前投稿で「引退届受理」の意味に言及しましたが日馬富士が早々と引退会見!

ただいま、テレビ生中継で「日馬富士の引退会見」が行われています。(福岡・太宰府市内)

なんだ、結局、本日(29日)午前中の日馬富士の「引退届」を受理の「受理」は文字通り

の受理であって、日本相撲協会は引退を認めてしまったのですね。

日馬富士の相撲界における功績は大きいものがあるでしょうが、だからと言って今回の暴行

傷害が帳消しになるものでは決してありません。

私はモンゴル人横綱の行儀の悪さ、恥しらずな態度・行動にはかねてから批判的な立場

でしたが、個人的な恨みがあるわけではありません。

しかし、日本相撲協会は、早々と日馬富士の引退(自己都合退職)を認めるべきではなかっ

たと思います。

何故なら、日馬富士は力士の頂点に立つ横綱の地位にありながら、暴行傷害というとんで

もない事件を起こしたのです。

ですから、懲戒免職処分をしないまでも、日本相撲協会は暴力事件について判断を示し、

その判断の結果として何らかの懲戒処分をすべきだったのです。

そして、暴力事件に対する考えを相撲協会として示した上で、引退届を受理すべきだったと

思いますね。

もうすでに日馬富士は引退(自己都合退職)となってしまいましたが、日本相撲協会は

今回の日馬富士の暴行傷害事件についてしっかりとした総括をすべきです。

ところで先ほどの記者会見の中で、いくつか気になる日馬富士の発言がありました。

その一つに、今回の暴行事件について「暴行は飲酒とは関係ない」と言いきっていました。

ということは、暴行が突発的なことではなく、暴行を前提に貴ノ岩をあの現場に呼び出し、

予定通り暴行に及んだということでしょうか。

だとすれば、その辺のチンピラの制裁と同じと言われてもしようがないのでは。

ところで、引退会見の場では、記者たちの質問は事件の真相に触れないような質問が多く、

今回の暴行事件をズバリ、糺すような質問はなかったように思います。

やっぱり、忖度が働くのですね。

テレビのワイド番組では、日馬富士を「ヨイショする」出演者の話が多いですが、

無理もないか。

会見のライブを見た感想としては、日馬富士の表現力、日本語の熟達度のせいもあるので

しょうが、私には何を言っているのかよくわかりませんでした。

ただ、引退会見の様子を見て、貴乃花親方がもし警察に被害届を出していなかったら、

この日馬富士暴行事件は100%、もみ消されていたと思いますね。

少なくとも相撲協会はもみ消しの方向に動いたと思います。

こうした事を考えると、貴乃花親方が何を目指しているのか、少しわかるような気がしました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。