安倍内閣の閣僚は、一体どうなってるんでしょう。

金田法務大臣のバカ発言には、もう辟易していたところですが、おバカ仲間の稲田法務大臣が、

またまた、とんでもない発言をして世間をにぎわせています。

ただ、今回の都議選における稲田大臣の発言は、単なる「おバカ発言」ではなくて、憲法違反も

甚だしい内容の発言です。

稲田防衛大臣は、「誤解を招きかねない発言に関して、撤回したい」と述べていますが、国民を

バカにしないでほしいですね。

「誤解」とは漢字の通り、「誤って理解すること」ですが、私たち国民は全く誤ってなんかいま

せん。

稲田防衛大臣自身が、大臣としての職責を理解する能力に欠けているのであり、防衛大臣であり

がら、自衛隊が憲法上・自衛隊法上、どのような存在であるかを理解していなかったのです。

 

〈スポンサーリンク〉

 

「自衛隊発言」撤回 辞任は否定

フジテレビ系(FNN) 6/28(水) 9:29配信

稲田防衛相が、自衛隊の政治利用と受け取られかねない発言をした。
稲田防衛相は27日、東京・板橋区での都議選候補の応援演説で、「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」などと述べた。
自衛隊法では、自衛隊員の政治的行為を制限しているため、稲田氏の発言は、自衛隊の政治利用と受け取られかねず、法に抵触するおそれもある。
これを受けて、稲田氏は27日夜、記者団に対し、発言を撤回する考えを示した。
稲田防衛相は、「誤解を招きかねない発言に関して、撤回したい」と述べた。
また、稲田氏は「これからも職務を全うしたい」と述べ、辞任は否定した。
これに対し、民進党の蓮舫代表は「即刻辞任すべきだ」とのコメントを出したほか、自民党からも「防衛省を私物化して、もはやアウトだと思う」といった厳しい声が上がっている。

 

稲田氏は結局、27日夜、発言を撤回しましたが、防衛大臣として「重大な誤り発言」を行った

のですから国民に謝罪すべきでしょ。

それを、「誤解を招きかねない」と、国民側に責任を転嫁するような言い方をするのは、自分が

言ってしまったことの意味さえわかっていないようです。

選挙の応援演説で、「自衛隊としてお願いしたい」と発言するなど、彼女は本当に司法試験に合

格しているんでしょうか?

 

6/27(火) 23:50配信

稲田朋美防衛相は27日夜、東京都議選の自民党候補の応援演説で「自衛隊としてお願いしたい」などと発言したことについて「自衛隊は地域の皆様の理解なくして活動できないという趣旨だが、誤解を招きかねない発言なので撤回する」と述べた。その上で「これからもしっかりと職務を全うしたい」として、辞任しない考えを示した。国会内で記者団の取材に答えた。

 

さて、稲田氏を防衛大臣に起用し、「将来の総理大臣だ」などと、ヨイショしていた安倍総理

が、やっと謝罪しました。

 

稲田氏の発言、首相陳謝「党総裁としておわび」
6/28(水) 19:32配信 読売新聞

安倍首相(自民党総裁)は28日夜、東京都台東区で開かれた都議選の自民党候補の集会で、稲田防衛相が都議選の応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したことなどを念頭に、「厳しいおしかりをいただいており、党総裁としておわび申し上げたい」と陳謝した。

 

最近、安部内閣はどうも国民の方を見ていないような気がするんですが、さりとて自民党に代わ

ることのできる能力を持った野党があるのでしょうか。

野党にはもっとしっかりと成長してもらって、一党独裁のような自民党の横暴をチェックしてほ

しいと思うのですが。
思うに、国を守るという意思や軍事力は現実の国際関係にあっては、とても大切なものだと思い

ます。

保守政権のそういった部分はいいのですが、権力を握ると人や組織はなぜ、こうも傲慢になっ

てしまうのでしょうか。

〈スポンサーリンク〉