1 正月に初詣をするのはなぜ?

勉強しました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

〈出典:Wikipedia 初詣〉

初詣の歴史

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった。
江戸時代末期までの元日の社寺参拝としては、氏神に参詣したり、居住地から見て恵方にあたる社寺に参詣(恵方詣り)したりといったことが行われた。

「年籠り」形式を踏まず、単に寺社に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治中期のこととされている。
また、氏神や恵方とは関係なく、有名な寺社に参詣することが一般的になった。俳句で「初詣」が季語として歳時記に採用されたのは明治末期であり、実際に「初詣」を詠んだ俳句が登場するのは大正時代以降であるという。
また現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方がある。これを二年参りという。

近代以後の変容:恵方詣りから初詣へ
江戸時代までは元日の恵方詣りのほか、正月月末にかけて信仰対象の初縁日(初卯・初巳・初大師など)に参詣することも盛んであった。研究者の平山昇は、恵方・縁日にこだわらない新しい正月参詣の形である「初詣」が、鉄道の発展と関わりながら明治時代中期に成立したとしている。
関東では、明治5年(1872年)の東海道線開通により、従来から信仰のあった川崎大師などへのアクセスが容易になった。
それまでの東京(江戸)市民の正月参詣は市内に限られていたが、郊外の有名社寺が正月の恵方詣りの対象とみなされるようになった。また、郊外への正月参詣は行楽も兼ねて 行われた。平山によれば「初詣」という言葉は、それまでの恵方詣りとも縁日(21日の初大師)とも関係のない川崎大師への正月参詣を指すのに登場したといい、1885年(明治18年)の『万朝報』記事を管見の初出と紹介している。
鉄道網の発達に伴い、成田山新勝寺など郊外・遠方の社寺にもアクセスは容易となり、また京成電鉄や京浜急行電鉄、成田鉄道(現・JR成田線)など、参拝客輸送を目的として開業された鉄道会社も登場した。競合する鉄道会社間(国鉄を含む)では正月の参詣客を誘引するために宣伝合戦とサービス競争が行われた。当初は鉄道による有名社寺への「恵方詣り」の利便性が押し出されたが、年ごとに変わる恵方に対して「初詣」という言葉がよく使われるようになり、大正時代以後は「初詣」が主に使用されるようになった。

関西では、もともと恵方詣りは元日よりも節分に盛んに行われていた。鉄道会社の集客競争の中で正月参詣にも恵方が持ち込まれるようになり、関西の人々は節分のほかに元日にも恵方詣りを行うようになった。しかしながら、鉄道会社が熾烈な競争の中で自社沿線の神社仏閣をめいめいに恵方であると宣伝し始めたため、やがて恵方の意味は埋没した。大正末期以降、関西では方角にこだわらない「初詣」が正月行事の代表として定着した。

|なぜお正月に初詣をするか知ってますか?
・・・・・・・・・

正月の神様を迎える
年が改まると、まったく全てが新しく感じられるものです。
たった一夜明けるだけなのに、どうしてなのでしょう。
お正月とは、家に歳神様をお迎えする大切な行事でもありますから、神棚がある家は家族全てが揃って拝礼したようです。
神棚が無い場合は「鏡餅」が歳神様の拠り処とされていますが、鏡餅に拝礼はしないようですよね。
神棚の有無に関わらず、『初詣』は地元の神社に参るのが習わしのようです。
家の神様と神社の神様
家に歳神様をお迎えし、感謝してお祈りした後で、神社への参拝をします。
なぜ二度も神様に参拝するのか、と言うと、家にお迎えする年神様と神社の神様は別の神様だからです。
家にお迎えする歳神様は「祖先神」と考えられています。
つまり、自分の祖先を神様としてお迎えするのですから、大きく見たら内々のこととも言えるでしょう。
地元の神社に祀られている神様は、その土地の様々な由来を持つ神様で、その地の人々を守ってくださっていると、考えられているのでしょう。
まず、家族全員で歳神様を家にお迎えして感謝し、そして家族揃って地元の神様を拝礼に行く、という風習があったようです。
最近では地元の神様より、ご利益の大きそうな有名神社などへの参拝が多くなっているようですが…。

