子供の日を前に車を運転中、落石が軽自動車の助手席を

直撃。

助手席の女子大生が亡くなられました。

車を運転していた親は胸の張り裂ける思いでしょう。

まず、ご冥福をお祈りします。

朝日新聞デジタル 5月4日(水)21時32分配信
落石が助手席を直撃、女子大生が死亡 島根の県道

4日午後3時55分ごろ、島根県邑南(おおなん)町戸河内の県道で、「走行中の車に落石があった」と通りかかった女性(38)から119番通報があった。県警によると、石は直径約1メートルで、広島市安佐南区の会社員栗原浩美さん(52)運転の軽乗用車助手席を直撃していた。娘の山口大1年生、優奈さん(18)が全身を強く打って病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

川本署によると、現場は島根県浜田市と広島県三次市を結ぶ片側1車線の主要地方道。山間部で、道路に斜面が迫り、川に沿って緩やかなカーブが続いているという。石は道路横の斜面から落下したという。

川沿いの道路に斜面が迫っていると

いうような場所は、海岸沿いの道路も含めて

至る所にあります。

そして、必ずと言っていいほど、そういった場所には

『落石注意』の立て札があります。

しかし、運転中にそうした危険箇所を通るとき、

『落石注意』の注意書きを一瞬見たとしても

どのように、注意したら良いのでしょうか。

「落石注意」のしようがない。

そうした危険箇所は通らないということ

しか方法はないと思いますが、かといって

そこしか道がないのです。

運がなかったと納得するしかないのでしょうか。

〈スポンサーリンク〉