こないだ不正確な医療情報満載との批判が出たDeNA運営のWELQ。

DeNAの村田マリ、パクリ炎上!「DeNA」何してる会社、南場智子会長とは?WELQ・ iemo・MERYって何?

DeNA全体が、組織的に著作権違反をしていたこともわかりましたが、現在の他のWEB上の記事はどうなんでしょうか。

 

〈スポンサーリンク〉

 

普段から、食べ物や健康記事には興味がありますので、

寝る前に食べてはいけない、8つの食材って?という

記事に目が止まりました。

その内容を紹介すると、8つの食材とは、

1 アブラナ科の野菜、ブロッコリーやカリフラワーなど
2 赤身肉
3 トマトソース
4 シャルキュトリーやチーズ
5 ダークチョコレート
6 コーヒー
7 アルコール
8  炭酸飲料

です。

1つ目は、「アブラナ科の野菜」と書いてあります。

理由はアブラナ科の野菜、ブロッコリーやカリフラワーなどには、

消化するのに時間がかかる不溶性繊維が大量に含まれているので、

寝る前に食べてしまうと胃に負担をかけるということです。

 

ところで、野菜って繊維質が多いからこそ、体に良いんですよね。

それに繊維質はセルロースでできているので、牛・馬は

別として人間は消化できません。

 

そこで、不溶性繊維が多いと書いてあるんだけど、

繊維(セルロース)って、もともと不溶性ですよね。

もし溶けたら、小さな分子になって、体に吸収され

る可能性もあるのだから。

なので、繊維は消化できなくて当たり前で、逆に溶融性繊維を

含んでいる食品なんてあるのでしょうか。

アスベストに変わる人工の生体溶融性繊維は市販されていますけど、

これは食品ではなく断熱材とかの工業製品です。

もし、体内に入っても、「溶融性」ですからいずれ体外に排泄されて

無害になるというものです。

 

野菜の中でも、特に「アブラナ科の野菜」がよくないという

根拠がよくわかりません。

 

二つ目の食べ物に、赤身肉と書いてあり、その理由は「プロテインが多く含まれているから」ということです。

まあ、プロテイン(protein)はタンパク質のことですから、

肉に含まれていて当然。

タンパク質は確かに消化に時間がかかるけど、

脂身だって消化には時間がかかります。

『赤身肉にはプロテインが多く含まれ、前ページで紹介した

アブラナ科の野菜と同じ影響があるそう。』との記述は、

ちょっと、雑な感じがします。

まあ、消化に悪いということでしょう。

 

次に炭酸飲料については、『炭酸飲料は恐ろしい副作用を引き起こす体に良くない飲み物だ、と耳にしたこともあるのでは? でも実はそれだけでなく、睡眠にも悪影響となる。大量の砂糖ですっかり目が覚めてしまう上に、浅い眠りの原因にも。』

と書いてあります。

でも、炭酸飲料の恐ろしい副作用とは、どんな副作用のことを

言っているのかな?

僕は、聞いたことないんですよね。

『大量の砂糖ですっかり目が覚めてしまう』と書いてありますが、

炭酸飲料がダメな理由は砂糖が多いから?

それとも、炭酸(二酸化炭素+水)のせい?よくわかりません。

 

次にアルコールについて。

『赤ワイン1杯でとても眠くなることもあるけど、

実はアルコールは睡眠サイクルにとって非常に破

壊的な飲み物。

レム睡眠にネガティブな影響を与えるそうだ。』

との記述。

でも、とって付けたような文章で、この記事を書いた人が

内容をよく理解しないまま、あちこちの文章をパッチワ

ークのようにつなぎ合わせただけのように感じます。

 

 

期待して読んだけど、結局、記事の中身は雑な感じで、

いろんな文章をつなぎ合わせただけのように見えます。

 

健康のことを考えれば、寝る直前の食事は何であれ良くないです。

炭酸飲料を飲めば、含まれる多量の砂糖によって血糖値が上がり、

そのまま寝てしまうことから運動によるエネルギー消費もないですから、

糖尿病の引き金にもなります。

 

ですので、8種類の食材に限らず、寝る前に食べること自体がよくないんですよね。

例えば深夜まで飲んで、仕上げにラーメンを食べたような翌日は、

思いっきり胃もたれで最悪です。

 

この記事をみて、DeNAのWELQ騒動を思い出しました。

 

最後に健康のためには、次のダイエットが効果的ですよ。

「夜8時以降の食事は絶対にしない」

これを2か月、やってみたら、体重70kgが65kgのベスト体重になり、

お医者さんから褒められました。

実践する価値あり、です。

寝る前に食べてはいけない、8つの食材って?
ハーパーズ バザー・オンライン 12/20(火) 17:46配信

何だか疲れが取れなくて気分がすぐれないけど、どうしてなのか分からない……なんてことはない? 実はそれ、昨晩食べた遅めのディナーが原因かも。寝る直前にコーヒーやスイーツを摂ってはいけないのは周知の事実だけれど、ヘルシーな食材でも快眠を妨げている可能性が! そんな、寝る前に食べてはNGな食材をさっそくチェック!
1. アブラナ科の野菜
ヘルス&ウェルネスサイト『Prevention.com』の「イート・クリーン」特集でまとめられた新しい調査結果によると、野菜によってはランチで食べた方がベターなものがあるという。ブロッコリーやカリフラワーなどのアブラナ科の野菜は体に良いビタミンが豊富だが、同時に消化するのに時間がかかる不溶性繊維も大量に含んでいる。ホリスティック栄養士のエリッサ・グッドマンさんは、これらの野菜を就寝前に食べると「眠りに落ちる一方で、体はまだ消化作業を続けるので快適な睡眠どころか体は稼働し続けることになる」と説明している。

・・・・・(略)

〈スポンサーリンク〉