やりきれない事件です。
事件を伝えるテレビニュースの第一報で、警察官の夫が、殺された妻と子供2人に気が付かない
まま、午前7時前に出勤したという。こんなの、あり得ない奇妙な話だと誰もが思ったはずです
が、やはり昨日、夫が妻殺しの容疑で逮捕されました。
妻・中田由紀子さん(38歳)の手の爪の間から採取された皮膚辺のDNA型が、夫の中田充
みつる)容疑者(38歳)のDNA型と一致したということですので、夫の犯行と考えていい
のでしょう。
では、2人の子供は一、誰に殺されたのか?
父親の中田充(みつる)容疑者が手をかけたのでしょうか。
外部から賊が侵入した形跡がないというのですから、可能性があるのは父親か母親ということ
になると思うのですが、それにしてもかわいい盛りのわが子を親が殺すなんてことがあるので
しょうか。
もし、そうなら信じられないことです。一体、何がこの家族にあったのでしょうか。
ところで、昨日の福岡県警の記者会見について。
午後7時に始まった記者会見の冒頭で、報道陣に対して、久田誠・警務部長と近藤康徳・首席監
察官が約3分半にわたって頭を下げ続けたそうです。
「申し訳ない」という気持ちはわかりますが、それにしても、 3分半も礼をしたままというの
は、どうなの。
会場にいた約50人の報道陣は、3分半も頭を下げられ、困ったはず。
ちょっと「いやらしさ」を感じるのは私だけでしょうか。
果たして事件の真相はどうなんでしょうか。今後の報道を見ていきたいと思います。

 

参考までに過去の警察官による殺人事件 

以下、毎日新聞福岡母子3人殺害警官の殺人事件、過去にも繰り返し〉から抜粋。

①1978年 1月 警視庁北沢署巡査(20)がパトロール中に女子大生(22)方に押し入り、暴行しようとして抵抗され絞殺。

②1983年 9月 大阪府警淀川署巡査部長(34)が交際相手の女性(27)を射殺。

③1989年12月 愛知県警愛知署巡査長(36)が酒に酔い、口論になった男性(42)を絞殺。

③2000年12月 神奈川県警音楽隊の警部補(42)が同僚の女性隊員(28)をナイフで殺害後に自殺

④2007年 8月 警視庁立川署巡査長(40)が飲食店従業員の女性(32)を射殺後に拳銃自殺。

⑤2014年 4月 警視庁蔵前署巡査(24)が交際していた女性警察官(24)を包丁で殺害後に自殺。

⑥2015年 1月 大阪府警阿倍野署巡査長(26)が交際していた女性(23)を絞殺。

⑦2015年 9月 埼玉県警浦和署の巡査部長(31)が元タクシー運転手の男性(58)方に侵入。男性を絞殺し現金などを奪う。

※肩書、年齢はいずれも当時

 

こうしてみると、悪い警察官がいたんですね。

記憶の新しいところでは、⑥番の「大阪府警阿倍野署巡査長が交際していた女性を絞殺」した事

件もひどい事件でした。

被害者の医療事務員・白田光さん(23)は、犯人の巡査長・水内貴士(26)と交際していた

のですが、犯人は既婚者だったのです。

とうとう白田さんにばれてしまい、「交際していたことを妻や警察に言う」といわれ、カッとな

って殺したと供述しています。

宮城県の大学に通っていた白田さんが犯人と知り合ったきっかけは、水内貴士巡査長が成25

年4月から1年間、東日本大震災の被災地支援で宮城県警に出向してきたからです。

 

彼女は最初は恋人ができて幸せだったはずです。それが大ウソつきの殺人鬼だったとは。ご両親

無念の気持ちが伝わってくるようです。

朝日新聞デジタル 6/9(金) 12:09配信

福岡県小郡市の住宅で母子3人が殺害された事件で、妻への殺人容疑で逮捕された県警通信指令課の巡査部長、中田充(みつる)容疑者(38)が、遺体が発見されるまでの間、妻の携帯電話へ複数回電話をかけていたことが捜査関係者への取材でわかった。妻が死亡していることを知らないふりをした偽装工作の可能性があると県警はみている。

中田容疑者は6日午前0~6時に自宅で妻由紀子さん(38)の首を絞めて殺害した疑いで逮捕された。「そのようなことはしていません」と否認している。

捜査関係者によると、中田容疑者は午前6時45分ごろに県警本部へ出勤するため自宅を出た。午前8時半ごろ、小学校から「子ども2人が登校してこない」と電話を受け、由紀子さんの姉に連絡。その際、由紀子さんの携帯電話にも4回ほど電話をかけていた。

〈スポンサーリンク〉