特に、コメントしたいようなニュースではないのですが、あまりにもバカげた行動が
おもしろかったので取り上げました。

<近鉄>ダイヤ乱れ客と口論の車掌 地上に落ち骨折 東大阪
毎日新聞 9月21日(水)13時18分配信

21日午前10時35分ごろ、東大阪市小阪1の近鉄奈良線河内小阪駅で、女性が線路内に立ち入り、駅を通過する神戸三宮行き快速急行にはねられ、死亡した。この事故の影響でダイヤが乱れたが、河内小阪駅より奈良側の東花園駅(東大阪市)で対応に当たっていた男性車掌(26)が客と口論となり、制服上着と制帽を投げ捨てて線路内に侵入するトラブルがあった。車掌はその際に腰椎(ようつい)を骨折した。

近鉄によると、河内小阪駅での事故後、奈良線を走る電車が一時運転を見合わせるなどした。車掌が乗務する電車は東花園駅で運転中止になり、車掌もホームで乗客への状況説明などに当たったが、その際に乗客と言い争いになり、線路に降りていったという。

東花園駅は高架にあり、車掌は線路上を歩いた後、高架から数メートル下の地上に飛び降り、救急車で病院に運ばれた。近鉄は「不適切な行動を引き起こし、心よりおわびします」としている。【遠藤浩二】

 

とまあ、これだけの内容なんですが、まず、亡くなった女性は痛ましいね。
何があったか知らないけど。
おそらく鉄道自殺?を図るなど、大勢の人に迷惑をかけたけど、巻き添えを
くって死傷する人がいなかったのは不幸中の幸いでした。

さて、問題は、客と口論になった26歳の車掌の方ですね。
こんなときの客は、ここぞとばかり、職員に無茶苦茶な文句を
言ってることがよくあるよね。

この車掌にしてみれば、
思わぬ事故・事件が起きた結果の運転中止なのだから、
客の方にもそれなりの理解を示してほしいということ
なんでしょう。

もちろん、僕もそう思いますが、バカな客も多いからね。
まあ、この車掌は、口論になったとき、いきなり、ブスリと
刺されなかっただけでもよかったと思うよ。

ところが、この車掌、口論でよっぽど頭にきた(キレた)んでしょうね。
目撃者の話によると、「やってられねえ」とか叫んで上着を脱ぎ棄てていたらしい。

仕事に対する普段の不満もあって、ついに爆発したのかもしれないけど、
高架から飛び降りて骨折するなど、もう漫画だね。

ところで、高架は一体、どれくらいの高さがあったんだ?

まだ、若いからこれから、いろいろ学んでください。

〈スポンサーリンク〉