「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?~「間違いです」

“「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?”という記事がありました。
「字が汚い人」ほど頭がいいという話は、なぜか昔からありますよね。
なんでかな。

〈質問〉字が汚い人は頭がいいですか。

《回答》YES or NO   皆さんはどう思われますか。

答えは「間違い」です。
なぜなら、「字が汚い人」の中には、頭のいい人もいれば、頭の悪い人もいるからです。

実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?
ダ・ヴィンチニュース美文字の秀才と、悪筆の天才「字が綺麗なひとって賢そうな印象がありますが、林修先生によると『本当に頭がいい子ほど字が汚い』のだとか。どうなんでしょうか」と編集部からメールが飛んできたので、私(幼少時は字が綺麗と親からも先生からも褒められるよい子だったのに、大人になった現在、取材ノートは自分でも読めないのが困る)の思うところをお答えします。林先生が説く「東大合格者トップ層は字が汚く、2番手グループは字が綺麗」には、私にもなんとなく実感があります。その昔、中学受験塾や美大受験予備校で国語や英語、現代文や小論文を指導していたころ、毎日のように生徒の小テストや作文を採点したり、授業中にノートを見回っていたりした私には一つ発見がありました。「勉強の出来る子には2種類いる。粒ぞろいの綺麗な字を書く秀才と、本人にしか(本人にも)読めない謎の象形文字を書く天才の2種類が」。

僕は東大卒業でもないし、僕の周りにも東大出身の同僚はめったに
おりませんでした。

教えた生徒の中に、東大医学部を現役で合格した子がいましたが
、字はきれな子でした。

林修先生はその東大の学生を一流とその2番手について論じているので
僕には果たしてそれが本当かどうか知る由もありません。

ただ、はっきりしていることは、『学力が本当に低い子は、字は間違いなく
汚いです』

逆に『普通に学力の高い子は間違いなく字はきれいです。(書道的に上手かどうかは
別にして、しっかりとした字で読みやすい)』

幼い子供さんや小学生をお持ちの方はできるだけ字は丁寧に書くように
指導された方が良いです。

丁寧に書くというのは、スポーツで言えば基本練習のようなものです。
まだ幼い時から、落ち着いて丁寧に自分の考えをノートに書いていくことは
学力をつけるための基本練習に相当します

今は小学生も指導していますが、学力の低い子は漢字の書き順も
乱れています。

僕は天才がどのような勉強方法をするのかはわかりませんが、
普通の子供たちは、まず読みやすい字(きれいな字)を
書いていけるようになれば、学力伸長にとって、
プラスになってもマイナスにはなりません。

・・・(中略)
さらにその後、彼らを見守るうちに分かったことがありました。それは「字の綺麗な秀才タイプは、お手本をまねて紙上の空間のバランスを取りながら字を書くことができる。つまり『規範意識が強く、周りの秩序を重んじる』性格傾向があり、かつノートや答案を見る者(自分を含む)への強いプレゼン意識がある」、
そして、
「いわゆる悪筆で、もじょもじょと謎の線を書きつける天才タイプは、溢れるアイデアに手や言葉が追いついていかない傾向がある。そもそもノート自体が、のちに人が見るための記録ではなく紙上で書きながらリアルタイムに思考するためのツール。つまり勉強は他人のためでなく、あくまでも自分のため。考えること自体が楽しいという脳の持ち主で、その延長上で勉強ができてしまう」。・・・・(以下略)文=citrus河崎 環

天才と呼ばれる人が圧倒的に他の人と違うところは、その暗記力だと思います。
過去のあらゆる知識を暗記して、それを必要に応じて大脳の引き出しから
引っぱり出すことができるのですから普通の人はまねができません。
この圧倒的な暗記力をもった人間は確かに存在しますよね。

遣隋使、遣唐使の時代もそういう天才を派遣していたようです。
たとえ、船が難破して資料が海の藻屑となっても、彼らが助かりさえ
すれば、その内容は彼らの頭の中から復元できたと・・・というような
話があったような?。普通の人間の僕の記憶ですのでこの話は?・・・

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。