昨日の『金スマ』にベッキーさんが久しぶりに出演していました。

『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音さんとの不倫騒動について、

中居正広さんがベッキーさんに質問していました。

ベッキー、感情におぼれ「ありがとう文春」…中居との一問一答
スポーツ報知 5月14日(土)7時5分配信
ベッキー
ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との不倫騒動で休業していたタレント・ベッキー(32)が13日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)で1月30日の休業から104日ぶりにテレビ復帰。不倫を認め、涙ながらに騒動を謝罪した。 ◆ベッキーに聞く

中居(以下、中)「何がつらかった?」

ベッキー(以下、ベ)「私はこんな風に一人の女性を傷つけてしまったという罪の大きさ、私に届く厳しい声、正直つらいものがありました」

中「お付き合いはしてたんだよね?」

ベ「はい。気持ちが通った時点で不倫だと思います」

中「(週刊文春で)どういうLINEが出たの?」

ベ「(1月6日の)会見の前夜に『ありがとう文春』って言ってしまったり…」

中「会見前にどうして?」

ベ「『堂々と道を歩けるかもね』とか。その時は感情におぼれて、まだお付き合いしたいと思っていたので。ごめんなさい」

中「(正月に)なぜ長崎の実家に行った?」

ベ「親戚のお子さんに会わせたい、と誘われて行きました。実家ってことは真剣に考えてくれるのかなと、都合よく考えてしまい、愚かな考えでした」

中「報道後も好きだった?」

ベ「報道が落ち着いたらまた出会って、そこから恋が始まるかなという気持ちもあったけど、奥様のお気持ちを知って、自分の罪の大きさを知りました」

 

今回の騒動で、ベッキーさんの契約違反による損害賠償金は5億円に

のぼるといいいます。

ものすごい金額ですね。

所属事務所が半分を分担するとのニュースがありましたが、

それでも、2億5千万円の賠償額。

売れっ子のベッキーさんにとっても大きな額でしょう。

 

今回の騒動は不倫。

まあ、“不倫”はよくないことですが、三菱自動車の不正問題とは

少し違う感じを受けているんですね。僕としては。

三菱自動車の方は詐欺罪に該当するような不正であって、

絶対悪だと思うのですが、不倫の方は男女が好きになって

しまった結果です。どうしようもない (-.-;)

刑法や会社法違反のような社会悪とは違って、

倫理規範に対する違反ですよね。

だから現在の法律では、不倫をしても罰せられることは

ありません。(だからといって、決して不倫を進めているのでは

ないですよ。念のため)

お気の毒なのは、川谷の奥さんですが、奥様としてもどうしようもないですね。

結局、「ゲスの極みの乙女。」のボーカル・川谷絵音(27歳)さんが

9日、自身のブログの中で離婚したことを発表していました。

ブログの内容では、協議離婚成立のようです。

お二人の夫婦関係はこれまでどうなっていたのかわかりませんが、

川谷絵音さんは女の人を泣かせてはいけませんね。

別れた奥様には十分なことをしてあげてください。

〈スポンサーリンク〉