これまでも学校の長時間労働に関する投稿をしましたが、昨日も下記のような学校の長時間労働に関するニュースがありました。

このように、たびたび、学校の長時間労働が問題にされるのですが、改善には至りません。

長時間労働の実態

<中学教諭残業増>部活、授業増加響く「電通だけじゃない」

ある教員の一日

文部科学省が28日に2016年度の教員勤務実態調査結果(速報値)を公表し、国が示す「過労死ライン」に達する週20時間以上の「残業」をした教諭は中学校で57.7%、小学校で33.5%に上ることが明らかになった。部活動や授業の増加が主な要因。1週間の平均勤務時間は、06年度の前回調査に比べ、中学校教諭で5時間12分、小学校教諭で4時間9分増えた。現場からは「ひどいのは電通だけじゃない」と悲鳴が上がっている。

調査は16年10~11月、全国の公立小中学校各400校の教員約2万人に連続7日間の勤務状況などを尋ね、小学校8951人、中学校1万687人から回答を得た。

小中とも校長や副校長・教頭、教諭など全ての職種で10年前より勤務時間が増え、1週間あたりの平均勤務時間は中学校教諭で63時間18分、小学校教諭で57時間25分だった。中学校教諭が土日の部活動に関わる時間は2時間10分と、10年前の1時間6分から倍になった。

職種別で1週間の勤務時間が最も長かったのは小中とも副校長・教頭で、中学校が63時間36分(06年度比2時間27分増)、小学校が63時間34分(同4時間29分増)だった。管理職としての事務作業やトラブル対応が増えているのが要因という。

〈関連投稿〉
教員志望必見!衝撃の匿名ダイアリー「教育困難校に勤務…もう無理」解決方法は?
新任教員の時間外労働は月平均で90時間!時間外労働の平均が「過労死ライン」を超えている!

40代の中学校教員は午前7時前には出勤していますが、決して誇張ではなく、教員の内、何人かは出勤して保護者からの電話対応をしています。

午後3時半くらいに授業が終わるのですが、その後は職員会議や学年会議があり、会議がなければとりあえず、その日の生徒の提出物のチェックや小テストの採点、出欠の管理等を行い、それが済めば部活指導にいきます。

中学校では、部活指導をだいたい、夕方6時~6時半ころまで行います。高校の運動部ではもっと長時間の指導を行うのが普通で、野球部など夏時間には夜8時頃までは練習していました。

中学校の部活の終了時間が高校より、少し早いのは義務教育だからでしょう。

それに、運動部は普通、土曜日・日曜日には練習や試合、そして遠征をすることも多いです。

高校で都道府県を代表するような運動部は、特に土・日の練習試合は多いですね。

最近は、学校における長時間労働が問題になっているので、教育委員会からはなるべく、時間外労働はさせるなと管理職に指示がきます。

 

〈スポンサーリンク〉

 

しかしながら、学校はサービス業ですので、生徒に手厚い教育をしようとすれば、勤務時間内に仕事を終えることは不可能です。

サービス業は、老人福祉であれ、障害者福祉であれ、保育所であれ、小学校であれ、大勢の指導者・教員が少人数の生徒やクライアントを受け持てば、手厚く親切なサービスを提供できます。

学校も、もう少し少人数のクラスが良いのですが、経済的に無理な話で、日本では40人学級が基本になっています。

学校の長時間労働の特性

学校では民間のブラック企業のように、上から過重労働を強いられるということはあまりありません。

教師は基本的に子供を大好きですし、そうでなければ教師は務まりません。

ですので、教師は子供のためにいつも一生懸命で、生徒に悩みがあれば相談にのってやりたいし、勉強のわからない子には個別指導もしてやりたいのです。部活動にも積極的に出て、子供たちを指導してやりたいのです。

ところが学校のスケジュールを前出のグラフで見てください。放課後、会議があろうものなら、その日の勤務時間は会議で終わってしまいます。

会議は普通、午後4時から始めますが、最低5時まではかかります。時には会議がバッティングして、会議の後に別の会議を入れることもたびたびあります。

こんなわけで、会議があれば、会議終了後に、グラウンドや体育館に出て部活指導を行います。早ければ6時半ころ、職員室に帰ってきて、それから小テストの採点や、会議の資料つくりや、小学校なら児童全員の連絡簿に記録をしたりします。それから教材研究もして、明日の授業の準備・授業用のプリントつくり等をしなければなりません。

会議がない日は、その分、部活指導が増えることになります。

では、超過勤務をしないために、勤務時間通りの仕事をしたとしましょう。この場合は基本的に授業だけはちゃんとやるというスタンスになります。

でもこのような勤務をすることは現実には不可能です。

高校なら授業とは別に進学講習をしていますので、それを勤務時間内に終了することはできません。だからと言って、進学講習をやらなかったら、保護者からの苦情が多数出てくるので、現実問題として、進学講習をしないわけにはいきません。

このように、現在の全国の教員のやっている仕事の量は、勤務時間内には絶対に納まらない量なのです。

教師がより質の良いサービスを子供たちにしてやろうとすると、それがすべて時間外勤務になるのです。法定の勤務時間内には、授業と最低限の会議だけしか、入らないのです。

高校では、進学のために週3回~4回は7時間授業をやっていて、授業が終了するのは午後4時40分くらいです。勤務時間は5時15分までなので、本当は部活指導だって勤務時間内に終了することはできません。

このような状況下で、教師は自主的に時間外労働をやっているのです。だから、過労死ラインを超える教師が57.7%もいるのです。

教師の時間外労働を解消するには、保護者を含めた社会的なコンセンサスを必要としているのです。

・・・(略)

多忙化の背景には、授業時間の増加がある。旧学習指導要領に基づく教育課程(カリキュラム)だった06年度に比べ、小学1~2年で授業時間(1単位時間45分)が2時間、小学3~6年と中学の全学年で1時間増えた。次期学習指導要領では小学英語の正式教科化に伴い、小学3~6年でさらに1時間増える。

・・・・(略)

◇「休みは月に1、2回」

「完全な休みは月に1、2回。ずっと忙しい」。千葉県内の公立中で数学を担当する40代の男性教諭はため息をつく。

出勤時間は午前6時50分。教務主任として各部活動の「朝練」の欠席連絡を受ける業務をこなした後、授業が始まる。放課後は顧問を務める柔道部の指導で汗を流すと、再び教務主任として各学級の時間割などを調整し、午後8時にようやく校門を出る。部活は土日もあり、土曜は午前練習。日曜は大会が多く、朝から昼過ぎまで拘束される。

愛知県内の公立中の30代の男性教諭は「提出書類が多く、いつも何かの報告や説明を求められる。運動部の部活動は、参加する大会の数が確実に従来より増え、顧問は土日がなくなる」と話した。また、40代の男性教諭は「今はいじめも現場では把握しづらいソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で起きるなど、教員の対応範囲は確実に広がっている。仕事は増える一方で何かを減らすという発想はない。でも『子どものため』と言われるとやらざるを得ない」と嘆く。

 

・・・(略)

〈関連記事〉
〈スポンサーリンク〉