今朝のフジテレビ系「新報道2001」で、舛添都知事の

新たな公私混同疑惑が報じられました。

同番組の取材により判明したとのことですが、現職の都知事に

関する疑惑を報じる以上、よほどの根拠があってのことでしょう。

(ちなみに、この報道番組はおもしろいですね。)

舛添氏に新たな疑惑…政治資金でヤフオクの絵画落札か
サンケイスポーツ 5月15日(日)14時40分配信フジテレビ系「新報道2001」(日曜前7・30)が15日、政治資金の公私混同疑惑で東京都庁で釈明会見を行った舛添要一東京都知事(67)について、同番組の取材により、政治資金を使ってインターネットオークションサイトの「ヤフーオークション(ヤフオク)」で、美術品などを購入している疑惑があると新たな「政治とカネ」の問題を報じた。同番組は、舛添氏の平成25年分収支報告書に計上されていた“資料代”のうち、購入元が不明なものに注目。そのなかで、個人との取引6件と法人3件がヤフオクで落札した絵画だということが取材により分かったという。

ヤフオクにおいて“ymasuzoe”というIDの人物と美術品の取引を計3回行ったという出品者に対して取材。同出品者が“ymasuzoe”と行った取引記録と舛添氏の収支報告書を照らしあわせたところ、計上していた領収書の日付は、いずれも計3回行ったヤフオクでの取引終了日の翌日となっており、金額についても出品者の記憶通りであることがわかった。
また、同IDの人物と絵画を取引し、商品の大きさの都合で舛添氏の自宅(事務所)に車で届けたという出品者もいた。
自民党の萩生田光一官房副長官(52)は「ちょっと違和感を感じますよね。ただちに違法性があるわけではないですけれど、一体それを政治活動の何に使ったのか。変動的な価値を持つ絵画を一時的に取得をして、そこに付加価値が乗った場合にどういう処理をするのか、というのが考えるべき事柄じゃないですかね」と話した。
・・・・・・・

 

結局、過去記事『舛添都知事の記者会見を見て、都民・国民はどう思ったか』や『舛添知事の公用車・ファーストクラス問題、舛添知事ファーストクラスは今後も使用。前都知事猪瀬氏批判』で書いたように、

舛添氏に共通する問題点は、お金に対する姿勢だと思います。

「大体、政治資金で、自分の好みの美術品を買うやつがいるか。

自分のお金で買え!」と言いたいですね。

舛添氏はどうも、自分のポケットマネーを使わないで済むのなら、

人の金であれ税金であれ平気でそれを使ってしまうような人に

思えてしまいます。

簡単に言えば、「せこい」「がめつい」「金に汚い」という

言葉が当てはまるのかな。

お金に対してルーズなため、自分が支払うべき場合でも、

「人にばれなければ人の金を使って、自分の金は使いたくない」

と思ったのでしょうか。

東大教員を辞めた頃は反骨の批評家のように、

見えましたが、ここに来て「とんだ馬脚を露(あらわ)した」

ものです。

今日の一言:馬脚を露(あらわ)す

芝居で馬の足の役者さんが姿を見せてしまうという意味から

「ばけの皮がはがれる、ぼろを出す、包み隠していたことが

あらわれる」ということですね。

〈スポンサーリンク〉