教員の長時間労働は解決すべき大きな問題です。

長時間労働と言えばブラック企業を連想する人も多いと思いますが

学校現場の長時間労働、サービス残業にはすさまじいものがあります。

長時間労働で頑張っている教員を身近に見ていると、その内、身も

心も壊してしまうのではないかと真剣に心配になってきます。

そんな現状を克服しようと、横浜市教育委員会が立ち上がりました。

<先生、忙しいの?>改善に挑む中学校、定時退勤日を設定
毎日新聞 5月15日(日)12時45分配信
<先生、忙しいの?>改善に挑む中学校、定時退勤日を設定
放課後に部活動の指導をする教職員。直接指導に意義を見いだすため、負担の軽減との兼ね合いが難しい=横浜市南区で
◇部活動での出勤に課題も
「教職員の業務の実態を知ってほしい」。横浜市教育委員会は2015年3月、保護者に異例の手紙を配布した。市立校と諸外国の教職員の勤務時間を比較するデータを提示し、学校に閉庁日や定時退勤日を設けることなどに理解を求めた。 手紙の衝撃は保護者よりも教職員に大きかった。市教委が率先して負担の軽減に取り組む姿勢を示したことで、いくつかの学校が業務の改善に動き始めたのだ。市立蒔田中(南区)もその一つ。木村悦雄校長は「方針が明確になり、動きやすくなった」と明かす。市教委によると、市立校で働く教職員の1日平均の業務時間は11時間27分。残業は原則として認められず、「自発的な勤務」とみなされる。蒔田中は15年度、この問題に着手。月に1日、午後5時の退勤を促す「ハッピーアフタースクール」を始めた。企業が「ノー残業デー」などとして取り組んで久しいが、学校での例はほとんどなかった。業務時間外も鳴る電話に、どのように対応するのか。導入前の教職員の反応は芳しくなかった。木村校長は「思い切って留守番電話にした」と言う。緊急の連絡は地域の学校教育事務所が担当者に転送するため、「意外なほどに保護者の批判はなかった」と振り返る。今年度は病気でなく、健康なときの年休の取得を推奨。いずれも「疲れを抜いて、元気に子どもと向き合える」と教職員に好評だ。一方、解決の難しい課題もある。部活動だ。市教委によると、夏季休暇中に当番を置かない学校閉庁日の実施率は市立小80%に対し、市立中は28%。中学で本格化する部活動の影響が大きいとみられる。蒔田中も昨年度に5日間の学校閉庁日を設けたが、指導のために出勤する教職員が散見された。また、土日の出勤も珍しくない。木村校長も「部活は子どもの成長、非行の防止などに寄与する。やる気をみせる子どもを放って休めない教職員の気持ちも分かる」と頭を悩ませる。市教委は負担の軽減策として外部指導者の活用を促進。今年度は235人分の予算を確保したが、教職員間で「部活動は子どもとの関係づくりに欠かせない」という声も根強く、負担の軽減との兼ね合いが難しい。【水戸健一】最終更新:5月15日(日)16時25分

 

〈スポンサーリンク〉

 

横浜市教委が「教職員の業務の実態を知ってほしい」という手紙を

保護者に配布したことからもわかるように、教員のサービス残業・

長時間労働については、保護者も世間もあまり気にしていません。

教員のサービス残業はブラック企業のように脅されたり、殴られたりして

てやっているのではないからです。

それに教育はサービス業ですので、自分の子供にいくらでも

時間をかけてほしいのが親の率直な気持ちです。

ですので、保護者は自分の時間を削ってでも献身的に我が子を

見てくれる先生をとてもうれしく思い、また高い評価を

します。

教員の方も教師として、親や生徒本人に感謝されるのは、

とてもうれしいことです。

そうした状況で、勤務時間終了とばかり、夕方5時過ぎの定時に

帰って行く教師がいたとしたら、とても職場は困ります。

彼の残した仕事を誰かがカバーしなければならないからです。

今の学校の業務量は法律に決まっている勤務時間では

消化しきれない膨大なものになっているのです。

僕の近くにも、朝7時前には学校に入り、帰りは毎日午後10時を

過ぎる人がいます。

一方、そうではなく、定時に来て定時に帰るという教師も少数ですが

確かにいます。

ただ、そういう教師には、コミュニケーション能力や指導力の低い人が

多かったように思います。

会社でもそうでしょうが、仕事のできない人に大事な仕事(大切

な子供)を預けられません。

仕事をできない人の仕事量は減らすしかありませんが、それがまた、

長時間労働をしている“できる教師”に回っていくのです。

横浜市教育委員会のみなさん、現場の教師のみなさん、

どうぞ、よい結果が得られますように。

〈スポンサーリンク〉