最近、総選挙の日程が取りざたされる中で、円高、株安がクローズアップされています。

 

止まらない円高・株安、個人消費に陰り?
TBS系(JNN) 4月11日(月)19時21分配信
円高と株安が止まりません。経済の先行きがますます見えにくくなっています。影響が出るのがやはり家計。このため、ゴールデンウイークの消費にも暗い影を落としそうです。安倍政権が目指すデフレ脱却はどうなってしまうのでしょうか。 お祝いムードに包まれた東京ディズニーシー。11日、15周年を記念するイベントが報道陣に公開されました。ただ、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを合わせた2015年度の入園者数は、4年ぶりに減少。運営会社の「オリエンタルランド」は、「2014年度は『アナと雪の女王』の関連イベントなどで過去最高を記録。それに比べると2015年度は勢いが落ち着いた」と説明しています。・・・・・                                                       明るみになり始めた消費の鈍化。これに敏感に反応したのが「デフレの象徴」とも呼ばれた吉野家です。吉野家は先週、4年半ぶりに牛丼より50円安い豚丼を復活。一部商品は値下げしました。「いろいろなものを買い控えしちゃう。(買うのは)今なのかな、もうちょっと我慢しようかなって」
「(消費税率が)5%から8%に上がって、また10%に上がっちゃうから、同じ給料でも生活は苦しくなるかな」(街の人)11日の東京市場で、円相場は一時、1ドル=107円台半ばまで急速に円高が進行。平均株価の下げ幅は一時、300円に迫り、円高・株安の流れに歯止めがかかりません。・・・・・・                                            日銀の黒田総裁は相変わらずの強気ですが、個人消費はすでに息切れが始まっています。(11日16:42)
最終更新:4月12日(火)4時55分TBS News i

 

さて、最近、円高、円高と言われていますが、数年前に比べれば

たいした円高ではありません。

2011年(平成23年)には1ドル76円を切って、

75円台に突入しました。(史上最高値:75円78銭)

当時は、1ドル50円に向かうと、著名な経済学者も言ってたくらいですので

それに比べると今の円安は信じられないくらいです。

そんなわけで、為替のレートなどはその時々の政治経済情勢の

テーマに合わせて、適当に解釈し論じているだけなんです。

1ドル75円台に向かう以前は、ドルが80円を切って70円台に

なるなど信じられないことでした。

2011年をさかのぼる2007年には1ドルが122円程だったのが、

ユーロ危機・ギリシャ危機などで、75円台まで円高が進んでしまったのです。

その途中では、100円は割り込まないだろう、

100円を割り込んでしまうと、いくら何でも90円程度が

最高値だろうとか、

いろいろニュースで言われていましたが、最終的には

75円台までいってしまったのです。

で、その後のドルの戻しが、昨年、125円台まで進んだのですから

これも信じられないことでした。

そして、本日、125円から108円前半にまで円高が進み、話題に

なっているのです。

このように為替とは変幻極まりない代物です。

為替レートのレベルは、このくらいなどと決して断言できるものでは

ありません。

その実体はとても捉えきれません。

為替取引を考えている人はよくよくの注意をしてくださいね。

〈スポンサーリンク〉