高3秋に数学偏差値29で、一浪して東大に合格した杉山奈津子さんの暗記力の話

「偏差値29から東大合格」杉山奈津子さんが捨てた学校の授業、予備校、人の評価というニュースを見ました。

この記事について、まずは「ホントかな」と思ったのが私の本音。でも本当なんですよね。 杉山奈津子さんが、ご自身の体験に基づき、『偏差値29でも東大に合格できた!「捨てる」記憶術』を書いているのですから。

そこで、これが大多数の人に通用するかどうかが私の関心事。

というのも、暗記力は、入学試験、資格試験などあらゆる試験に必要だからです。

この『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』という本は、著者の杉山奈津子さんの実体験から生まれたものです。高3の秋に数学の模試で偏差値29だった杉山さんが、独学で一浪して東大に入ることができた常識破りの方法とは、ずばり「捨てる」こと。どういうことでしょうか。

彼女が言うには、

週刊女性PRIME 10月9日(日)16時0分配信

「記憶力が悪いから」ではなく「覚え方が悪いから」
「生まれてこの方、頭がよかったなんていう自覚は持ったことはありません。
センター試験の日本史では、100点満点で21点を取ってしまいました。自分の記憶力の悪さにアキレましたね。
でも、『頭が悪いから成績が悪い』『記憶力が悪いから覚えられない』、これは誤解です。成績が悪いのは頭が悪いからではなく、勉強の仕方が悪いから。覚えられないのは、覚え方が悪いんです。覚え方を変えれば多くのことを暗記できるようになるんです。

ではその覚え方とは、具体的にどうするのでしょうか?そこを知りたい!

私にも暗記力は切実な問題です。暗記力さえ良かったら、英語の辞書を引く手間も省けます。

以前、『セックスすると中高年の記憶力が向上するという研究結果あり!あやかりたい。でも本当?』でも、少し暗記力に触れたことがあります。

でも、この研究成果は中高年の暗記力の問題であって、東京大学に合格するというレベルの話ではありませんでした。研究レポートが、「中高年はセックスすると記憶力に良い」と言っているのは、積極的な生き方をしている人の方が暗記力に良いということでしょう。

ところが、多くの人の暗記の仕方というのが、点数の高いものも低いものも、出題頻度の高い問題も低い問題も焦って一気に覚えようとしている。そうではなくて大切なものから順番に詰めていく、いらないものは捨てていく。そういう取捨選択をできていない人が多いという印象を受けました。
そこで、この本では捨てることを推奨しました。わりとみんな捨てたがらないんですよ。なので(勉強が)全然進まない。本当は捨てるからこそ、かえって早く覚えられるのに」

具体的なことが、少し書かれています。
〇大切なものから順番に詰めていく、いらないものは捨てていく。そういう取捨選択をすること。 

私が思うに、暗記のときって、いつも木を思い浮かべるんですよ。木があって、幹があって、枝があって、枝が分かれていて、葉っぱがあってって……。
もちろん、幹の部分が大事なわけですよね。受験に出る確率が80%だったりする重要単語も決まっているじゃないですか。葉っぱが出る確率は、1%あるかないかとか、そういうものだったりするんです。
にもかかわらず、教科書には幹と葉っぱが同じページに並列して並んでいる。なので一緒に覚えてしまうし、全部覚えないといけないように感じてしまう。あまり復習を前提としていませんね。一気にそこを覚えないといけないと考えている。1回その問題集をやったら見返さない感覚。
私は1冊を何回も何回もやります。だから、いらないものは後でやればいいやとすごく取捨選択をするんですね。暗記のうまくない人っていうのは、完璧主義的なところがあるのではないでしょうか。重要度がまるで違うのに、すべて同じように覚えなければいけないと思ってしまっている。
アバウト暗記というか、木の全体像を見ることが重要なんです。・・・

〇暗記には重要な部分があるのでそこを覚える。

〇アバウト暗記というか、木の全体像を見ることが重要なんです。

〇参考書を何回も何回もやること。(反復すること)

う~ん。
おっしゃっていることは、なるほどと思います。確かに暗記する事柄には優先度がありますよね。やみくもに詰め込むのではなく、大事なことから覚えていく。

でも、私が知りたいのは、その「覚えていく」にはどうしたらいいのかということなんですが。

皆さん、取捨選択はできると思うのですが、選択した重要項目を「覚える」ことに苦労しているんですよね。

この杉山奈津子さんは、中学生の頃から、重度のうつ病に苦しんでいたということです。うつ病になると、一般にすべての事柄に対して意欲が無くなり、集中力もなくなります。

私の勝手な推測ですが、彼女は本来、恵まれた暗記能力を持っていて、うつ病が快復することで、それがいっきに花開いたのではないでしょうか。

この記事からだけでは、実際に暗記力を増強するための「覚え方」はわかりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。