青森県が県内の高校3年生に地元就職を勧めるために、
「31歳で、結婚していて、子供2人いて、頭金なしで
2722万円の1戸建てが買えるよ。」と案内しているようです。

なるほど青森県の土地は大都市周辺よりは安いでしょうが、
それにしてもこの案内は税金使って作るほどの意味があるのと
一読して思ってしまいました。

そもそも今の若い世代の正規雇用者は以前に比べ、随分と
減っており、結婚そのものも経済的に無理な状況が生まれています。

高校生に夢を持たせようとするのはいいですが、現実離れしていては
子供たちの心を動かすことはできません。

県民からの現実離れしているとの指摘に対し、県側は「あくまでモデル。
個々の人生は当然異なる」と釈明しているようです。

実現不可能な、仮に実現できたとしてもトップクラスの人たちにしか
適合しないようなモデルは無駄としかいいようがないように思うのですが。

県内在住のファイナンシャルプランナーが監修したシミュレーションだという
ことですが、きっと机の上で数字だけを操ってできたものではないかな。

31歳で貯蓄933万円?マイホーム? 青森県想定「現実離れ」 31歳、子ども2人の世帯貯蓄は933万円。頭金なしで2722万円のマイホームも買える-。高校3年生に地元就職を勧める青森県のリーフレットに、こんなシミュレーションが載っている。「現実の県民生活からは程遠いプランなのでは」との疑問の声に、県は「あくまでモデル。個々の人生は当然異なる」と釈明している。

【図解】青森県で就職した場合の人生設計は?

「なるほど地元就職」と題したリーフレットは、A3判二つ折り。6000部を作製し、就職説明会などで配布している。高校卒業後に青森、東京でそれぞれ就職し、結婚後も共働きする二通りの人生を紹介。青森の方が経済的にゆとりがあると訴える内容だ。

県内在住のファイナンシャルプランナーが監修したシミュレーションは表の通り。国の2015年家計調査では、青森市の勤労者世帯の貯蓄額は503万円。だが、プランでは31歳で1.9倍近くたまる計画だ。

年収と不動産価格は国の公表データを基にしたが、結婚後も実家暮らしを続けたり、2722万円の一戸建て住宅を頭金なし、年間約100万円を返済する35年ローンで購入するなど、都合のいい設定も目立つ。

・・・・・(以下略)

子供が2人もいて、貯金が933万円もあるとは、私の経験からはどこの
お坊ちゃまの話?という感じですね。

それにこんな夢物語に近いシミュレーションが掲載されたリーフレットに
ゴーサインが出たところなんか、お役所仕事の臭いがプンプンです。

〈スポンサーリンク〉