最近、日本でも、「ランサムウェア被害」が急増しているらしいです。

「ランサムウェア」が現在、世界中で猛威を振るっていますが、これまで、日本で被害が少なか

ったのは、外国人にとって日本語が難しくて、外国の詐欺師連が対応できなかったからです。

しかし、最近、日本でも被害が急増しているらしいんですね。

人を騙して生きていくような連中でも、金のためなら日本語も勉強するんですね。

 

今日、テレビ番組で、「ランサムウェア被害」の特集が組まれており、興味深い内容でした。

「ランサム」は英語のransomで「身代金」という意味ですが、「ランサムウェア」とはどのようなものなんでしょうか。

まず、「ランサムウェア」は不正プログラムの一種です。

詳しくは、Microsoftの「セーフティとセキュリティ センター」の記述を次に引用します。

ランサムウェアとは何ですか?

ランサムウェアとは、ユーザーの同意なくユーザーのコンピューターに違法にインストールされる マルウェア (悪意のあるソフトウェア) の一種です。

ランサムウェアは、犯罪者がユーザーのコンピューターを遠隔地からロックできるようにします。

次に、『あなたのコンピューターはロックされています、支払いを行うまでアクセスできません』という警告を含んだポップアップ ウィンドウが表示されます。

ランサムウェアはどのようにインストールされます?

ランサムウェアは、多くの場合、電子メール メッセージに含まれる悪意のある添付ファイルを開いた際、または電子メール メッセージ、インスタント メッセージ、ソーシャル ネットワーク サイト、その他の Web サイト上の悪意のあるリンクをクリックした際にインストールされます。

ランサムウェアは、悪意のある Web サイトにアクセスしただけでもインストールされることがあります。

ランサムウェアを避けるにはどうしたら良いですか?

いくつかの無料の方法を利用して、ランサムウェアやその他の悪質なソフトウェアからコンピューターを保護することができます。

コンピューターのすべてのソフトウェアを常に最新の状態に保ちます。 自動更新機能を有効にし、最新の Microsoft セキュリティ更新プログラムをすべて入手します。

 

ファイアウォールを常時有効にします。

 

迷惑メール メッセージや不審な Web サイトへのリンクを、開いたりクリックしたりしないようにします。

 

無料の Microsoft Security Essentials や、その他の信頼できるウイルス / マルウェア対策プログラムをダウンロードします。

Microsoft Safety Scanner で、コンピューターをスキャンします。

コンピューターがランサムウェアに侵されてしまった場合の対策は?

コンピューターにインストールされた可能性のあるランサムウェアやその他の悪質なソフト

ウェアを検出して除去するには、適切な最新のセキュリティ ソリューションでシステムの

フル スキャンを実行します。

 

また、定期的に外付けHDにデータのバックアップを取っておくことが非常に有効です。

 

万が一、ランサムウェアに侵入されてデータをロックされたり削除されても、安心です。

もちろん、バックアップを取ったら、外付けHDをパソコンから外しておきます。

大した手間はかかりませんので、現実的な対応だと思います。

 

私は次のSeagateのポータブルハードディスク2TBを使っています。

どの部屋にも持っていきやすいので、ポータブルがいいですよ。それに2TBもあれば十分。

〈スポンサーリンク〉