京都「伊藤若冲」展(細見美術館)と近くのタルトタタンのお店「ラ・ヴァチュール」に行ってきました。
ところで、僕はこの「ラ・ヴァチュール」がそんなに有名なお店とは全く知りませんでした。 京都市美術館の「若冲の京都 KYOTOの若冲展」、圧巻でした!

 

〈スポンサーリンク〉

「ラ・ヴァチュール」は、僕にとっては、単にいつも稽古にいく武道センター(武徳殿)前にある小さな
店で、夜の稽古帰りにはいつも暗くなっていました。お店の名前も??

このブログを書くにあたって、「ラ ヴァチュール (La Voiture)」さんの営業時間を
調べると、営業時間は午後6時までなんですね。

京都市左京区聖護院円頓美町47-5
TEL:075-751-0591
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日

 

「伊藤若冲展」を見た後、武道センターの市営駐車場に向かう途中、
子供たちが「ここ、ユリおばあちゃん直伝のタルトタタン」がある
「ラ・ヴァチュール」という有名なお店だよと教えてくれ、
その由来を話してくれました。

なんでも、フランスの町でレストランを経営していたタタン姉妹が
アップルタルトを作っていたとき、途中で失敗したけど、
まあいいやと煮詰めたリンゴの上にタルト生地を乗せ、
そのあと、ひっくりかえしたら、美味しいお菓子が出来上がったとのこと。

これがタタン姉妹の名前をとった現在の有名な「タルトタタン」になったということ。

昨日の土曜日は混んでいて、撮影がはばかられたので、写真は一切なし。
でも、普段の日中はよく空いていたと思います。
だけど、最近は観光客がずいぶん増えたので、土日以外でも混んでいるかも。

店の壁際のテーブルには「ユリおばあちゃん」の可愛い写真が飾ってありました。
この「ユリおばあちゃん」が「タタン協会」から、その「タルトタタン」の正当性を
認定された唯一の日本人とのこと。

「エッお味は?」もちろん美味しかったですよ。
美味しかったので、「タルトタタン」の持ち帰りを頼みました。

武徳殿2016年9月武道(剣道)のメッカ、京都武徳殿正面。ホントに立派な道場です。「ラ・ヴァチュール」のお店からも見えます。

 

「ラ・ヴァチュール」の左隣には、別の喫茶店があるので間違えないようにね。
こっちは練習帰りにしょっちゅう寄っていたんですが、ランチなんかリーズナ
ブルで、タクシーの運転手さんが良く利用されています。

さて、「伊藤若冲展」の方もよかったです。
ただ、水墨画がほとんどでしたので、ちょっと迫力に欠ける感が僕にはありました。

img003img004       入館の際にもらったパンフレット

ところで、この「細見美術館」の「伊藤若冲」展は残念ながら今日までです。
次は京都市美術館で「伊藤若冲」展が開かれるそうです。(日程は調べてくださいね。)

でも京都市美術館も岡崎にありますので、タルトタタンのお店「ラ・ヴァチュール」には
歩いて行ける距離ですよ。

〈スポンサーリンク〉