晴れ着と参拝
筆者の若い頃には、渋谷在住だったこともあり、「明治神宮へ初詣」でした。
元旦を迎えて、暮れの内に新調してもらった和服を身に着け、家族揃ってお参りする習慣がありました。
それぞれの家で新年の習慣はあるでしょうが、「初詣」は「何とはなしに」続いている人も多いのでしょう。
家族ではなく、友人達と着飾って楽しく初詣するグループも居るようですし、様変わりしているのでしょうか。

年が改まると、何もかも新しく改めたくなるのが日本人の性格のようです。
衣服なども、「下着から全て新しいものを身に着けるもの」という考え方もあるようです。
それがお正月の楽しみでもあるのですから、年老いてきた現在でも、何か新しいものを身に着けることは続いています。
考えてみれば、新しい年に新しい気持ちでお参りする際に、古いものではなく新しいものを身に着けるのは、理に適っていることですよね。

初詣は何時行く
昔は「除夜詣」と「元日詣」とあったようですが、「元日詣」が現在の初詣の原型と言われていて、明治中期頃からの習慣になったようです。
大晦日に除夜の鐘を聞いて、それから改めて参拝する「二年参り」の形もあったとか。
現在では、両方共に行う初詣をテレビ中継などで見ることはできますね。
でも大抵の家庭では、元旦は朝寝してゆっくり起床し、遅めの朝食を家族で囲む、というのが正月の始めの日の過ごし方では多いのではないでしょうか。
それから初詣する家もあり、三が日の都合の良い日にお参りする家もあって、様々な様子です。
自宅から見たその年の恵方参りとしての神社への参拝もあったようですが、次第にその意味は薄れていったとか。
寺社への参拝では、各々の参拝形式にしたがってお参りします。
「お守り・破魔矢・熊手」などを受けたり、絵馬に願い事や目標を記したり、今年一年が良い歳であることを祈願します。

 

2 初詣の行き先は、お寺と神社の二通りありますが、どちらが本式なの?

初詣は、お寺と神社のどちらでもよくて、優劣、本式・略式の別はありません。

寺でも神社でもかまわないのは、明治初期の神仏分離以前の考え方であった「神道と仏教や祖霊信仰の一体化・神仏習合」の一般化によるものだそうです。

 

では明治以前の神道と仏教はどうなっていたのでしょうか。

もともと日本では、明治初期の神仏分離令が発布されるまで、神仏混淆(神仏習合)の文化が

1000年続きました。

神仏混淆(神仏習合)というのは、神と仏は同じものであるとして、神道と仏教を調和させよう

とする考え方のことです。

もちろん、日本に最初からあったのは神道であり、仏教はインドで起こった後、それが日本に伝

来し既存の神道と融合したのです。

 

その結果、奈良時代には神社に神宮寺がつくられました。

平安時代になると、個々の神をそれぞれ仏と結びつける本地垂迹説(ほんぢすいじゃくせつ)

が現れ、神社に仏像を置いたり、お寺に鳥居を建てたりしました。

本地垂迹説というのは日本の神は本地である仏・菩薩が衆生救済のために姿を

変えて、迹(あと)を垂(た)れたものだという神仏同体説のことです。

平安時代に始まり、明治初期までは日本人にとって当たり前の考え方でした。

日本人の精神の柔軟性を証明する考え方だと思います。

一方、神仏分離は、維新直後の明治新政府の宗教政策の一つであり、神道国教化を目指して慶応

4年(1868年)に神仏分離令が公布されました。

 

ということで、初詣はお寺、神社のどちらでもいいということですね。

もともと、神社とお寺は同体のものだったのですから。

3 地元の寺社と有名寺社ではどっちを優先したらいいの?

江戸時代に広まったとされる「初詣」の習慣は、地元の神社へ参拝して、昨年の感謝を捧げて今年一年の無事を祈願したものです。

交通機関の発達によって、有名神社への参拝が定着したのは戦後のことだそうですが、身近な神社に初詣も心洗われる思いがする行事です。

 

一方、身近な神社すなわち、氏神様を優先すべきだという考え方もあります。

普段の生活圏内をお守りしていただいている神様にまず、感謝をささげるというのは一理ある考

え方です。

4 初詣する期間はいつまでか?

また、初詣には期間も特定されていないようで、三が日以外の1月中でも初詣と考えられるとか。
一般的には松の内に参拝することが多いようですが、新年の挨拶を交わしたり、年賀状のやり取りをすることと、同様に考えられているのでしょう。

〈スポンサーリンク〉