別居中の夫に無断で凍結保存しておいた受精卵を移植した妻!出産した女児の父子関係は?

可哀そうなのは産まれてきた子供

この度、原告男性が、奈良家裁に元妻の子供が自分の子供ではないことの確認を求めていた

裁判(父子関係不存在の訴え)で、男性側の訴えを却下する判決が出ました。

どういう事件かというと、最初は夫婦で凍結保存していた受精卵を、妻が夫に無断で自分の

子宮に移植し、その結果、女児を出産したのです。

そこで、夫が産まれた女児と自分との間に父子関係がないことの確認を求めて起こした

訴訟で、奈良家裁が15日、奈良県内のこの原告男性(46歳)の訴えを却下する判決を出

したのです。

その判決理由は「体外受精に夫の同意がなくても、妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する

民法の規定は及ぶ」というものでした。

民法772条の嫡出推定の規定(妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する)に添った

判決です。

嫡出推定は、普通の夫婦間においては当たり前の推定です。

仲の良い円満な夫婦に待望の赤ちゃんが産まれたとき、父親は夫の子ではないかもしれない

などと、誰も考える必要がないからです。

しかし、法的にはまだ夫婦であっても、現実には夫婦関係が破たんしている場合、いろいろと

ややこしいことになります。

今回の夫婦の場合、妻が体外受精で出産する頃には、夫婦は別居していたのです。

それに何といっても、夫の方はもう、この妻と運命共同体になるのはご免こうむりたいと

いうことなんでしょう。

そうなのに、奈良市内の婦人科クリニックは2014年、凍結保存していた受精卵を、妻の

求めに応じて、夫には無断で移植して女児が産まれたのですから、夫の方は頭にきても

当然でしょう。

この点、夫の同意も確認しないまま、体外受精をした婦人科クリニックの医者は非常に

愚かとしかいいようがありません。カエルの発生を実験しているわけではないのですから。

一方、妻の方はどんな思いで、夫に内緒で女児を産んだのでしょうか。

もう、夫婦関係が破たんし、別居している夫の子供をわざわざ体外受精で産むのは、

もしかしたらこの夫と別れるのが嫌で、夫をつなぎとめる手段として女児を産んだの

かもしれません。

夫の気持ちもわかりますが、さりとて、遺伝的には100%自分の子供ではあるわけで、

父子関係を完全に否定するのも、無理があるように思います。

まあ、総合的に考えると、事実上、夫婦関係が破たんしていたのに夫の同意を得ずに、

妻が勝手に体外受精を経て女児をもうけたのですから、夫に子供の扶養義務を負わせるの

は無理があるように思います。

ということで、どちらかというと夫の訴えを認めるかな。

でも可哀そうなのは、生まれてきた子供さんです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。