最近は何でも勝手に縮めて言うので、『オプザイル』なんて、このままでは
わかるわけがありません。
次の記事を読んでみましょう。

 

最近ツイッターで話題の「オプザイル」とは? 今時の若者がバイナリーオプション投資詐欺に遭う理由
マネーの達人 9月5日(月)5時26分配信こんにちは。国府勇太です。皆さんは「オプザイル」という言葉を聞いたことがありますか?「オプザイル」とは、華やかな恰好をした男女が充実した生活を見せつつ「バイナリーオプション」という金融商品で毎月何十、何百万円と利益を出している(ように見せる)集団です。その全身ブランド品で身を包んだイケイケな風貌から某人気グループをもじってそういった名前で呼ばれているそうです。投資家集団オプザイルの特徴とは?
彼らは、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、利益を出している取引履歴をアップしたり、高級ブランド店での買い物や一流ホテルやレストランでの写真を載せてリッチな生活ぶりをアピールしています。そして、「コンサル生」や「クライアント」と呼ぶ生徒を募集しています(そもそも正式な投資助言業の登録を行っているのかも定かではありませんが)。・・・(中略)「一歩を踏み出してよかった。」
「月収7ケタなんて余裕」
「チャンスをつかむ。動き出さなきゃはじまらない」
「生徒が結果をだして感謝されている。期待している。一緒にがんばろう」
「親孝行をできるように」
「以前の私のお給料1か月分なんてすぐ稼いでしまう」投資を変えて人生が劇的に変わった「イケてる自分」を演じて、「投資さえはじめればこうなれるのかも」と思わせます。

・・・・・・・(以下略)

 「オプザイル」とは

“「オプザイル」とは、華やかな恰好をした男女が充実した生活を見せつつ「バイナリーオプション」という金融商品で毎月何十、何百万円と利益を出している(ように見せる)集団です。その全身ブランド品で身を包んだイケイケな風貌から某人気グループをもじってそういった名前で呼ばれているそうです。”

なるほど。ただこうした宣伝の仕方はネットの世界ではよくありますよね。
「FX」や「アフィリエイト」に関する宣伝には多くあります。

ただ、僕は「そんなに簡単に儲かるなら、ネットに宣伝を載せるような暇があれば、取引に時間を使ったら?」と思います。

この「オプザイル」の宣伝は、いかにも普通のまじめな人間を演出し、しかもその連中がこんなに金持ちになったよとブランド品で身を包んでいるわけで、世間知らずの若者はひっかかるかも。

うまい話はそうそうありませんし、あったら人には言わないで、独り占めしているはずですよ。

FXの宣伝でも、毎月これだけもうけていると、多くの人・会社が語り掛けていますが、
話半分で聞いておいた方が良いです。

宣伝側の多くは、「あなたの資金」をあてにしているか、「あなたに高価な情報商材を買ってもらいたいか」のどちらかでは
ないでしょうか。

ところで、「バイナリーオプション」とは

将来の為替レートが設定された目標レートを上回っているか、下回っているかを予測するだけの単純な金融商品です。

例えば、1時間後にドル円が現在のレートより、高くなっているか、安くなっているかを予想して、当たっておればもうけが出る仕組みです。

そういう意味では、FXとほとんど一緒ですが、違っているのはレバレッジがないことや、
1000円くらいの資金で始められるそうです。

 

情報商材とは

情報商材とは例えば、このマニュアルに沿って「ネット販売したら顧客が集まるよ」とか、このマニュアルに沿って「ブログを立ち上げたらSEOも完璧で、すぐにアフィリエイト収入が得られるよ」のようなノウハウやマニュアルがデジタルデータになっている物です。

でも、現実はそのようなマニュアルを購入しても全員が成功するわけではありません。
感覚的には、ほんの一部の人が何とかなっている程度かな?

テレビ番組で武井壮が、バイナリーオプションにチャレンジ

結局、武井壮は、5万円の元手をバイナリーオプションで160円にしてしまいました

大損だ!

 

〈スポンサーリンク〉