今朝、フジテレビの情報番組「とくダネ!」で、出演者の女優・菊川怜(39歳)が結婚を発表した際、スタジオで、「くす玉」が割られ、「祝 脱・独身」という文字の入った垂れ幕が下がりました。
女性に独身か既婚かを聞いたり、既婚女性に「子供はまだなの?」みたいなことを安易に質問すると、セクハラになりうるというようなことを職場でも聞いていたので、「祝 脱・独身」という垂れ幕の文言に若干、引っ掛かりました。
すると、案の状、夕方になってSNS等で批判が広がり、それを受けてフジテレビの亀山千広社長が、定例会見で「もう少し配慮があってもよかったかなと思います」との苦言を呈しました。
 

〈スポンサーリンク〉
菊川怜「脱・独身」垂れ幕でフジ社長苦言「配慮はあってよかった」

女優の菊川怜

 フジテレビの亀山千広社長が28日、都内の同局で定例会見に臨んだ。同日朝の情報番組「とくダネ!」で、出演者の女優・菊川怜(39)が結婚を発表した際、番組側が「祝 脱・独身」(※祝は○の中に祝の文字)という垂れ幕の入ったくす玉を用意した演出に、違和感を訴える声が続出していることについて、「テレビは多くの人が見ていますし、画面の中だけのものではないので、そういう配慮はもう少しあってよかったかなと思います」と苦言を呈した。

菊川は番組冒頭で、「私事で恐縮ですが、私、菊川怜が結婚したことをご報告させて下さい」と、涙をぬぐいながら結婚を報告した。その際に金色のくす玉が用意され、中から「祝 脱・独身」の幕が出てきた。

このことについて、「独身がダメみたいなイメージ」と指摘する意見や、「普通に『祝・ご結婚』でいいのでは」という意見、一般的に慶事とされる結婚でのことに目くじらを立てる必要はない、とする声など、ネット上で賛否両論が上がっている。

・・・・(略)

 

さて、この「祝 脱・独身」という文言は、結婚をお祝いする言葉としては不適当で、視聴者を不快にさせる言葉なんでしょうか。

仲の良い友達が集まり、結婚する親友を「祝 脱・独身」と書いて祝ったり、メールで「祝 脱・独身」とメッセージを送っても問題はないはずです。

でも、報道番組が「祝 脱・独身」という垂れ幕を全国の視聴者に向けて、報道したのは公私混同ということになってしまうのでしょうか。

字面だけ見ると、独身の人を決して蔑む文言ではないはずですが、フジテレビの亀山社長は視聴者のそのあたりの捉え方を気にしたのでしょう。

また、政治家の発言についても、最近、マスコミの追求が続いています。

言葉というのは、前後の文脈の中で使われますので、ある文言だけを抜き出すと、話し手の真意が伝わらない場合もあると思います。

2011年9月には、鉢呂経産相が福島第一原子力発電所周辺の地域を「死の町」と表現したことがきっかけで、最終的には辞任することになりましたが、鉢呂経産相自身は後で次のように言っています。

「『死の町』という言葉は、大変な被災に遭った福島のみなさんに不信の念を抱かせる発言だったと思っている。私は原発から3キロ圏内を視察した。ひとっ子1人いない様子を見て、私にはああいう表現しか思い浮かばなかった。申し訳ないし、反省している」

 

この『市の町』という表現は、文学的な表現ですが、それを聞いた被災地の人々の人からすれば、

 「やっぱり、ちょっとあの言葉(死の町)はないですよね。言いたかったことはわかるんですけど、『死』、死んでいるのはちょっと…」

ということになってしまいます。

鉢呂経産相の人となりは知りませんが、人っ子一人いない町を見て、正直、そのように思ったのでしょう。悪気はなかったはずです。でも、その言葉がマスコミに流れると、やっぱりまずいですよね。

一方、こないだの今村復興大臣の「(大震災が、)まだ東北のほうだったから、よかった」という発言については、非常に愚かしい発言で、かばう余地はありませんでした。普通の大人だったらあんな発言はしませんよね。

ただ今村氏の場合も、被災者をほったらかしにしていいとは思っていなかったはず。

同じ規模の地震が、首都圏で起きていたらもっと甚大な被害があったと言いたかったのでしょうが、いかんせん、被災者への思いやりが足りないので、失言したばっかりなのに、さらにひどい言葉を吐いてしまいました。

ところで、こうした発言の一部を取り出して批判することには、危険性もありますよね。

自民党幹事長の二階氏は、この点について、マスコミ批判をしていました。

しかし、私としては、権力者の横暴にブレーキをかけるという意味では、多少言葉尻を捉えても、メリットの方が大きいと思いますね。

今村氏の「東北で良かった」発言をほおっておいたら、彼は今でも、被災地の人々に対して無神経で横暴な態度のままだったでしょう。

辞任させることができたのは、やっぱりマスコミの力です。

最後に、マスコミが、政治家や芸能人等の不倫(プライバシー)を暴くことについては、どうでしょうか。

まあ、不倫にうつつを抜かしているような政治家は、ちゃんとした仕事をしていないでしょうが、政治家や芸能人にもプライバシーがあります。

不倫報道に関しては、あまり報道の自由とか正義とか、言ってほしくない気がします。

〈スポンサーリンク〉