普段、TVを見ていると登場人物はみんな
おしゃれなマンションや部屋に住んでいます。

でも主人公達の職業は、サラリーマンだったり
公務員だったり、フリーターだったりで、
あんな素敵なマンションに住めるわけないだろと
思いながら普段、TVドラマを見ています。

TVドラマは夢を売っているのですから、あまりに
リアリティを重視して普通のマンションや部屋を、
撮影に使ったのでは、確かに夢がなくなります。

まあ、こんなものかとTVを見ているのですが
次のような記事がネットにありました。

お金持ちは確かにいますよね。
ところが、そうしたお金持ちと同様の生活スタイルを
維持したいと考えている普通の人達(普通の公務員やサラリーマン)
がいて、そうした彼らの家庭に落とし穴が潜んでいる
というのです!

〈スポンサーリンク〉

コストかけすぎるアッパー層 無自覚な「転落予備軍」
コストかけすぎるアッパー層 無自覚な「転落予備軍」
2015年12月22日(火)8時49分配信

高級住宅街に暮らす理想的な家族、SNSが華やかな交流で彩られた意識高い系の若者…。
都会で高い生活レベルを保つ彼らにも、リスクがある。
大都市に潜む「無自覚な転落予備軍」の実態に迫る。
(Yahoo!ニュース編集部/AERA編集部)
教育はコスパ度外視

5週間で250万円。仲の良いママ友が、息子をヨーロッパに英語留学させたときのコストだ。そんな話を聞き、東京で2人の子どもを育てる女性(44)は、心の中で我が子に向かって頭を下げた。「私はまだまだお金のかけ方が足りない。ごめんね」
女性はフリーの翻訳家、夫(47)は官僚。夫婦が今、最も力を注いでいるのが、中学1年の長女と小学4年の長男の「教育」だ。長女は地元の公立小学校から私立の中高一貫校に進学した。

中学受験に備えて小4から大手塾に、6年生になると苦手な国語はさらに専門の塾にも通わせた。無事に合格した今、笑顔で通学する長女を見て、親としての決断は間違っていなかったと確信する。
優れた教師や、海外経験など多様な背景をもつ子どもたちと過ごす時間は、娘の人生で貴重な財産になるだろう。当然、息子も中学からは私立に通わせるつもりだ。
他にも、グローバル化に対応するための英語塾や、感性を磨くための習い事も必須だ。長女はダンスとギター、長男はサッカーとそろばんを学ぶ。
夫婦の1カ月の収入計約50万円に対し、教育費は約12万円。決して安い出費ではない。
実際、貯金はほとんどできていないという。しかし女性は言い切る。
「子どもの教育には投資しても罪悪感がない。コスパなんて考えません」
おしゃれエリアという十字架

夫婦は3年前、東京都渋谷区の高級住宅街に念願のマイホームを建てた。世帯年収約1000万円の自分たちとは“ケタ違い”のアッパー層が暮らすエリアでは、料理、ヨガ、ピラティスなどのサロンが定期的に開催される。先日誘われて参加したフラワーアレンジメントのクラスは、1回8000円だ。花束たった一つで?とも思うが、近所付き合いを考えると断れない。
まるで女性誌から抜け出てきたようなママ友たちの中で浮かないよう、スーパーに行くファッションにさえ気を使う。郊外の公務員官舎にいた頃に比べ、洋服やコスメ代もかさむようになった。
・・・・・・・
・・・・・・・(以下略)

 

こうした無理な生活をしていると、年収1500万円でも転落のリスクがあるといいます。
このことは、実感としてよく理解できます。
普通のサラリーマンや公務員は現役時代に共働きで年収1500万円ほどあっても、
退職すると全く収入はありません。
こうした普通の給与所得者の生活防衛のための武器は、
「身の丈に合った支出の仕方」と「現役時代の貯蓄」の
二つだけなのです。

よほど安定した事業収入がなければ、記事にあるようなセレブの生活は
無理なのです。
夢物語にはどうぞご用心を!

経済エッセイストの井戸美枝さんは、収入に直結しない“自己投資”に警鐘を鳴らす。
「英語留学したり、50代から大学院に通ったり、退職金で投資をはじめたり、キャリアアップを目指して新しいチャレンジをする人は多いですが、ほとんどの場合、老後資金を減らしただけの“夢物語”で終わるのが現実です。そういう人に限って、収支や年金額すら把握していません。ある程度収入がある人たちは、老後に不安はあっても何もしない、もしくは不安を解消するために間違ったお金の使い方をしてしまうことが多いと感じています」

次に、下記の記事も興味深いものでした。
こうした住所不定から抜け出さない人(男性)について、
以前TVでルポやドラマを見た記憶があります。
貯蓄が全くないので、部屋を借りることができず
住所不定。
ですのでアルバイトにも雇ってもらえないというものでした。
貯蓄がないのも贅沢しているからではありません。
その日を暮らすのが精一杯の収入しかないのです。

こうした記事を読むと何か悲しいです。
何とかならないかと思います。

路上にいないホームレス 女性たちの「見えない貧困」
(Yahoo!ニュース編集部/AERA編集部)
2015年12月16日(水)8時27分配信「待機部屋」で一日を過ごす
三上さん、38歳。三上さんには家がない。
東京と埼玉でデリヘル(派遣型性風俗サービス)を展開する風俗店「池袋デッドボール」に勤めている。顧客から指名が入るまでの「待機部屋」が、三上さんの “自宅”だ。
繁華街の片隅にあるマンションの一室。5人も入れば手狭になる1DKで一日を過ごす。仕事以外の用事で外出することはほとんどない。
給料は歩合制だ。客が支払う6000円から1万円ほどの料金から店が仲介料を取った残りが、女性たちの手元に入る。仕事が多く入れば1日2万~3万円を稼ぐことも可能だが、収入ゼロの日も多い。
三上さんが風俗業界に入ったのは16年前。23歳だった。以前はスーパーの店員として働いていた。初めての一人暮らしで、家賃や生活費をまかなうので精一杯。洋服代や遊興費を工面するために軽い気持ちで消費者金融に手を出した。額は多くはなかったが、借り入れは毎月続き、利子はどんどん積み上がった。
決定打は、友人からカネを貸してほしいとせがまれ、数十万円を融通したことだ。すぐに友人は音信不通に。三上さんの借金の総額は400万円以上にもなっていた。スーパー店員の稼ぎだけでは到底返済できない。スーパーを辞め、風俗に足を踏み入れた。
「自分が悪いのはよくわかっています。でも、親兄弟を頼ることはできませんでした。当時の私には、風俗しかなかった」
住所不定から抜け出せない
<今日は 9:00 ~ 23:00 の受付予定です。お誘いお待ちしてます。三上>
30代後半になると、20代前半の時のように割よくは稼げない。体力的にも風俗だけでは限界に近づきつつある。
「でも、抜けられない。昼間の仕事に就けないんです。待機部屋で寝泊まりしているって、住所不定ってことですから」
仕事を探そうにも自宅がなければ取り合ってくれない。家を探そうにも門前払いだ。保証人もいない。
「夢、ですか? ないですね。あ、でも家賃3万9000円のアパートを見つけたんです。そこになんとか入れたら……それが夢……かな」
路上では寝ていないから見えづらいが、三上さんは「ホームレス」だ。風俗という“セーフティーネット”が、彼女たちの貧困を覆い隠している。
〈スポンサーリンク〉