いわゆる風俗営業法に関連した店が、いくつかの業種を除いて、減少の一途をたどっているようです。
風俗営業、「性」を除けば減少の一途 年寄り増えて衰退に拍車 (J-CASTニュース ) 』

風俗営業の分類

風俗営業には、接待飲食等営業、遊技場営業、性風俗関連特殊営業の3種類がありますが、「性風俗」以外は、減少の一途をたどっているようです。

〈スポンサーリンク〉

1「接待飲食等営業」

「接待飲食等営業」には、居酒屋、バー、キャバレー、クラブ、キャバクラ、料理屋、カフェなど飲食を伴う店のほとんどが含まれます。

この中で、バー・キャバレー・クラブ等、この5年で全国で4000店が消えました。
2012年には6万8558店だったのが、
2016年には6万4599店になり、
マイナス4000店。(以下、数字はいずれも年末時点…警察庁生活安全局保安課)

正規雇用が減り、国民の実質所得が減っているのに、個人がキャバクラやクラブに通ってられないですよね。

それに、バブル時代みたいに企業が交際費を出すわけないし。

特に若い世代は、結婚さえできない所得層が増えています。せいぜいスーパーで酒を買って家で飲むか、リーズナブルな居酒屋チェーンで飲むのが精いっぱいだと思いますね。

また高齢者についても、キャバレーに金を使えるような人は、庶民階層にはいないんじゃないかな。高齢者は高齢者で、自分の子供世帯に援助しなければならず、リタイア後のゆとりある生活とは程遠い状況です。
NHKスペシャル 老人漂流社会「団塊世代 しのび寄る“老後破産”

2「遊技場営業」

遊技場営業のメインは、パチンコ店・雀荘・ゲームセンターです。

パチンコ店は
2012年の1万2149店から
2016年には1万986店になり、
マイナス約1000店です。

雀荘は1万1450店から
9176店になり、
マイナス約2000店です。

ゲームセンターは6181店から
4542店になり、
1600店超が廃業しました。

生活実感からして、この忙しいのに雀荘なんかに行って長時間、麻雀を打ってられません。それに、昔と違って、今はゲームですよね。

次にパチンコ。あんな高額費用のかかるギャンブルなんか、普通はやってられません。
なので、今、パチンコ屋が成り立っているのは、すべてのお客を依存症にしているからです。

それに、若い世代は、パチンコ屋なんかに金をつぎ込むゆとりはありません。
現在、若い世代がパチンコをしないという傾向がありますが、実に喜ばしいことです。

このまま、みんなでパチンコを止めて、パチンコ屋をぶっ潰しましょう。併せてカジノもね。

ところがです。残念なことに、「博打撲滅」はそう簡単にはいきません。

実は、パチンコ店もゲームセンターも店舗の数は減少しているものの、1店あたりの規模が大型化しているのです。

例えば、パチンコ店では1店当たりのパチンコ機台数が
2012年378.0台から
2016年には411.9台に増加しています。

遊戯台が501-1000台のパチンコ店は2012年には2355店(19.4%)だったのが、
2016年には2585店(23.5%)に増加。

1001台以上の店も190店(1.6%)から287店(2.6%)に増加しているのです。

ゲームセンターも1店舗当たりの台数は72.2台から79.7台に増加、101台以上を設置する店が占める割合は28.3%から30.6%に増加している。

つまり、「パチンコ店もゲームセンターも、顧客の減少を中小店の淘汰で、1店が大型化することで乗り切っているようです。
これも確かにそうですね。地方でも中小店は潰れて、大型店だけが残っています。

3「性風俗関連特殊営業」

こちらは、男の性欲が産業を支えていますので、そう簡単にはなくなりません。

ただ、店舗型の風俗店は減少しているようです。

店舗型には、ソープランド、店舗型ファッションヘルス、モーテル・ラブホテル、アダルトショップなどが含まれますが、そのすべてが減少しています。

一方、無店舗型の風俗は増えています。

例えば、派遣型ファッションヘルスは、
2012年の1万8119件から
2016年の1万9856件に増加。1700件超(9.6%)の増加です。

また、アダルトビデオ等の通信販売は、
1138件から1267件(+11.3%)に増加しています。

とりわけ、急成長しているのは有料アダルトサイトです。

有料アダルトサイト(映像送信型)は、
1879件から2536件に増えており、35.0%もの増加です。

ただ、この有料アダルトサイトの成長には現在、暗雲が立ち込めています。
今年(2017年)初めに、かの有名な「カリビアンコム」という大手アダルトサイトが摘発を受け、AV製作会社の社長ら6人がわいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで警視庁に逮捕されたのです。

まあ、この法律から判断すればまぎれもなく、「黒」ですので、逮捕されるのもやむを得ません。

なぜなら、「カリビアンコム」は無修正アダルト動画を大々的に配信していたのですから、これまで摘発されなかったのが、不思議なくらいです。

この逮捕が今後、業界に影響を与えるのは必至です。
無修正アダルト動画を配信している他社の経営者やAV女優・男優さんもさぞ心配なことでしょう。

まあ、ユーザーにしてみれば、大人だけが見るように管理しておれば、世の中にさほど害毒をまき散らさないと思うのですが、最近、女優さんをだましたり、脅迫して出演させるような事例が国レベルで問題になっていますので、警察の監視は厳しくなって当然です。

 

以上、『なるほどブログ』でした。

〈スポンサーリンク〉