まず、人工心臓の能力・性能に驚きました。
なんと、「背中に背負ったバックパックの中の人工心臓」が
生命を支え続けたのです。
私は、このニュースをみるまでは、人工心臓とは心臓の手術をする際に
使用する大きな機械でベッドのそばに据え付けられているような
大型のものをイメージしていました。

そして、555日も自分に適合した心臓を待ち続けた男性の
決して希望を捨てない精神力にも敬意を払いたいですね。

「心臓なし」で555日、臓器提供待ち続けた男性が手術 米
2016.06.13 Mon posted at 15:06 JST(CNN) 重い心臓疾患のために心臓を摘出され、人工心臓で1年半以上も日常生活を送ってきた米ミシガン州の男性が、5月に移植手術を受けて今週中にも退院できる見通しとなった。
スタン・ラーキンさん(25)は2014年11月に心臓摘出の手術を受けた。今年5月にドナーが現れてミシガン大学病院で移植手術を受けるまでの555日間、背中に背負ったバックパックの中の人工心臓が生命を支え続けた。
バスケットボールをしていて突然倒れ、遺伝性心臓疾患の家族性心筋症と診断されたのは9年前。間もなく弟のドミニクさん(24)も同じ疾患を持つことが分かった。
2人ともやがて心不全に陥り、心原性ショックを発症して2014年に人工心臓を装着された。ドミニクさんは6週間後に心臓移植手術を受けることができた。
一方、ラーキンさんは人工心臓の具合が良く、退院して自宅で過ごすことを許されたという。ミシガン州では初めてのケースだった。
「体内に心臓がない状態で生きられると医師に言われ、機械が自分の心臓になると聞かされた時はショックだった」とラーキンさんは振り返る。
シンカーディア製の人工心臓「フリーダム・ドライバー」は重さ約5.9キロ。ラーキンさんの左胸部の下から伸びる2本の管で体に接続され、圧縮空気を心室に送り込んで体内の血液を循環させていた。

・・・(以下略)

人工心臓の重さは、驚きのわずか5.9キログラムなんですね。

この人工心臓「フリーダム・ドライバー」を背負ったスタン・ラーキンさんは、
背負ったままバスケットボールに興じたり、自分の子どもたちと過ごしたり、
友人たちと車で外出していたといいます。

心臓移植手術が成功して良かったです。
ご家族はとても幸せだったと思います。

ところで、この記事で気になったことがあります。
それはこの記事には書いてなかったですが、この人工心臓装着から移植手術に
至るまで、一体どれくらいの医療費がかかるのかということです。

アメリカでは保健制度はないと言いますし、渡米して移植手術を
受けるには数億円の医療費がかかるようです。

どのような方々が手術を受けることができるのでしょうか。
やっぱり、「地獄の沙汰も金次第」ということでしょうか。

〈スポンサーリンク〉