〈スポンサーリンク〉

 

アメリカは日本と違って、フリーセックスの国だと思っていたんですが、インターネットで、「ポルノ閲覧が多すぎる」とは。

アメリカでもポルノサイトの需要は多いんですね。「セフレ」がいて相手に不自由していなくても、「ポルノを見ること」とは 別ということか。~関係ないか?~

ニューヨークの無料WiFiスポットで、ポルノコンテンツへのアクセスが多くて、
無料WiFiの運営をやめたそうです。

ポルノ閲覧が多すぎるということも、おもしろかったですが、
記事の以下の点についても、「へえ、そうなんだ」と思った次第。

質問形式にしましたが、みなさん、ご存知でしたか。
【質問1】アメリカのポルノ産業の規模
【質問2】世界のポルノ産業の規模
【質問3】IT先進国のアメリカで、ネットへの接続環境を持たない人はどれくらいいるのか。

最後の質問は大上段に構えて、
【質問4】ポルノ視聴は「人としての権利」か。

 

NY市「ポルノ閲覧多すぎ」で無料WiFiを一部停止
Forbes JAPAN 9月22日(木)15時0分配信

ニューヨーク市は今年、デジタルデバイドを解消するための取り組みとして、市内各所に無料WiFiスポットを設置し始めた。しかし革新的な取り組みには常に、産みの苦しみが付きまとう。無料WiFiサービス「LinkNYC」の運営団体は先週、ポルノ閲覧の多さを理由にウェブ閲覧サービスを中止した。

LinkNYCの運営団体CityBridgeは「WiFiを独り占めし不適切な使い方をしている人がいる」との不満が続出しているのを受け、WiFiスポットの機能を停止すると発表した。ブログポータルのGothamistによると、不適切な使い方の多くは、ポルノ閲覧を指しているという。CityBridgeはプレスリリースで、「無料WiFiは度を過ぎた私的利用を目的としていない」と強調した。

ニューヨーク市長のビル・デブラシオはラジオ番組で「意図しない結果に対処するため、利用中止は適切な方法だった」とコメントした。

New York Magazineの報道によるとCityBridgeはこれまで47万5,000人がサービスにサインアップし、2,100万回超の利用があったという。ネットへの接続環境を持たない数百万人の米国人のために、LinkNYCの活動は始動した。ニューヨーク市の2014年の調査によると、全世帯の27%は自宅にブロードバンド環境がなく、そのうち40%の学歴は高卒未満だった。また、34%は職についておらず、21%は18歳未満、45%は高齢者だった。

ニューヨーク・タイムズは、「家庭でインターネットに接続できない生徒は宿題をすることもままならず、彼らの多くは、図書館やファストフード店などでネットにつないで対処している」と報告した。また、低収入で機動力のない成人も、インターネットが無ければ、日々の生活の維持も難しい。求人情報や公的サービスのほとんどはインターネット経由で提供されている。

ポルノ視聴は「人としての権利」ではない?

そして、公的には誰もそれを推奨していないが、インターネットはポルノ産業を支えている。米国だけでも100から120億ドル(約1兆~1兆2,200億円)、世界では970億ドル(約9兆8,700億円)の収入を生み出している。LinkNYCや他の公共のネットサービスは、ポルノ動画閲覧に使われることを許容していないが、「ポルノへのアクセスが人間の権利か否か」という問題も、この数年間論議されている。

・・・・(以下略)

 

質問3の数字は僕には意外なものでしたね。ニューヨーク市の2014年の調査では、全世帯の27%は自宅にブロードバンド環境がなく、そのうち40%の学歴は高卒未満だったということです。

ニューヨーク市民の約3割がブロードバンド環境を持っていないという数字は意外でした。(もっと普及率が高いと思っていた)

また、その約3割の内、34%の人が職についていないということは、経済的にインターネット環境を維持できないということで、もっともな数字ですね。

そこで日本の場合はということで、総務省のサイトを見ました。ミューヨークの世帯調査の詳細がわからないので、単純に比較はできませんが参考までに。

日本での、パソコンの世帯普及率は、75.8%(平成24年)です。パソコンがあれば、インターネット環境も設置していると考えてよいだろうから、ニューヨークの普及率73%より日本の方がやや高いということになりますね。

 

〈出典:総務省〉

(1)主な情報通信機器の普及状況(世帯)

●情報通信機器の普及が全体的に飽和状況の中、スマートフォン保有が急速に増加

平成24年末の情報通信機器の普及状況をみると、「携帯電話・PHS1」及び「パソコン」の世帯普及率は、それぞれ94.5%、75.8%となっている。また、「携帯電話・PHS」の内数である「スマートフォン2」は、49.5%(前年比20.2ポイント増)と急速に普及が進んでいる(図表4-3-1-1)。

図表4-3-1-1 情報通信端末の世帯保有率の推移

 

さて最後の質問、「ポルノ視聴は“人としての権利”か。」について。

わかりませ~ん! でも、どちらかというと権利に近いのかな?

「ポルノ視聴をしたくなる」のは、間違いなく本能の性欲があるからでしょう。
前にも『高齢者のトラブル相談~第2位はアダルトサイト関連、詐欺サイトに騙されるな!』で書きましたが、 性欲があるということは、大人の人間として当たり前なことで健康な証拠ですよね。

性欲、食欲、睡眠欲はあって当然のことなので、それらは「権利」?

〈スポンサーリンク〉