京都府の高校で生徒が妊娠して、一騒動がおきています。
次の京都新聞ニュースを見てください。
京都府立朱雀高校のある生徒が妊娠しており、その女生徒に対して
学校側が体育実技を要求したというのです。

京都新聞 記事

「京都新聞」

京都新聞 ニュース

「京都新聞」

妊娠生徒に体育実技要求 京都の高校に批判殺到、対応見直しへ 京都新聞ニュース
京都府立朱雀高(京都市中京区)が1月、妊娠7カ月の3年女子生徒(18)に対し、卒業の条件として体育の実技をするよう求めていたことが分かった。保護者や本人の意向に反し、一方的に休学届も送りつけていた。学業か出産かの二者択一を迫る学校の対応に、文部科学省は「妊娠と学業は両立できる。本人が学業継続を望む場合、受け止めるべき。子育てに専念すべきとなぜ判断したか分からない。周囲の協力を得ながら育児するのは働く女性も高校生も変わらない」と批判している。

これに対し同高は15日、「学校の認識にかなり古い部分があった。見直さないといけない」として、今後、妊娠生徒への対応を改める意向を示した。

副校長は4月、妊娠生徒に体育実技をするよう求めた理由について、取材に「妊娠すると子育てに専念すべきで、卒業するというのは甘い」「全日制では妊娠した生徒は学業から離れないといけない。府民の要請がある」などと説明。補習の実技として「持久走などハードなこと」を例示した。

副校長の見解に対し、同高に苦情や問い合わせの電話が相次いでいるという。

生徒は同級生と一緒に卒業することを希望していたが、休学届を学校側から渡され、休学している。

また副校長は同日、「(妊婦にとって)学校が一つの壁だったのは認めざるを得ない。妊娠がマイナスイメージであってはならず、今後、改めないといけない」と述べた。

〈スポンサーリンク〉

京都府教育委員会高校教育課は15日、「高校には、それぞれの生徒の状況に応じて配慮するようにと繰り返し言っている。妊娠も、病気やけがと同様に配慮が必要」との見解を示した。妊娠した生徒の体育授業について「実技ではなく、リポート提出や軽微な体操で配慮できる」としている。

スポーツ庁学校体育室は「体育の評価は実技だけではない」と、実技にこだわる朱雀高は認識不足と指摘する。学習指導要領にある評価の観点は運動技能含め知識や意欲など4点で、「妊娠や障害など考慮すべき一つ一つのケースを明記せずとも、現行の記述で生徒の人権に配慮した授業は行える。学習指導要領の趣旨が現場に周知されていないのなら残念」とした。

高校側が、妊娠7カ月の3年女子生徒(18)に対し、
卒業の条件として体育の実技をするよう求めてい
たことは、やはり不適切だと思いますね。

妊娠7カ月の母体の健康と安全を考えれば体育実技がで
きるわけもなく、できないことを女子生徒に要求すれば
当然、相手は不信感を持つことになるでしょう。

その上、学校は保護者や本人の意向に反し、一方的に
休学届も送りつけていたということです。これでは双方が
当然、対立関係になってしまいます。
ですので、学校側が一方的に休学届を送りつけた時点で、
すでに双方の信頼関係が崩れていたことがわかります。

このように人の一生を左右するような重要な案件では
書類だけを生徒に送り届けるようなことはまず、ありません。
普通は担任と学年主任なりが複数で持っていきますし、そう
でなければ保護者に学校に来てもらいます。そこで、双方が
信頼関係に基づいた話し合いをして、生徒の将来に一番よい
方法を考えます。
そんな話し合いのあと、別れ際に生徒側が「お世話になり
ました。どうぞよろしくお願いします」等の挨拶をしてくれ
て、初めてわれわれ学校側は「良かったあ~」となるわけです。

したがって、この案件がこのようにこじれたことについては記
事にできていない部分がたくさんあって、この記事・ニュース
だけでは実際に何があったのか、簡単には判断できません。

副校長の発言、「妊娠すると子育てに専念すべきで、卒業す
るというのは甘い」「全日制では妊娠した生徒は学業から離
れないといけない。府民の要請がある」や
補習の実技として「持久走などハードなこと」と例示したとの
話は特定の部分だけ抜き出しており、前後の話や状況がわから
ないので何とも言えません。

副校長さんは、この記事にあるような「悪役」ではないかも
しれませんし、その可能性は高いかもしれません。

TVドラマでは「悪役」の校長や教頭が出てきますが、実際には
そんな悪いやつはあまりいないと思っていいと思います。
ただし、報道を見ると「いじめ隠し」や重大な取り返しのつか
ない事件を起こした後の「責任逃れ」は、実際にあるようです。

学校は、すべての生徒が健やかに成長することを願っていま
すので、この案件の場合、妊娠した女生徒個人の願いと学校側
の判断との間で齟齬をきたしたのでしょう。今後、双方が理解
し合えるようになることを期待します。

〈スポンサーリンク〉