東名高速追い越し車線で、家族の乗ったワゴン車を無理やり停車させ、夫婦を死亡させた

石橋和歩容疑者(25歳)

23日夜、トラブルのきっかけとなったパーキングエリアで行われた実況見分では、たびた

び、あくびをしていたという。

遺族は石橋和歩容疑者のこんな様子を見て、はらわたが煮えくり返る思いでしょう。

 

東名死亡事故 あくびに遺族「許せない」
10/24(火) 23:05配信 ホウドウキョク

神奈川県の東名高速で2017年6月、車の前に停車させて夫婦が死亡した事故を起こし、逮捕された男の実況見分が23日夜に行われ、あくびをしながら応じる様子に、遺族があらためて怒りをあらわにした。
23日夜の実況見分は、石橋和歩容疑者(25)立ち会いのもと、初めにトラブルになったパーキングエリアで行われたが、その際、石橋容疑者は、捜査員の質問の間、たびたび、あくびをする姿が目撃された。
この様子を見た、この事故で亡くなった萩山嘉久さん(当時45)の母親は、あらためて厳罰を望んだ。
萩山さんの母親は「人間じゃない、本当に人間以下。あくびも見たくない、許せない。気持ち悪い。(顔も)見たくない。皆さんに納得してもらえるような罰則を」と話した。
このあと実況見分は、追突事故があった現場でも行われ、石橋容疑者の車や、死亡した萩山さん夫婦らが乗ったワゴン車などに見立てた警察車両を止めて、当時の状況が確認された。

 

 

〈スポンサーリンク〉

 

この石橋容疑者、逮捕される前のJNNの取材で、「なぜ中井PAから追いかけていった

のか?」という質問に、『やっぱり言われたらこっちもカチンとくるけん。

(中井PAから)普通に高速に出よったから抜かしていったら、後ろからあおられて。

止まれってことだよねと思ったから、そこ(追い越し車線)で止まった感じです』などと、

すべて相手の責任にした発言をしていました。

腹立たしい限りですが、バカでも自分の責任を逃れようとする悪知恵だけは働くんですね。

 

こういうバカな不良のことをネット用語では、「ドキュン(DQN)」と言うらしい。

ドキュン(DQN)の意味を検索すると、「ネット用語の意味まとめ」には、次のように

書いてあります。

 

DQNの意味

「どうしようもない馬鹿・ヤンキー・不良」などのことです。

これという定義はありませんが、
「他人に迷惑をかける馬鹿」や「不良系で見てて恥ずかしいような人」をDQNと言います。

語源はテレビ番組の「目撃!ドキュン」から。
その番組に出てくる人が上記のような人ばかりだったので、
「ドキュン=どうしようもない馬鹿」という意味が定着しました。
なお、ドキュンは銃声のことです。「見つけた!」みたいな番組。

主にヤンキー系の人を表しますが、
近年はDQNの範囲が広くなり、迷惑をかけるオタクもDQNと呼ばれたり。
相手にするだけ無駄なような人全般に使われる。

見た目と性格は違う!という説もありますが、
やはり見た目でDQNと呼ばれる世界。気を付けよう。

 

この解説を読むと、ドキュン(DQN)という言葉は、外道・石橋和歩容疑者に本当にぴっ

たりの言葉です。

ドキュン(DQN)は「相手にするだけ無駄なような人全般に使われる。」と解説されてい

ますが、まさにそのとおり。

石橋容疑者は、「相手にするだけ、無駄な人」で、こんな奴を注意しても全く、無駄な

行為だったわけですが、今回はそのDQNが加害行為を積極的に行ってきたのですから、

被害者はたまったものではありません。

 

きっかけとなったパーキングエリアの石橋容疑者の迷惑駐車。

これって、時々ありますよね。

こんなのを見ると、誰でも「駐車場が空いているのに、何で走行路に停めているんだ。

バカヤロー」と正直、思ってしまうのではないでしょうか。

でも心で思うのと、実際に相手に「迷惑だ!」と伝えるのは別の事。

大方の人は心で思っても、実際には相手に言えません。

こんなことは日常生活でよくあります。

スーパーの駐車場でもよくあります。

やっぱり駐車場はガラ空きなのに、スーパーの入り口に直接、横づけしたり。

またコンビニの駐車場はやっぱりガラ空きなのに、障碍者用の点字パネルの上に駐車した

りとか。

気の毒に二人の娘を残したまま、亡くなった(殺された)父親は勇気があったのと同時に、

他人を信じている方だったのでしょう。

 

しかし、落ち着いて考えると、そもそも、こんな迷惑駐車を見え見えでやっている奴です

から、その時点でまともな人間ではなく、DQNそのもので、関わるだけ無駄な人だという

ことになります。

 

傍若無人なふるまいをして他人に迷惑をかけている人を見ると、本当に許せない気持ちに

なります。

しかし、実際に口や態度に出して注意するとなると、相手が暴力で応じてくることは当たり

前、いきなりナイフで刺してくることもあると覚悟しておく必要がありますね。

最悪、自宅を突き止められ、家族にまで危害を及ぼしてくることも想定しておかねばなり

ません。

こういうことが、皆にわかっているので、実際にDQNに注意する人はめったにいないと

いうことなんでしょう。

ということは、石橋容疑者のようなDQNを常にほったらかしにしておくことになり、

それも腹立たしく、くやしいことです。

何とかならないものですかね。

画像:必殺仕置き人

 

 

 

 

 

 

 

 

マンガやドラマにある「必殺仕置き人」みたいな人を合法的に設置できないかと

夢想したりします。

〈スポンサーリンク〉