今、「旦那デスノート」というブログが評判になっています。

そこで、私も怖いもの見たさに、「danna-shine.com」という独自ドメインを持つサイト

『旦那デスノート』にアクセスしてみました。
ドメインからして恐ろしいですね。ズバリ、ローマ字で「旦那死ね」ですから。”(-“”-)”

さて、ドキドキしてブログを開いてみたら、「503」表示が出て、『アクセスが大量に発

生しているため、一時的なエラーです』というメッセージが出てきました。

 

〈スポンサーリンク〉

 

これって、すごいですね。どれくらいのアクセスがあったら、「503」表示になるので

しょうか。男性からのアクセスと女性からのアクセスとどっちが多いのかな。

 

ブログタイトル『旦那デスノート』の下の説明文には、「って、長女が小学三年生頃まで、

毎週末ツレがきてバイクいじり、子が熱をだしても怒る のみ、さっさと寝ろって、お前は

父親になるべき人間ではない、ツレがこなくなって、360 日ほぼ家にいる。やっと子供ら

も手がかからなくなったらよ、買い物にもついてくる。」とあります。

これだけの短文を読んでも、奥さんの気持ちはよくわかります。
でも、奥さんは匿名で過激なことを書くのではなくて、直接旦那さんに「こうしてほしい」

とか「これはやめてね」と言った方が建設的だと思うんですけど。

でも、きっとそんなことを聞き入れるような旦那ではないのでしょう。

 

もし、奥さんが言ったら最後、旦那は子供をおいてどっかに行ってしまうような人

なんでしょう。

 

想像が広がりますが、このブログへのアクセスは別の機会にして、

弁護士ドットコムの記事『「自殺してこいよ」妻が「旦那デスノート」に投稿…夫にバレた

場合の法的リスク 7/9(日) 9:34配信 弁護士ドットコム』によると、「旦那デスノート」

サイトには、6月27日現在で1200件以上の「デスノート」が集まっているとのことです。

で、その書き込み内容は、“「保険金残して逝って下さい。」、「包丁あるから自殺して来

いよまじで」、「死因はなんでもいい即死で」“などというもの。

匿名なので、世の奥様方が表向きには言えないことを言って留飲を下げているのかもしれま

せん。

 

他には、「死ななくてもいいので、一生金だけ運んで来い」なんてのも。

これって、けっこう本音じゃないかな。

 

旦那が妻を呪う『妻デスノート』

ところで「旦那デスノート」があるのですから、その逆バージョン、夫が妻を呪うデスノー

トがあってもいいんじゃないかな。つまり『妻デスノート』。

それで、検索してみました。

すると、ヤフー知恵袋に『妻デスノート』を想起させるのがあったんですね。

 

デスノートの殺し方について
ID非公開さん2016/11/618:54:05〈ヤフー知恵袋〉

質問です。

デスノートに妻の名前を書き、死亡理由(死亡前の行動を操る)の所に「離婚届を提出した後、りんごを食べて死亡」と書いたとします。
この場合 離婚届を提出、受理された時点で妻の名字は旧姓になるわけですが「りんごを食べて」の部分もきちんと死亡前の行動として操れるのか。
というか名字が変わるが妻はちゃんと死ぬのか?

気になったので質問です。
予想で構いませんのでお答え頂けると嬉しいです。

補足
また別問題ですが、例えば「妻(名前)が親を殺して死亡」と書いた場合、デスノートに親の名前は書かれていませんが、親は殺されると思いますか?(不快な内容申し訳ございません)

 

妙な質問です。こんなことが気になるの?

質問した人は本気で妻に死んでほしいの?

さて、この質問に対する回答です。

ベストアンサーに選ばれた回答

blanc_et_noir_sawamuraさん 2016/11/618:57:48

書かれた時点でデスノートの効果は発動してますから、きちんと操れますしちゃんと死にますよ。

死神の目のルールなんかを見ると分かりますが、戸籍の問題程度ではデスノートは回避出来ません。

 

この回答に対して、さらに質問者からの質問。

質問者 ID非公開さん 2016/11/0619:05:24
早速のご回答ありがとうございます。
宜しければ更に質問させていただきたいのですが、離婚届提出という行動が実行される以上、死亡時はもちろん旧姓にはなってますよね?(ノートの問題というよりは日本の法律的な話かもしれませんが)

 

質問者も回答者もマジなの?

そんなわけないですよね。

それにしても質問者のこだわりが理解できません。

離婚届けで旧姓に戻ろうが戻らまいが、こだわっても意味なし。

デスノートで人が死ぬわけないじゃん。

質問者が冗談なのか本気なのか、よくわかりませんが、きっと妻には早く死んでほしいので

しょう。

〈スポンサーリンク〉