「DA PUMP」のISSAさんが、TV放映で自分の入れ墨を見せたということです。

ぼくは、そのTV放映を見ていませんので、そのときの出演者の

みなさんの反応はわかりません。

芸能界における「刺青」の扱い、芸能人の方々の様子が

よく伝わってくるので、以下にJ-CASTニュースを引用させて

いただきます。

ISSAのタトゥー放映で「大丈夫なのか」の声相次ぐ テレビと芸能人、揺れ動く「見せる」「見せない」
J-CASTニュース 5月9日(月)19時2分配信
出演番組でタトゥー(刺青)が見えた、音楽グループ「DA PUMP」のISSA(いっさ)さんに
「気持ち悪い」といった批判が集まっている。
暴力団関係者を意識させるためか、日本人がタトゥーに持つ印象はあまり良くない。
一方、人気芸能人が手首や足首など目立たない場所にファッション感覚で
入れているのも事実だ。
制作サイドによる規制と出演者の配慮のはざまで揺れるタトゥー。
多くの入浴施設と同じく、テレビからも「締め出される」のか。■工藤静香、宮沢りえは記者会見で「見せた」
ISSAさんがタトゥーを「披露」したのは、2016年5月2日放送のバラエティ番組
「しくじり先生 俺みたいになるな!!  3時間スペシャル」(テレビ朝日系)でのことだ。
衣装は学校の制服に似たものだったが、シャツのボタンを多めに開け、
腕まくりをしていたため、地肌が露出。
両手首や胸元のタトゥーがチラチラと見え隠れした。
ネット掲示板などでは視聴者から
「大丈夫なんか?」
「気持ち悪い」
といった否定的な反応が次々寄せられた。
ISSAさんだけでなく、タトゥーを入れる芸能人は多い。しかし、
主な「披露」の場はこれまで記者会見、CDアルバム、SNSなどに限られてきた。2004年の記者会見では、歌手でタレントの工藤静香さんが足首に彫った
蛇模様のタトゥーを、06年には歌手・浜崎あゆみさんがニューアルバムの
ジャケットで右肩にあるユニコーンのタトゥーを見せ、
話題を集めた。
女優の宮沢りえさんも10年の会見で、背中の左上にうっすらタトゥーをのぞかせた。
浜崎さんに関しては16年2月29日にインスタグラムで、
右肩に彫った羽が生えたハートマークのタトゥーを見せている。
ディーン・フジオカは何枚もテープが重ね貼り
一方、規制の関係もあり、テレビ番組で芸能人のタトゥーが見られる
機会は少ない。最近だと、タレント・美奈子さんが14年1月のバラエティ
番組「私の何がイケないの? 豪華8組の芸能人夫婦!妻が夫にドッキリSP」
(TBS系)で、6年間隠し続けたという背中のタトゥーを初披露
した時ぐらいだろうか。
・・・・

 

結局、「刺青」に対する感情や「刺青」から連想する内容は人それぞれだということです。

ただ、今の日本社会では、刺青を入れている人に対する見方は

大方は、「かたぎではなさそうだ」、「不良仲間かな」、「暴力団?」

のようなイメージが定着していると思います。

これまでの日本社会でそうなってきているのだから

しようがないと思います。

江戸時代はああだった、外国ではこうだなどと、

言ってもしようがありません。

だからこそ、刺青を禁止している業界もあるのです。

決して、人権侵害のようなことではないと考えます。

何年か前、刺青を入れているボクサーがいて、彼のドキュメンタリー番組を

見ました。

彼は若い頃の自分を反省し、好きなボクシングを続けるため、

大きな手術をして刺青を取り除きました。

彼の真摯な態度、ボクシングへの情熱を見て感動しましたが、

背中の刺青は完全にはとれていなかったです。

彼が苦労したように、現状ではやっぱり、大手をふって刺青を

入れとったらあかんでしょう。

学校の先生が背中一面に『からくりもんもん』(不動明王の化身)を

入れとったら、保護者がどんな反応をされるでしょうか。

小学校の水泳指導で、先生の背中は一面が「彫り物」。

これでは、シャレになりません。

最近は、いろんな多様性を主張して何でも認めろというような

風潮もありますが、現状では「あかんことは、アカン」と、きっぱり

いうことも大人の責任ではないでしょうか。

「公務員の刺青はノー」とはっきり言った

大阪市の(前)橋本市長は大英断だったと思います。

ただ、今回の記事にあるように次から次と刺青の人がTVで放映され、

それを批判する人も少なくなる中で、日本人の刺青への感情が

変化してくるのでしょうね。

外国の「刺青」事情を知りたい方は、こちら、KUMACRUEZさんの『NAVERまとめ』
“タトゥーをもう一度考えてみる!これが世界のタトゥー事情”をどうぞ。

〈スポンサーリンク〉