病気や事故で早死にした200人の遺族や関係者に取材して、早死にした人の生活習慣を「週刊SPA!」がまとめています。

例えば、早死にした人で「毎朝のジョギングが日課」だった人は、28人/200人でした。

医師の森田氏によると、「脳梗塞、心筋梗塞がいちばん多い時間は、朝6時~8時」ということですので、ジョギング中に、脳梗塞、心筋梗塞で亡くなったということですね。ジョギングは一見、健康に良いように思うのですが、ジョギング中に亡くなる人もあるんですね。

ところで、「事故で早死にする人の生活習慣」ってどんなのでしょうか。事故で早死にする人の直接原因は事故であって、生活習慣ではないですよね。ちょっとわかりません。

次は「早死にした人に共通する生活習慣ワースト10」です。

 

早死にした人に共通する生活習慣ワースト10…風呂好き、寝すぎ、食べたらすぐ歯磨き!?
2016.11.01  <週刊SPA!>
2016年は働き盛りの著名人の急死が相次いでいる。タレントの前田健さん、元AV女優の紅音ほたるさん、最近では“ミスターラグビー”こと平尾誠二さんの死は社会に衝撃を与えた。11/1発売の週刊SPA!に掲載されている特集『早死にする人の意外な特徴』では、病気や事故で早死にした200人の遺族や関係者を徹底取材。何気ない日常生活に潜む意外な特徴について特集している。ここでは、「早死にした人の意外な生活習慣」について紹介しよう。日常の何気ない習慣に潜む早死にの予兆【早死にした人の意外な生活習慣】
1位 風呂が好き…51人
2位 8時間以上睡眠をとっている…49人
3位 食べたらすぐ歯磨きをする…35人
4位 赤ら顔…31人
5位 毎朝のジョギングが日課…28人
6位 趣味がゴルフ…24人
7位 不倫している…15人
8位 平熱が低い(36.0℃以下)…13人
9位 SEXレス…11人
10位 独身…7人
※早死にした30~50代の人の遺族や関係者200人へのアンケート結果をもとにランキング化(複数回答アリ)
・・・・・(略)

 

「不倫している人」が7位(15人/200人)となっていますが、何で?

記事によると、「不倫は妻への罪悪感に加え浮気相手を喜ばせるためにSEXを頑張りすぎてしまう。さらに勃起薬を使用するともなれば、死に急ぐようなもの。」ということです。何かこじつけのようにも思いますが、皆さんはどうでしょう。

7位では、「SEXを頑張りすぎ」が原因とされている一方、9位では、「SEXレス」(11人/200人)が原因とされています。

「SEXを頑張りすぎ」と「SEXレス」は真逆で、矛盾するように思いますが、どちらも「過ぎたるは及ばざるが如し」ということかな。

「極端に性欲がないのも危険。男性ホルモンが減少していることが原因の可能性もあり、その場合、心臓病や糖尿病のリスクが上昇」ということです。これもちょっと、後付けの説明のように思いますが。

「不倫をしている人」が「早死にリスク7位」だと言われても、そのことで、浮気を止めるわけにはいかないですよね。「浮気の喜び・ワクワク感」が生きる励みになっているかもしれませんから。

 

 

 

〈スポンサーリンク〉