今、TV番組「スッキリ」で木原秀成(きはらしゅうせい)なる人が、電話取材を受けて

います。

この方、蓮華院金剛寺というお寺の住職で、日馬富士と10年来の親交があるということです。

親友だからということなんでしょう、「日馬富士は普段はとても良い人で、人を殴るような

人ではないので、今回の事件は相手の貴ノ岩がよほど悪かったのだろう」と話していました。

 

でも、世の中の多くの人は、これまで生きてきた過程で、他人や上司に嫌なことを言われて

心の中では「殴ってやりたい」と思うようなことはあったはず。

 

〈スポンサーリンク〉

 

しかーし、暴力団じゃあるまいし、実際に相手の頭を何十発も殴って裂傷を負わせるような

ことは決してしないのです。

それが普通のどこにでもいる社会人なのです。

それを横綱ともあろうものが、越えてはならない一線を完全に越えて、相手に大怪我を負わ

せたのですから、日馬富士とどんなに親交があろうとも、テレビで語ることのできる言葉は

「弁解の余地はありません」という一言だけではないでしょうか。

それを、相手が悪い、事情が色々とあったはずだなどと、饒舌に語るのはいかがなものか。

 

〈画像出典:ヤフー画像〉

画像:貴ノ岩の傷

画像:傷口

 

 

 

 

 

 

あと、一点。日馬富士暴行事件でテレビに出演する多くの人が、最近、貴乃花親方を批判し

だしています。

でも、上記の木原秀成さんみたいな人が多くいることを考えると、もしかしたら貴乃花親

方は、こうした事の次第の見極めのできない人たちや、同じくまあまあなあなあの相撲協会の

人たちの考え方を変革しようとしているのかもしれません。

 

貴乃花親方が、警察に通報する前に、相撲協会に通報すべきだったと語る人もいましたが、

これって大間違いでしょ。

暴行を受けて頭を10針ほども縫う大けがをおって愛弟子が帰ってきたら、普通、まずは

警察に通報すべきで、所属組織への報告は事後でしょ。

この点、コメンテーターの大沢あかねさんが、「親の立場であっても、我が子が頭を何針も

縫うような暴行を受けて帰宅してきたら、まず警察へ通報します。組織(学校への)報告は

後回し」のように、的(まと)を射た発言をしていました。

 

最近、貴乃花親方を批判する論調が多いですが、貴ノ岩も貴乃花親方も暴行傷害を受けた

被害者側ですから警察に被害届を出し、その捜査に暴行問題をゆだねている段階では、

発言を控えて警察の捜査の進展を待つのは当たり前のことでしょう。

ですので、日馬富士暴行問題に関して強く批判される事はないように思うのですが。

 

ただ、貴乃花親方は巡業部長や相撲協会理事としての立場もあるので、被害者の立場と

相撲協会の重鎮としての立場の折り合いをつけて、もう少し説明をしていく必要があるの

かもしれません。

 

さて、最後になりますが、記事タイトルに「横綱白鵬も恥知らず態度・行動について責任を

取れ!」と書きました。

白鵬の恥知らずな行動・態度のことを考えると、昨年のリオ・オリンピックのモンゴル人

選手のレスリングの試合(3位決定戦)を思い出します。

モンゴル人コーチ2人が試合の判定に抗議して試合コート上で裸になったのです。

モンゴル人選手はリードしたポイントを温存しようと、残りの試合時間を逃げ回ったという

恥知らずな試合運び、それを減点理由とした審判の正しい判定に対して、あろうことか、

コーチがマット上で裸になって抗議するという恥知らずな行動。

日本人なら絶対にしない行動だと思いますね。

こないだの白鵬の恥ずかしい試合内容、そして当然の負け判定に対する無礼な抗議は、この

モンゴル人コーチと全く同じ行動だと思います。

相撲協会は、モンゴル人横綱には何も言えないのでしょうか。

 

重ねて言いたいですね。

「日本相撲協会はもっとしっかりしろ!」

五輪レスリング判定巡りモンゴルのコーチが下着姿で抗議
毎日新聞2016年8月22日 07時55分(最終更新 8月22日 08時38分)
 レスリングの男子フリースタイル65キロ級の3位決定戦で敗れたガンゾリク(モンゴル)のコーチ2人が判定を不服として、服や靴を脱いでマット上に投げ捨てて抗議して会場が騒然となった。

ガンゾリクは試合終盤までナフルゾフ(ウズベキスタン)をリードしていたが、戦わずに逃げ回ろうとしたために、残り10秒で主審が相手に得点を与えた。ガンゾリクのコーチたちは主審に対し、マット上に服を脱ぎ散らすなどして抗議。もう1人は下着姿にまでなった。2人は10分間にわたって抗議を続けたが、最後は係員に連れ出されたという。

 コーチの1人は「300万人のモンゴル国民が銅メダルを待っていたのに、メダルを持ち帰れなくなった。会場は100%我々を支持していた」と話した。【田原和宏】

〈スポンサーリンク〉