アイドルグループLinQのメンバーで、九州大学医学部を

今春卒業した秋山ありす(26)さんが、医師国家試験に落ちたことを

2日、公式ブログで報告しました。

秋山ありす

お綺麗で才色兼備の秋山ありすさん

〔出典:プリ画像by GMO 〕

デイリースポーツ 5月2日(月)13時52分配信
医学生アイドルの秋山ありす、医師国家試験落ちた
アイドルグループLinQのメンバーで、九州大学医学部を今春卒業した秋山ありす(26)が、医師国家試験に合格できなかったことを2日、公式ブログで報告し、応援してくれたファンに謝罪した。秋山はアイドル活動のかたわら大学での勉強を続けていた。大学は在学6年で今春卒業できたが、「今回の国家試験は私の努力不足でまさかの結果となってしまいました」と、医師国家試験で不合格だったことを報告した。秋山は「なぜあともう少しだけ頑張れなかったのか。自分で自分が不甲斐なく恥ずかしく、今からでも消えてしまいたいくらいです」と自分を責め、「良い報告を楽しみに待っていて下さった皆さんに、謝ることしかできないのが悲しすぎる…。本当にごめんなさい」と謝った。

しかし秋山は冷却期間を置いて今では気を取り直している。そして当分の間LinQでの活動を休止することを明らかにし、「新たな春を目指して頑張ろうと思えるようになりました」と、まずは来春の国家試験合格を目指す。

九州大学医学部といえば、相当な難関校で入学試験に

合格することだけでも大変なことです。

それに医学部の勉強はかなりハードで、芸能活動を続けながら

卒業するだけでも大変なことです。

秋山ありすさんは本当によく頑張りました。

大変立派なことです。

 

ただ、医師国家試験はかなり勉強しないと

そう簡単には受かりません。

彼女が医師国家試験に落ちたことは、残念ではありますが

私たち市民に取っては安心のできることです。

なぜなら、芸能活動との二足のわらじでは、

合格できないほど、ちゃんとした試験であることが、

わかったからです。

医者は私たちが命を預ける存在ですから、芸能活動を続けながら

簡単に受かるような試験では困ります。

彼女は、LinQの活動を休止して、医師国家試験に再チャレンジする

とのことですが、芸能活動はきっぱり引退して、

医師として頑張ってほしいと思います。

医師という肩書きで、芸能活動をしている女性医師が

何人かいますが、医者としては三流です。

人の命を預かっている医師には、芸能活動するような

ひまな時間は全くありません。

だからこそ、普通のサラリーマンの何倍もの報酬が

約束されているのです。

人様の人生ですが、命を預ける側の視点から

述べました。

〈スポンサーリンク〉