可哀そうでならないです。こういう記事を読むと。

昨年、4月に夢膨らませて入社したのに、その年のクリスマスの日に死を迎えたのです。

 

電通の女性新入社員自殺、労災と認定 残業月105時間

朝日新聞デジタル 10月7日(金)21時50分配信

 

 広告大手の電通に勤務していた女性新入社員(当時24)が昨年末に自殺したのは、長時間の過重労働が原因だったとして労災が認められた。遺族と代理人弁護士が7日、記者会見して明らかにした。電通では1991年にも入社2年目の男性社員が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした裁判で最高裁が会社側の責任を認定。過労自殺で会社の責任を認める司法判断の流れをつくった。その電通で、若手社員の過労自殺が繰り返された。

亡くなったのは、入社1年目だった高橋まつりさん。三田労働基準監督署(東京)が労災認定した。認定は9月30日付。

高橋さんは東大文学部を卒業後、昨年4月に電通に入社。インターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属された。代理人弁護士によると、10月以降に業務が大幅に増え、労基署が認定した高橋さんの1カ月(10月9日~11月7日)の時間外労働は約105時間にのぼった。

 

亡くなる前の1か月の時間外労働は105時間に上りました。週5日勤務とすると、1日当たり5時間の時間外となります。夕方5時終業とすると、毎日、夜の10時まで働いていたのです。ひどい状況です。

 ただ、こうした時間外労働の実態は民間企業だけではありません。学校の教員も似たような状況に置かれています。私も妻もそんな時期があったし、子供もそんな状況です。(決して良いことではなく、今すぐにでも改善すべきことです。)

 ですので、このようなニュースを見ると本当に他人事には思えません。教員をしている我が子の身体を本当に心配しています。大切に育てた可愛い我が子を失った親の悲しみは、はかり知れません。

高橋さんは昨年12月25日、住んでいた都内の電通の女子寮で自殺。その前から、SNSで「死にたい」などのメッセージを同僚・友人らに送っていた。三田労基署は「仕事量が著しく増加し、時間外労働も大幅に増える状況になった」と認定し、心理的負荷による精神障害で過労自殺に至ったと結論づけた。

電通は先月、インターネット広告業務で不正な取引があり、広告主に代金の過大請求を繰り返していたと発表した。担当部署が恒常的な人手不足に陥っていたと説明し、「現場を理解して人員配置すべきだった」として経営に責任があるとしていた。高橋さんが所属していたのも、ネット広告業務を扱う部署だった。

電通は00年の最高裁判決以降、社員の出退勤時間の管理を徹底するなどとしていたが、過労自殺の再発を防げなかった。代理人弁護士によると、電通は労基署に届け出た時間外労働の上限を超えないように、「勤務状況報告書」を作成するよう社員に指導していたという。電通は「社員の自殺については厳粛に受け止めている。労災認定については内容を把握していないので、コメントは差し控える」としている。

 

三田労基署は、心理的負荷による精神障害で過労自殺に至ったと結論づけました。いわゆる、うつ状態になっていたのでしょう。
東大卒ということですから、小さいときから学業成績もトップだったはず。そして真面目で責任感の強い人だったと思います。

こんな優秀でまじめな人がどうして死を選ぶしかなかったのでしょうか。他に方法はなかったのでしょうか。

私は以下のようなことを思いました。
➀自分の精神状態を病気と認識できていたのでしょうか。そして、心療内科等、受診していなかったのでしょうか。
➁SNSで「死にたい」というメッセージを周囲に送っていたとのこと。友達等を決して責めるわけではないですが、どんなアドバイスができていたのでしょうか。
➂彼女を救うための一番の方策はその仕事から解放することです。上司の人は彼女の状況をどう、理解していたのでしょうか。
➃彼女の一番の苦しみは、「自分自身の孤立無援の状況」だったのではないでしょうか。やってもやっても、終わらない仕事とそれを助けてほしいと言えない自分と会社の状況。真面目な彼女は自分の肩にのしかかってくる責任感に押しつぶされていったのではないでしょうか。

➄うつ病にかかった本人は、そのことをなかなか親には言えません。まじめで責任感が強くプライドもあるので、親には言えないのです。でも、家族の応援・協力は、実は大変大きな力になります。彼女は家族に自分の精神状態を伝えることができていたのでしょうか。

うつ病には真面目で責任感の強い人がかかりやすいと言われています。例外もあるでしょうが、私の経験からもそう思います。

会社に行くことが苦痛で、うつ病にかかってしまい、死にたいと考えるようになっている人は、死んだ気になってその会社を辞めたらどうでしょうか。

人の生き方はその会社だけで決まるものではありません。生きる場所はその職場だけではありません。「エイヤッ」とその会社を辞めても、次の人生は必ずあるはずです。

高橋まつりさんの場合、彼女のSNSを見ると上司のパワハラ(実質、いやがらせ、いじめですね)が彼女を追い詰めた一番の原因のように思います。仕事が大変でも、上司の理解や同僚の協力があれば、まだ心は納得できます。しかし彼女の場合はその逆だったのですね。悔しいことだけど、自分から会社を辞めるという選択ができておればなと思います。

 

今の会社を辞めるわけにはいかないと考えている人は会社に行く前にこう、唱えてください。

「今日もいいことあるぞ!きっといいことあるぞ!」と声に出して唱えて、自分に語り掛けてから、会社に向かうのです。

 

〈スポンサーリンク〉