ける予定です」とコメント。今回の件については、夫で事務所社長のヒロミが、コメンテーターとしてレギュラー出演する12日の「『ワイドナショー』でお話しさせていただきます」と明らかにした。

この問題は、松本が1月14日付ブログに「京都 竹林の道の途中 踏切で 優ちゃんとパシャリ」と早見と撮った写真を掲載。2人は踏切から線路に入り、上下2車線の線路間の敷石上に立って手を挙げるポーズをとっていた。松本は続けて、「その瞬間 踏切が鳴り 慌てて逃げる2人」として2枚目の写真を掲載した。

ネット上で批判が集中し、伊代が当該ブログを削除。1月15日に2人がそれぞれブログで謝罪する事態となっていた。京都府警は1月下旬、2人を任意で事情聴取していた。

〈スポンサーリンク〉